中央タクシーの団交をめぐる攻防

中央タクシーが1月1日元日付で「団体交渉の開催について」という回答書をファクスで組合に送付してきた。ファクスを受信したのは1月2日14時。いきさつについてはこちらをご覧ねがいたい。 http://gungoroso.org/?p=1147

いわく

「2017年12月20日に団体交渉の申し入れの開催の通知を確認し、2018年1月12日に開催というご提案でございましたが、都合がつきかねるため、恐れ入りますが下記の日程での開催をお願いいたします。」

指定してきたのは「1月18日 11:00~12:00」

3週間早まった。だいたいやる気になればいくらでもできるんだ、この会社は。

おもしろくない。やっぱりもう一度「不当労働行為」「救済命令」とやってもらって新聞にも書かれないとわからないらしい。

組合から「申入書」を1月3日にファクスと郵送で送付。

 

申入書

 

先般、連絡された団体交渉の期日及び会場について、当組合として同意する。

しかしながら、通告書記載通り2017年5月17日行われた団体交渉の未回答事項を含め、重要かつ緊急性の高い事項も含まれており、従前通りの交渉時間では誠実団交応諾義務が履行されたとは言い難い。

上記事由にて、下記の事項を申し入れる。誠実な対応がない場合は不当労働行為として群馬県労働委員会に救済申立てを行うつもりである。早急に回答されたい。

  1. 団体交渉における交渉時間を2時間以上に設定すること
  2. 通告書記載通り、7日前までに書面にて回答すること

以上

中央タクシーに通告書提出、不誠実団交を許さない

中央タクシー分会の闘いは、これからが正念場。

労働委員会に勝利したが、相変わらず、組合に対する不誠実な対応が続いている。組合の闘いで、長時間労働は相当改善したものの、安全上深刻な事態が続いている。またブラック企業の実態が組合の宣伝でひろがったために、運転手を確保できず、業務がまわらない。すべてが現場にしわ寄せされる。組合が申し入れても、団交やっても、逃げて責任回避。許せない。

ということで、あらたに闘争に入ります。

 

通 告 書

2017年12月19日

中央タクシー株式会社
代表取締役 宇都宮 司 殿
群馬合同労働組合
執行委員長 清水彰二

 

当労働組合は、貴社に対して、2017年11月28日付で要求書を送付して、団体交渉の開催を要求したが、貴社は回答期限とした同年12月11日付で「団体交渉の開催について」と題した書類をファクスにて当労働組合に送付して「2017年12月31日までというご提案でございましたが、弊社としては都合がつきかねるため、恐れ入りますが下記の日程での開催をお願いいたします。」として団体交渉の期日を2018年2月7日に指定した。

しかしながら、同要求書で指摘したように、2017年5月17日に行った第8回団体交渉において、いくつかの案件について、貴社の回答を待つと確認したところ、以降、何らの回答もなく、懸案事項は放置されたままである。また今回の要求事項は埼玉営業所の閉鎖の問題、重大事故に直結する安全問題など、早急の交渉が必要な項目であり、2018年2月7日の期日指定は不誠実にすぎる。

よって、団体交渉の期限を再度2018年1月12日に指定するので、期日の調整をするように申し入れる。

この申し入れが受け入れられず、2018年1月12日までに団体交渉が開催されない場合、また、「文書での回答を団体交渉の7日前までに当組合まで送付すること」との要求が履行されない場合には、誠実団交応諾義務の違反として群馬県労働委員会への不当労働行為救済申立を行うことを通告する。

 

以上

 

上毛新聞、中央タクシー救済命令を報じる

上毛新聞2017年4月2日付が中央タクシーに対する救済命令を報じた。

 

タクシー会社に手当支払い命令

県労働委員会

県労働委員会は1日までに、中央タクシー(長野市)に対し、群馬営業所(藤岡市)勤務の男性従業員3人の手当や賞与を減額したのは不当労働行為に当たると認定し、減額分の支払いを命じる命令書を交付したと発表した。命令書は27日付。

2人に2015年9月分から18カ月間の手当減額分の約290万円を、3人に同年12月の賞与減額分約21万円を、それぞれ加算金を上乗せして支払うよう命じた。

同委は、減額基準が示されていない状況で手当を減額したのは合理的根拠がないと指摘。減額は従業員が加入していた群馬合同労働組合の活動を妨げるものだったと判断した。運転業務,から内勤業務に配置転換された従業員からの救済申し立ては棄却した。

 

※分会長の配置転換については、既報の通り、会社は後日元の運転業務にもどすことを本人に通知した。完全勝利。

読売新聞群馬版が、労働委員会命令を報道

読売新聞2017年3月29日付群馬版が、労働委員会命令を報道

 

