無期転換の申込みを!

 今の会社で5年以上続けて働いている非正規雇用の労働者のみなさん。

 4月から契約更新になる方も多いと思います。

 5年以上になっている人はぜひとも無期転換を会社に申し入れましょう。

 むずかしいことはありません。

 「5年以上継続して働いているので無期転換を申し込みます。よろしくお願いします。」で大丈夫。何か記録を取っておきましょう。

 文書で出した方が確実です。日付と名前を書いてはんこ押してコピーを取って出しましょう。

 こんなことを言うのは、この間でたらめな雇い止め解雇を通告されるケースが増えているからです。

 某企業(大企業のグループ会社)もそうでした。ある労働組合役員に対して、ささいな口実をつけて3月末での雇い止めの通告をしてきました。ところが彼は1年契約をくり返してすでに5年10ヶ月。5年経過してから2回も無期転換申込みをしましたが、そのたびに「無期転換申込みの期間が決まっているのでその時に」とごまかしてきました。そうしておいて雇い止め解雇を通告してきたのです。

 しかしこれはおかしい。労働契約法第18条に書いてあります。5年を経過したらその契約期間の間、いつでも無期転換を申し込むことができるし、会社は拒否はできません。組合は当然にも不当解雇だ、撤回せよと要求書を出しました。そして会社は、団体交渉でこれまでのやり方が間違っていたことを認めました。「今日間違いがわかった」そうです。これまでもこんなやり方で雇い止めされた労働者が何人もいたのではないかと思ってしまいます。しかも雇い止めの理由がまたひどい。

 この会社はまだ解雇撤回を正式に認めたわけではありません。しかし労働組合の闘いで不当な雇い止めをぶっとばせることは明らかにできました。

 非正規労働者にとってはこの雇い止めこそ、自らの奴隷状態の根源です。最近は求人票と雇用契約に更新は4回までと明記する悪質なケースも増えています。しっかりと権利を行使して、無期転換申込みをしましょう。闘う労働組合に相談することもあわせておすすめします。

岡本工作機械製作所に要求書提出

 2019年2月19日、群馬合同労働組合は、安中市に本社のある岡本工作機械製作所に対して、Hさんの加入通告をかねて要求書を提出しました。

 要求項目は4点。①就業規則・賃金規定・36協定書の写しを交付すること、②労働時間管理について説明すること。③未払い残業代の支払い、④未払い手当の支払い、です。

 株式会社岡本工作機械製作所は創業から80年、東証2部上場、タイとシンガポールに工場をおき、世界中に販売拠点をおくグローバル企業でもあります。1982年に安中工場が完成し、2012年に安中に本社を移しました。

 岡本工作機械製作所には、企業内組合があります。しかし今回Hさんは、おかしいことにしっかりと声をあげてしっかりと正す、ということを決意しました。そのためには、しっかりと闘う労働組合が必要だというのがHさんの結論でした。そして群馬合同労働組合のことを知り、分会を作りたいと相談、加入し、この通告と要求書提出に至りました。  岡本工作機械製作所で働くすべての労働者のみなさん。ともに声をあげませんか?労働者は仲間と団結すれば、必ず職場を変えることができます。相談、加入をお待ちしています。

コンビニオーナーも労働者!24時間営業の強制をやめよ!

 「もう無理!」24時間営業を打ち切るコンビニオーナーの登場が話題になっている。

 そんな中で東京新聞の「こちら特報部」が2/23付ですばらしい特集をした。

 コンビニ加盟店ユニオンが労働委員会で勝利した根拠の一つが、二十四時間営業の義務付け。事業主ならば自分で営業時間を決められないといけない。「団体交渉が認められれば、労働協約を結ぶことができる。フランチャイズ契約よりも効力が強く、二十四時間営業に歯止めを掛ける道筋が開ける」

 転載させてもらいたい。

つらすぎるコンビニ店主

バイト不足 業務増える一方

24時間営業「もう無理」

コンビニの24時間営業に注目が集まっている。大阪では、オーナーが時間を短縮して営業し、本部と対立している。背景にあるのは、人手不足と忙しさ。現場の、とりわけオーナーには、ブラック企業も真っ青の長時間労働を強いられている人がいる。実態はどうなのか。このままでいいのか。

