10・23中央タクシー分会スト支援連帯 ブラック企業ぶっとばせ団結集会デモ 賛同と参加のお願い

1023中央タクシー分会スト支援連帯 ブラック企業ぶっとばせ団結集会デモ

賛同と参加のお願い

 

私たち群馬合同労働組合の中央タクシー分会3名の仲間は、昨年過酷で安全をないがしろにする会社に対して怒りの声をあげ、分会を結成して、闘いを開始しました。中央タクシー株式会社は長野市に本社をおき、成田・羽田への空港送迎便の乗合タクシーを運行、群馬営業所が藤岡市にあります。固定残業代制度によって、いくら働いても同じ賃金。乾いたぞうきんをしぼるかのように、労働を強化。規制をこえる長時間労働も、タコグラフや業務日報の改ざんを指示する始末。不満を言う労働者にはパワハラと嫌がらせの差別配車で追い込む…そんなブラック企業の現実が襲いかかってきました。

分会を結成した組合員に対して、会社は徹底した組合つぶしに出ています。分会長を運転からはずし仕事を与えない、ほかの二人に対しては賃金の8万円減額、これが1年以上続いています。さらに賞与の減額、今夏賞与は3人だけ不支給でした。

しかし組合も負けていません。度重なる団体交渉、法定速度順守で無理な運行計画を実力であらためさせる安全=順法闘争、ストライキ、長野本社への抗議行動、デモ、群馬県労働委員会への救済申し立て、裁判等で、ブラック企業を許さない闘いを全力で闘ってきました。

この9月21日、第6回団体交渉が開かれました。組合は、この夏の組合員に対する賞与不支給の根拠を示せ、車両の安全問題で説明をしろと要求を出していました。しかし会社は文書での回答も用意せず、組合員を挑発して怒らせておいて、こんな状況では回答できないと退席しました。あわよくば暴力事件をでっち上げ、組合員を解雇しようとする魂胆でした。

国鉄の分割・民営化以降、日本の労働者をめぐる状況は激変しました。派遣の自由化、非正規職化が、推し進められ、労働者の分断が進行しました。労働組合が団結して闘う状況が奪われていく中で、労働者、とりわけ青年・女性の非正規化と貧困、無権利化が激しく進みました。労働者を使い捨てにするブラック企業が幅をきかせるようになりました。安倍政権の「働き方改革」は、労働法制を解体して労働者をさらに低賃金と無権利におとしいれます。

もはや労働者は、団結と闘う労働組合を取り戻す以外に、未来の希望はありません。

私たち群馬合同労働組合は、一人でも加入できる地域合同一般労働組合として、2005年12月に結成しました。それから11年、この間、未組織の正規・非正規の労働者のさまざまな相談を受け、ともに闘ってきました。組合員はのべでいうと約90人。現在は約30人の組合員です。小さな組合ですが、この厳しい状況に対して、地域の闘う労働組合として、地域の団結の砦、希望の星になりたいと願います。

来る10月23日、「ブラック企業をぶっとばそう!」と中央タクシー分会はストライキに起ち上がります。これと団結して群馬合同労組と支援共闘会議は「10・23中央タクシー分会スト支援連帯 ブラック企業ぶっとばせ団結集会デモ」を開催します。みなさんの賛同と参加、「群馬合同労働組合支援共闘会議」への加入とカンパを心からお願いいたします。

 

20160921%e4%b8%ad%e5%a4%ae%e3%82%bf%e3%82%af%e3%82%b7%e3%83%bc-2-1

 

2016年9月25日

群馬合同労働組合 執行委員長 清水彰二

群馬合同労働組合支援共闘会議

10%e3%83%bb23%e8%b3%9b%e5%90%8c%e7%94%a8%e7%b4%99

群馬合同労働組合支援共闘会議 会則

(1) 会の目的

私たちは、以下の目的にむかって活動します。
1 群馬合同労働組合の中央タクシー分会をはじめとする諸闘争の勝利のために、組合を支え、ともに闘う仲間の連帯共闘を拡大していく。
2 非正規織撤廃を掲げ、正規・非正規の分断を打ち破って、労働者の団結をつくるために、労組の共闘、労組の建設のためにたたかう。
3 労働組合こそが先頭に立って闘うべきであるとの理念のもと、戦争、原発、核、環境破壊、生活破壊、営農破壊など、新自由主義がもたらすあらゆる災厄に反対する民衆との支援連帯の関係を拡大する。

