群馬バス分会が立つ!10月12日第1回団体交渉へ!

7173

群馬バスの二人の運転手が群馬合同労組に加入して、闘いにたち上がった。第1回団体交渉は10月12日(水)19:30からビエント高崎に決まった。代理人弁護士は群成舎と同じたかさき法律事務所・長井弁護士。団交に自分の事務所を提案して参加者一人2000円支払えと要求し、群成舎の詐欺まがいの有期契約更新を入れ知恵して、当該を病気に追い込んだ悪質弁護士だ。

 

群馬バスのひどい賃金規程が報告されている。

旧国鉄を下敷きにしていると思われるが、最低賃金ギリギリまで引き下げられている。昨年まで一年契約の契約社員だったが、時給は800円。昨夏、正規雇用に変更するも、賃金は時給は上がっているはずなのに、総額も手取りも下がった人の方が多いという。とにかく安い上に、手当を支給しても、「固定残業代手当」の一部にすると規定していて、どうもその分残業代が引かれているようなのだ。当人たちもわけがわかっていない。わかっているのは、とても長い拘束時間に、計算の合わない残業時間ということだけ。どう見ても足りない残業時間だが、それでも平均して月約75時間ある。

動労千葉の田中委員長に話したら驚いていた。その安さと残業時間の多さに。

「公共交通の運転手で、毎月残業時間が80時間近いなんてまともではない」と。

確かにそうだ。月80時間の時間外労働は、明白な過労死水準だ。

群馬バスには私鉄総連傘下の「群馬バス労働組合」がある。しかしこの組合は組合員を守らない。闘わない。それで二人は群馬合同労組に結集した。時間外労働月80時間というのも、この「群馬バス労働組合」との協定書による。

基本給は、職務の内容、能力、勤務成績、入社前の学歴または経験等の諸条件を総合考慮の上決定するとなっていて、新しい労働者ほど安い。二人の組合員でも2万円近い違いがある。その上、古い労働者には「退職手当」12000円がつくが、新しい労働者にはつかない。会社は、賃金の高い古い労働者を大事にするのではなく、追い出そうとする。パワハラや嫌がらせをやる。ときにはトラップまであるという話だ。このままではやられる。闘うしかない。それで分会が立った。

やっていることは、中央タクシーと同じ。だから、労働者は団結して闘おう。

以下は要求項目。

 

  1. 就業規則、三六協定を開示すること。
  2. A、Bの割増賃金について支給と計算の根拠を文書にて説明すること。不適切であれば、適正な賃金を支払うこと。
  3. M・榛名営業所長によるBに対する退職勧奨について謝罪すること。

 

そして9月26日に追加した要求項目。

(1) 現在有効な「賃金支給規程」、及び三六協定に関する「別添協定書」の写しを当組合に交付すること。
(2) 「群馬バス労働組合」との間で締結された、その他すべての協定書について、当組合に写しを交付すること。
(3) 2015年7月28日に行った給与説明会の説明資料の写しを交付すること。
(4) Aは「群馬バス労働組合」に加入する意志を示したことがないが、2016年4月以降「労働組合費」が給与から控除された経緯について説明されたい。
(5) A、Bの過去二年分の未払い割増賃金を支払うこと。
(6) 該当する期間の二名のタイムカードの記録の写し、「乗務員乗務報告書」、「中休時間」の記録と計算表、残業時間・残業手当の計算表を交付すること
(7) 2016年8月分給与に関して、A・Bのそれぞれについて、生活手当、退職手当、その他手当のうち、固定残業代として計算されている金額を説明すること。
(8) Aの入社時に休日に関して「週休二日」、「休日出勤は任意」との説明を受けているが、これに関して会社の見解を示すこと。