(石井紀代美、榊原崇仁)

「ゴールのないマラソンをやっているような感じ。人手が足りず、ここ三年、全然休めない状態が続いているんです」中部地方でコンビニ店を経営する五十代の男性は二十二日、「こちら特報部」の取材にこぼした。声に疲労がにじんでいた。

男性は毎日、午後九時半から翌朝九時ごろまで働く。無理なく勤務を回すためにはアルバイトが二十人ほど必要。しかし、家族を含め、今は十二人しかいない。足りない分を男性と妻の二人で補う。単純計算でアルバイト四人分の仕事をしなくてはならない。とりわけ、人手が足りなくなるのが深夜帯だ。だから、こんな働き方になる。

年間二十万円かけて求人情報誌などでアルバイトを募集しても反応は少ない。

「業務の大変さのわりに、コンビ一一各社のコーヒーカップ。マシンの手入れも店員の負担になっている

低賃金にプラスアルファぐらいしか出せない。若者や主婦がお金を稼ぐための仕事選びから、コンビニ店は対象外になっている」時給を上げようにも、おいそれとはいかない。コンビニ本部との契約で、店の粗利の六割を納める。残り四割で、人件費など経費の大半をまかなわねばならないからだ。

昔と比べ、仕事も複雑で大変になっている。例えば、紙コップで入れたてのドリップコーヒーが飲める機械。豆の補充や機械の洗浄が必要になった。宅配便を受け付けるようになり、伝票や宅配物の管理などの手間が増えた。

買い物でたまるポイントも仕事を難しくしている。レジの仕組み上、決済する前にポイントカードを通す必要がある。「支払いの後でカードを出す人もいる。その場合はいったん取り消して、もう一度最初からやり直さないといけない」その決済方法も、現金、クレジヅトカード、電子マネーと多岐にわたる。「従業員にきちんと教えるのは結構大変。お金のやりとりという一番大事なところ24時間営業「もう無理」で、絶対ミスが起きないように気を付けないといけない」。心労は尽きない。

店で売る揚げ物は、油の酸化度合いをチェックして基準値を超えれば交換する。処理を間違えば、火災が起きる気を使う作業。ほかにも、ごみの分別やトイレ掃除…。

男性は新天皇即位に伴う十連休を恐れる。「絶対に休めない。アルバイトが休みを取るだろうから。話題の『働き方改革も、コンビニ店は蚊帳の外。このままでは、どんな人でも体が持たなくなる」。実際、男性の妻も以前、疲労で体調を崩して休んだ。

二十四時間、三百六十五日営業してます。本部はコンビニ店を「社会インフラ」とアピールする。男性は痛烈に批判する。

「人手の確保は現場任せで、本部からは何もサポートがない。『社会インフラ』の現実は、コンビニオーナーと家族の犠牲で成り立っている。営業が継続できなくなっても、本部にとっては違うオーナーを探すだけ。私たちは本当にコンビニエンス(便利)なものとして扱われている」

権限ないのに事業主

労組結成 団体交渉求め闘争

「本部も意識改革を」

都心のコンビニも訪ね歩いてみた。

「人手が足りないのはどこの店も変わらない」。ファミリーマートの男性店長はそう語る。十人のアルバイトはすべて外国人。「お金を稼ぎたいから、たくさん働きたいという人ばかり。こちらから『長時間は引っ掛かっちゃうから』と止めないといけないぐらい、働く意欲が旺盛。外国人がいなければ、もうやっていけないよ」と断言する。

ローソンでは、オーナーが多数の店を経営しているという。「他の店から人を出してやりくりしている。うちは、しっかり休みが取れていますよ」

セブンーイレブンの男性店長は週六日で働くほど忙しい。時短営業に踏み切った大阪の店について聞くと、「気持ちは分からなくない。本部が二十四時間営業の姿勢を崩せば、確実に、全国各地で山ほど、後に続くオーナーが出てくる」と推測した。