(2) 活動方針

1 支援・連帯共闘会議の呼びかけ人・賛同人、賛同組合・団体をさらに広げる。
2 群馬合同労働組合の諸分会の闘争(職場闘争、裁判・労働委員会闘争など)の支援、署名・カンパへの協力。
① 会費の徴収(年会費1,200円)
② ネットワークとしての群馬合同労働組合の諸闘争の情報の発信
③ 裁判所、労働委員会への個人・団体署名集め
④ 裁判・労働委員会の傍聴、諸機関への要請
3 必要に応じてニュースやビラ、資料等を発行し、会議や集会等を行い、支援連帯共闘を拡大する。
4 会議を定期的に行う。
5 支援・連帯共闘会議の連絡先を群馬県高崎市柴崎町60-2の群馬合同労働組合事務所におく。事務局は、代表呼びかけ人と群馬合同労働組合執行委員会とが協力して行う。事務局長をおき、会計・宣伝・諸事務等を担う。呼びかけ人・賛同団体に定期的に報告する。

群馬バス分会が立つ!10月12日第1回団体交渉へ!

7173

群馬バスの二人の運転手が群馬合同労組に加入して、闘いにたち上がった。第1回団体交渉は10月12日(水)19:30からビエント高崎に決まった。代理人弁護士は群成舎と同じたかさき法律事務所・長井弁護士。団交に自分の事務所を提案して参加者一人2000円支払えと要求し、群成舎の詐欺まがいの有期契約更新を入れ知恵して、当該を病気に追い込んだ悪質弁護士だ。

 

群馬バスのひどい賃金規程が報告されている。

旧国鉄を下敷きにしていると思われるが、最低賃金ギリギリまで引き下げられている。昨年まで一年契約の契約社員だったが、時給は800円。昨夏、正規雇用に変更するも、賃金は時給は上がっているはずなのに、総額も手取りも下がった人の方が多いという。とにかく安い上に、手当を支給しても、「固定残業代手当」の一部にすると規定していて、どうもその分残業代が引かれているようなのだ。当人たちもわけがわかっていない。わかっているのは、とても長い拘束時間に、計算の合わない残業時間ということだけ。どう見ても足りない残業時間だが、それでも平均して月約75時間ある。

動労千葉の田中委員長に話したら驚いていた。その安さと残業時間の多さに。

「公共交通の運転手で、毎月残業時間が80時間近いなんてまともではない」と。

確かにそうだ。月80時間の時間外労働は、明白な過労死水準だ。

群馬バスには私鉄総連傘下の「群馬バス労働組合」がある。しかしこの組合は組合員を守らない。闘わない。それで二人は群馬合同労組に結集した。時間外労働月80時間というのも、この「群馬バス労働組合」との協定書による。

基本給は、職務の内容、能力、勤務成績、入社前の学歴または経験等の諸条件を総合考慮の上決定するとなっていて、新しい労働者ほど安い。二人の組合員でも2万円近い違いがある。その上、古い労働者には「退職手当」12000円がつくが、新しい労働者にはつかない。会社は、賃金の高い古い労働者を大事にするのではなく、追い出そうとする。パワハラや嫌がらせをやる。ときにはトラップまであるという話だ。このままではやられる。闘うしかない。それで分会が立った。

やっていることは、中央タクシーと同じ。だから、労働者は団結して闘おう。

以下は要求項目。

 

  1. 就業規則、三六協定を開示すること。
  2. A、Bの割増賃金について支給と計算の根拠を文書にて説明すること。不適切であれば、適正な賃金を支払うこと。
  3. M・榛名営業所長によるBに対する退職勧奨について謝罪すること。

 