■減額分の支払い命令■

県労働委員会は、空港送迎などを行うタクシー会社「中央タクシー(長野市)が運転手の賞与や手当を減額するなどしたのは、労働組合の活動を理由にした不当労働行為にあたると認定し、減額分の支払いなどを命じた。命令交付は27日付。

命令書によると、同社は「群馬合同労働組合」に加入した運転手3人に対し、2015年12月の賞与を減額。うち2人に対しては同9月から、月々の手当を減額した。同社は「時間外就労をしなかったため」と主張したが、同委員会は「同社が就労時間を把握していたとは認められず、減額を合理的に決定したとはいえない。組合に対する嫌悪感を背景に、その活動を妨げようとした」と結論づけた。

 

「ブラック企業をぶっとばそう!」のビラに大反響!

委員長の清水です。

群馬合同労組は、この間、組合事務所に組合の看板と旗を立てました。

kimg3396

kimg3421

また精力的にビラまきを軸に街頭宣伝行動を開始しています。

今朝(9月15日)朝は私は一人で新前橋駅東口の高崎車両センター前でビラ配りにたちました。

kimg3468-2

20160915_072727604

20160909%e4%b8%ad%e5%a4%ae%e3%82%bf%e3%82%af%e3%82%b7%e3%83%bc%e3%83%93%e3%83%a9-1

  %e5%a4%96%e6%b3%a8%e5%8c%96%e9%98%bb%e6%ad%a2%e3%83%8b%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%82%b9%e7%ac%ac280%e5%8f%b7

20160810

20161106bia1

この場所は何年も前からJRとJR関連労働者(高崎鉄道サービスの清掃、外注労働者が多い)に「外注化阻止ニュース」をはじめとしたビラまきを続けてきた場所です。

この日は群馬合同労組の「ブラック企業をぶっとばそう!」のビラを一番表にして、ゼッケンにもはさみこんで、一般の駅利用者にもビラの束をまきました。

1時間半で200セットが受け取られました。用意したビラがなくなってしまいました。これは初めてです。

先週、先々週と高崎駅東口で、組合で労働委員会提出の中央タクシー支援の署名を取り、ビラ配りをしましたが、これもかつてなく反応と受け取りがいい。

kimg3362

労働者、市民のブラック企業に象徴される会社・資本の横暴に怒りが高まっているのを実感します。

「ブラック企業」という批判の仕方は本当はあまり好きではありません。

なぜなら、本当は一企業レベルの問題ではないから。

新自由主義が本当の害悪であり、「ブラック企業」はそこに生まれた小悪である場合が多い。

新自由主義に日本社会、労働者をたたき落とした連中はきれいな顔してのほほんとしている。

労働運動がこういう連中の顔色を変えるような闘いをやらなければならないと思います。

しかし同時に、労働者の、ブラック企業やブラック社長、ブラック管理職、ブラック管理者、ブラック同僚に対する根底的で具体的な怒りをしっかり共有して、みんなでいっしょになって怒ってぶっ飛ばす、これが絶対に必要だと、強烈に思います。

今朝も、どこかの会社の管理職とおぼしき男性が「ん?ブラック企業?ブラック社員もいるよ」と言いながらビラを受け取っていきました。

そうかもしれない。しかしブラック企業と新自由主義に対する怒りと闘いからすべては始まります。

労働者は闘うことによって変わる。闘うことによって強くなる。

労働者のブラック企業に対する、この怒りを、具体的な行動、組織、団結、支援に結びつけたいと思います。

このおかげか、はたまたこのブログのおかげか、

今朝届いた中央タクシー分会長のメールです。

「昨日、会社に書面で日本中央バスから、苦情が来たようです。 新潟は愛称として「日本中央タクシー」という名前を使っていましたが、迷惑だということです。 中央タクシーのビラの問合わせが日本中央に相当数いっているそうです。」

日本中央バスさん、ごめんなさい。

ブラック企業をぶっ飛ばそう!

10・23集会に集まろう!

11・6全国労働者総決起集会に集まろう!

日韓の労働者の団結万歳。

ブラック企業をぶっとばそう!

組合員への賞与なし、運転はずし、給料8万円カット…中央タクシーには安全も命も守れない!
10・23ブラック企業ぶっとばせ!生きさせろ!団結集会・デモに集まろう!

10・23ブラック企業ぶっとばせ!生きさせろ!団結集会&デモ
(群馬合同労組支援共闘会議結成集会)
10月23日(日)13時30分~集会
15時30分~デモ
集会会場 高崎市労使会館(高崎市東町
80-1)2階第3・4会議室
デモ 高崎市労使会館前~高崎駅西口
~労使会館前
主催 群馬合同労働組合(連絡先は裏面)
群馬合同労組支援共闘会議(準)