オーナー、店員が身を粉にして働かなければいけないのは本部側と結ぶフランチャイズ契約のためだ。「コンビニビジネスの根幹に据えられてきたのが二十四時間営業。本部側は、経営ノウハウの提供などとともに、統一的な契約内容として盛り込んできた」。学習院大の橋本陽子教授(労働法)はそう語る。

いつでも立ち寄ることができる二十四時間営業は、コンビニの信頼感を高めてきた側面はあるだろう。今は深夜の防犯、さらに災害時の物資供給も期待される。それに何より、深夜でも店を開け続けることで売り上げは伸びる。

日本労働弁護団の棗一郎弁護士は「本部には、売り上げに応じた額が懐に入る仕組み。一方、オーナー側からすれば、深夜は人件費がかさんで、利益が出にくい。何かと接客トラブルも起きやすい。やりたくないのが本音」と指摘する。

こんな状況に異を唱え続ける人たちがいる。二〇〇九年八月以降、首都圏や関西のオーナーらによって「コンビニ加盟店ユニオン」「ファミリーマート加盟店ユニオン」といった労働組合ができた。彼らは本部側に団体交渉を繰り返し求め、拒否されると、労働委員会に救済を申し立てた。争いは今も続く。

代理人の棗弁護士は「本部側は『ノウハウと商品を提供するだけ』『店舗経営はオーナーが独立してやっている』と言う。しかし、オーナーが最も裁量を働かせたい営業時間は、フランチャイズ契約で縛られている。『独立した事業主』とは到底言えない」と語る。

事業主なら、労働管理は自分の責任。どんなに長時間働こうが違法ではない、

しかし、使われる労働者なら、労働時間の制限や休日など法律上の保護がある。両者を区別する条件の一つが、自分の労働時間にどれほどの裁量があるかだ。地方レベルの労働委では一四年、「加盟店主は労働組合法上の労働者」「本部側の団交拒否は不当労働行為に当たる」という判断が出た。根拠の一つが、二十四時間営業の義務付け。しかし、本部側が受け入れず、結論は先送りに。「団体交渉が認められれば、労働協約を結ぶことができる。フランチャイズ契約よりも効力が強く、二十四時間営業に歯止めを掛ける道筋が開ける」(棗弁護士)

ユニオンに加わるオーナーたちは多忙なのに、月に一~二回ある労働委の聞き取りや打ち合わせをする。時間を取られるので、費用をかけて人を雇い、留守を任せるケースもある。

「やっぱり、おかしいことはおかしいと言わなきゃまずい」。東京都江東区でコンビニを営む吉村英二さん(六二)は、そんなオーナーの一人だ、、「働き方改革と言うけど、今のコンビニ業界は配送業者も巻き添えにしている、世間の意識も変わっていると本部の人たちには分たってもらいたい」と二十四時間営業を見直すよう求める。

パワハラ相談の某協会、要求すべて受け入れへ!

 某協会を切り盛りしてきた職員のAさんから、去年の忘年会に始まり、協会副会長から突然言われなき誹謗中傷とパワハラを受けて適応障害で不眠や動悸で苦しんでいると相談を受けた。

 群馬合同労組に加入してもらい、副会長の謝罪と辞任などを要求して、要求書を出した。

 本日2月20日、会長から、要求をすべて受け入れて、副会長からは謝罪の文書を提出させた上で辞任させるとの回答を得た。

 そもそもいわれのない誹謗中傷。しかしこの副会長は、最後まで、「いや使途不明金が…」などとあがいていた。

 冗談ではない。やり方というものがある。労働者をなんだと思っているのか。言葉だけの謝罪で辞任して責任取ったと思わないでもらいたい。

 労働者には、労働組合(個人加盟の闘う合同労組)と団結する権利があるということを、みんなに知ってもらいたい。やられて、取り返しがつかなくなる前に、群馬合同労組に入って、ともに立ち上がろう。

群馬バスに春闘要求書提出へ!

時給810円!?