そして9月26日に追加した要求項目。

(1) 現在有効な「賃金支給規程」、及び三六協定に関する「別添協定書」の写しを当組合に交付すること。
(2) 「群馬バス労働組合」との間で締結された、その他すべての協定書について、当組合に写しを交付すること。
(3) 2015年7月28日に行った給与説明会の説明資料の写しを交付すること。
(4) Aは「群馬バス労働組合」に加入する意志を示したことがないが、2016年4月以降「労働組合費」が給与から控除された経緯について説明されたい。
(5) A、Bの過去二年分の未払い割増賃金を支払うこと。
(6) 該当する期間の二名のタイムカードの記録の写し、「乗務員乗務報告書」、「中休時間」の記録と計算表、残業時間・残業手当の計算表を交付すること
(7) 2016年8月分給与に関して、A・Bのそれぞれについて、生活手当、退職手当、その他手当のうち、固定残業代として計算されている金額を説明すること。
(8) Aの入社時に休日に関して「週休二日」、「休日出勤は任意」との説明を受けているが、これに関して会社の見解を示すこと。

N社は資格取得費用の請求をやめろ!

N社は資格取得費用の請求をやめろ!

 

8月、Fさんから労働相談があった。

Fさんは3年前からN社(前橋市)で働きはじめた。いい会社だと思って入った。入社して、業務に必要なので、大型自動車やフォークリフトなどの資格・免許を取るように指示をされ、取得した。費用は、当然会社が支払った。この時に、入社して5年以内に退職した場合は、資格取得費用を返還するという書類に署名をさせられたという。

Fさんは事情があって、3年たったこの8月をもって、退職することを決めた。するとN社は、資格取得費用約34万円を支払えと要求した。そして最後の8月の給与の支給は、通常の銀行振込ではなく現金渡しとすること、そしてその場で不足分の資格取得費用を支払え、つまり8月分の給与の支払いはゼロで、それでも足りない分を支払えと要求した。

困り果てたFさんから群馬合同労組に相談がよせられた。

N社の対応は労働基準法第16条=「賠償予定の禁止」、すなわち「使用者は、労働契約の不履行について違約金を定め、又は損害賠償額を予定する契約をしてはならない。」に明白に違反している。労働基準法では、使用者と労働者が労働契約を結ぶ際、違約金を定め、または損害賠償額を規定する契約を結ぶことは、労働者の退職の自由を奪うものであるとして明白に禁止しているのである。

Fさんは、このことを自ら調べて知り、会社に説明したものの、全く聞く耳をもたないという。Fさんは群馬合同労組に加入して、闘うことを決めた。

 

群馬合同労組は、8月1日付で、N社に対して、「要求書」を簡易書留で送付、Fさんが群馬合同労組に加入した通告を行うと同時に①資格取得費用の返還請求を撤回すること②理由のない出勤停止をさせないこと③過去の未払い残業代について支払うこと、の3点について、団体交渉を開催して回答することを要求した。

すると、8月6日付で、N社の代理人を名乗る弁護士から以下の内容の「催告書」が内容証明郵便でFさんに届いた。

 

催告書

…株式会社Nは、貴殿の免許取得費用として、合計34万6500円を立て替えています。貴殿の退職希望日は免許取得日より5年を経過していませんので、免除はありません。そこで、立替金の返還請求として、合計34万6500円の支払いを求めます。退職の日に持参のうえ支払ってください。万一支払いなき場合、法的手段を検討しますので、念のため申し添えます。

 

N社は、要求書を出されて、あわてて資格取得費用を、「立て替え」たのだ、貸したのだ、と事実をねじ曲げて、請求を貫こうとした。「法的手段を検討します」などと脅しも忘れずに。

また組合からの団体交渉についての申し入れに対して、明白に団体交渉は行わないと拒否をしてきた。

 

F組合員は群馬合同労組と連名で、8月9日に、以下の内容の通告書を送付した。

「Fの2016年8月分の給与の支払い方法について、通常の銀行振込ではなく、2016年8月26日に出社のうえ、現金払いにて支払うとのことでありますが、同意いたしかねますので、あらためてここにご通知申し上げます。通常通り、2016年8月26日に全額銀行振込にてお支払いいただきますようにお願いいたします。」

 

これで8月分の給与を通常通り銀行振込をしなければ、賃金未払いで明白な労働基準法違反である。

資格取得費用を「立て替え」「貸した」と言い張るのであれば、法的手段に訴えるのであれば、ちゃんと「貸した」という証拠を出してみよ、ということだ。そんなものがあるはずがない。

 

結局F組合員は無事に退職し、8月分給与は通常通り銀行振込で全額支払われた。その後、現在のところ、資格取得費用についての請求はない。

退職を決めてからの紛争であり、今回未払い残業代もたいしたことはないということで、組合としては現在様子を見ている。しかし、このような、違法を承知で、労働者の足下を見て、不当な請求をする会社・資本を許せない。たくさんの労働者が泣き寝入りを強いられているのだと思う。黙っていることはない。群馬合同労組とともに声をあげよう。

 

kimg3396

「ブラック企業をぶっとばそう!」のビラに大反響!

委員長の清水です。

群馬合同労組は、この間、組合事務所に組合の看板と旗を立てました。

kimg3396

kimg3421

また精力的にビラまきを軸に街頭宣伝行動を開始しています。

今朝(9月15日)朝は私は一人で新前橋駅東口の高崎車両センター前でビラ配りにたちました。

kimg3468-2

20160915_072727604

20160909%e4%b8%ad%e5%a4%ae%e3%82%bf%e3%82%af%e3%82%b7%e3%83%bc%e3%83%93%e3%83%a9-1

  %e5%a4%96%e6%b3%a8%e5%8c%96%e9%98%bb%e6%ad%a2%e3%83%8b%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%82%b9%e7%ac%ac280%e5%8f%b7

20160810

20161106bia1

この場所は何年も前からJRとJR関連労働者(高崎鉄道サービスの清掃、外注労働者が多い)に「外注化阻止ニュース」をはじめとしたビラまきを続けてきた場所です。

この日は群馬合同労組の「ブラック企業をぶっとばそう!」のビラを一番表にして、ゼッケンにもはさみこんで、一般の駅利用者にもビラの束をまきました。

1時間半で200セットが受け取られました。用意したビラがなくなってしまいました。これは初めてです。

先週、先々週と高崎駅東口で、組合で労働委員会提出の中央タクシー支援の署名を取り、ビラ配りをしましたが、これもかつてなく反応と受け取りがいい。

kimg3362

労働者、市民のブラック企業に象徴される会社・資本の横暴に怒りが高まっているのを実感します。

「ブラック企業」という批判の仕方は本当はあまり好きではありません。

なぜなら、本当は一企業レベルの問題ではないから。

新自由主義が本当の害悪であり、「ブラック企業」はそこに生まれた小悪である場合が多い。

新自由主義に日本社会、労働者をたたき落とした連中はきれいな顔してのほほんとしている。

労働運動がこういう連中の顔色を変えるような闘いをやらなければならないと思います。

しかし同時に、労働者の、ブラック企業やブラック社長、ブラック管理職、ブラック管理者、ブラック同僚に対する根底的で具体的な怒りをしっかり共有して、みんなでいっしょになって怒ってぶっ飛ばす、これが絶対に必要だと、強烈に思います。

今朝も、どこかの会社の管理職とおぼしき男性が「ん?ブラック企業?ブラック社員もいるよ」と言いながらビラを受け取っていきました。

そうかもしれない。しかしブラック企業と新自由主義に対する怒りと闘いからすべては始まります。

労働者は闘うことによって変わる。闘うことによって強くなる。

労働者のブラック企業に対する、この怒りを、具体的な行動、組織、団結、支援に結びつけたいと思います。

このおかげか、はたまたこのブログのおかげか、

今朝届いた中央タクシー分会長のメールです。

「昨日、会社に書面で日本中央バスから、苦情が来たようです。 新潟は愛称として「日本中央タクシー」という名前を使っていましたが、迷惑だということです。 中央タクシーのビラの問合わせが日本中央に相当数いっているそうです。」

日本中央バスさん、ごめんなさい。

ブラック企業をぶっ飛ばそう!

10・23集会に集まろう!

11・6全国労働者総決起集会に集まろう!

日韓の労働者の団結万歳。

ブラック企業をぶっとばそう!

組合員への賞与なし、運転はずし、給料8万円カット…中央タクシーには安全も命も守れない!
10・23ブラック企業ぶっとばせ!生きさせろ!団結集会・デモに集まろう!

10・23ブラック企業ぶっとばせ!生きさせろ!団結集会&デモ
(群馬合同労組支援共闘会議結成集会)
10月23日(日)13時30分~集会
15時30分~デモ
集会会場 高崎市労使会館(高崎市東町
80-1)2階第3・4会議室
デモ 高崎市労使会館前~高崎駅西口
~労使会館前
主催 群馬合同労働組合(連絡先は裏面)
群馬合同労組支援共闘会議(準)

経営が厳しいから約束をやぶってもいいのか?

8月30日、A工業と団体交渉が行われた。組合から9名が交渉団として結集した。

今年3月に有給休暇をキチンと取りたいと、群馬合同労組に相談、加入してくれたK組合員の件だ。

組合に入って有給休暇が取れることになった

既報の通り、有給もしっかり取れるようになって落ち着いていたのだが、それもつかの間、約束されていた賞与がこの夏支給されなかったと怒りの連絡。しかも何の説明も謝罪もなく、給与明細の封筒に“工場の修理に金がかかったので今回の賞与は出ません”とのメモ書きが入っていたとのこと。

年2回の賞与は、雇用契約を結ぶ際の確認事項。しかしその額も年々下がる一方。そして春に組合通告して有休取得を認めさせた途端に、ゼロになった。

K組合員はシングルファーザー。少額とは言え、当てにしていた賞与が一円も出ないとなれば、一族の生活が破綻する。絶対に許すことはできないと、要求書の提出と団体交渉となった。

団体交渉には、会社側は社長と代理人の弁護士が出席。回答は、「お金がない。出せない。」「経営状態が出せる状況ではない」「社長も報酬が月○○円しかない」の一点張り。

中小企業が大変なことは、群馬合同労組も理解している。新自由主義の、もう一方の犠牲者であることは間違いがない。しかし、最近、それを開きなおって、働きに来てもらうときにはいいことをいっぱいいっておきながら、そんなことは忘れてしまって、「経営が厳しいんだから」「赤字なんだから」と、最初の約束も平気でやぶる経営者が何と多いことか。しかもそれに不満を言う労働者の方が悪者にされる。労働者をなんだと思っているのか?

組合は、他にも昼食代補助をKさんだけ受けていない問題などを具体的に挙げながら、分割でもいいから最低3万円は支払えと譲歩した。

そして会社の代理人から、昨日回答が届いた。

「団交の席でお話しをさせていただきましたように、社長は42才で、月給24万、お母さんは0円、赤字経営です。また、私の手元に、「平成28年1月~7月迄の給与・賞与支給実績一覧表」がありますが、その記載によりますと、差引支給額が社長「136万4,580円」、Kさんが「118万6,952円」になっており、僅か
「17万7,628円」の違いがあるだけです。そのような会社がボーナスを支給するということは、考えられないことだと思いますが、今回は特別として申し入れの通り、9月から月1万円合計3万円をお支払いさせていただきます。」

組合はこの会社代理人の回答を以下の総括と共にK組合員に伝えた。

「満足なものではありませんが、いったんは出させたことが重要だと総括したいと思います。 勝手なことはできない。もっと会社としてしっかり責任持ってやらないと通用しないということを、労働組合として思い知らせたことは、こういう厳しい経営状況の中だからこそ重要なことであり、労働者に希望を与えるものであると思います。」

それに対するK組合員の返事がこちら。

「先ほどは、有り難うございました。 赤字経営は、会社側の努力不足。 私の父親は会社経営しておりますが、経営が苦しい時には、父は自分の報酬はゼロでも、社員の給料は必ず支給しておりました。 赤字、赤字と言いながら、相変わらず改善策は見られません。『約束は守らせる。』断固立ち向かいます。 今月から、バイト始めました。ダブルワークです」

 

最近はこういったケースが増えている。こういうときだからこそ、労働組合の力を示さなくてはいけない。労働者の生きるための闘いは、決して個別の救済で終わってはいけない。団結して、労働者が人間らしく生きられる社会を切り開く、それだけが中小企業経営者を救う道でもある。

群馬合同労組は一人でも加入できる労働組合。組合に入ってともに声をあげよう。

9月11日(日)18時開場 高崎市労使会館『三里塚映画の夕べ』にご参加を

来週日曜日、9月11日は三里塚・芝山連合空港反対同盟、敷地内農家・市東孝雄さんを招いて新作映画『三里塚闘争 不屈の50年』を上映する。

9月11日(日)18時開場 高崎市労使会館2階『三里塚映画の夕べ』 会場費500円

 

ぜひご参加を。

scan160903
scan160903-2