 2月7日、群馬合同労組は、群馬バスに対して春闘要求書を提出した。

 要求項目は①基本給一律5万円の賃上げ、②嘱託雇用の運転手の時給810円を1400円に上げること、③現在半分に計算される待機時間(中休・ちゅうきゅう)の取扱を改め、全額支払うこと、④通勤手当を「各人の必要額を基に」支給すること、⑤有給休暇の残日数を給与明細に明記すること、などの8項目。

 いまだにバスの運転手は高い給料をもらっているという誤解をする人がいる。だいたいの人が「時給800円」と聞いてビックリする。ウソではない。写真を見てほしい。群馬バスの嘱託運転手の時給が810円に上がったのは去年の9月。これは去年の秋から群馬県の最低賃金が809円に改定されたことにともなう。

時給1400円に賃上げを!

 今回春闘要求として、群馬合同労組は、この時給を1400円に値上げしろと要求した。1400円というのは群馬県内のある工場での非正規労働者の時給を参考にした。決してムチャな要求ではない。

待機時間も労働時間だ!

 さらに驚くのが、待機時間の扱い。これは群馬バスだけではないが、バス会社は、乗務と乗務の間の待機時間を原則休憩時間だとして、労働時間として扱わない。しかしこれは無理があるので、二分の一として計算して支払う扱いを行っている。時給405円ということ。これがバス運転手、いや運輸労働者の長時間拘束の大きな原因になっている。長時間拘束、低賃金、労働者の健康破壊の諸悪の根源だ。この待機時間を労働時間として扱え、全額支払え、というのは重要な、当然の要求である。

交通費くらい払え!

 通勤手当。払うのは当然ですね?ところが群馬バスでは「生活関連手当」として扶養家族のいる従業員に一律1万円が支給されていて、これに「交通費を含む」とされている。これはおかしいでしょ?ちゃんと実費をもとに各人に払いなさい、という当たり前の要求。

正規職化と引きかえに賃下げ!

 基本給5万円アップの要求は、一見、とっぴょうしもないように聞こえる。しかし、今や社会問題となっているバス労働者の長時間・低賃金の労働条件を抜本的に改善するためには、全然おかしくない要求だ。

 しかも群馬バスは、2015年夏に一年の有期契約を無期の正社員にする条件として賃金の引き下げを行った。この額は群馬合同労組分会組合員の平均賃金としてはおよそ25,000円。これを群馬バス労働組合との合意をてこに、全労働者に賃下げを容認させた。その分を返せ、ということでもある。

賃金計算の透明化を!

 運輸労働者は、長時間・低賃金の長年の労働で、健康上の問題を抱えざるをえなくなっている。賃金と労働時間・拘束時間の、公明正大な管理が欠かせない。ところが、群馬バスでは群馬合同労組の、賃金計算の元になるダイヤごとの賃金単価表の開示・写しの交付を拒否している。これでは中休の計算方法も含めて自分の賃金の計算が不可能になる。

 また就業規則では週休2日をうたいながら、実際には法定外休日は勤務しないと生活できないので、ほぼ例外なく週休1日。たまに休みを取るときに振り替えなのか、有休なのか、はっきりしなくなる。このどんぶり勘定も自分の労働条件が見えなくなる原因のひとつだ。だからいったい有休があと何日残っているのか、ちゃんと給与明細に記載しろ、というのがもうひとつの要求。とてもささいな要求だが。

組合つぶしを打ち破ろう!

 群馬合同労組群馬バス分会が職場で声をあげて闘いはじめて、2年半。今回の春闘要求は、最初に要求したことに基本的に重なる。しかし群馬バスは、それ以降、組合つぶしにやっきになった。分会長の不当解雇、組合員への処分と兵糧攻め、不誠実団体交渉、雇用契約書にあらたな文言を付け加えて群馬合同労組への加入をけん制することまでやった。これらはすべて、群馬県労働委員会に不当労働行為救済申立を行い、闘ってきた。県労働委員会はこの2月に結審して、5月までには命令が出る。群馬合同労組群馬バス分会はこれまでの勝利的地平にたって、再度攻勢に出たい。

 バス労働者の怒りはいまや爆発寸前だと思う。絶望して辞める労働者、人員不足でますます過酷になる労働条件、一方で自動運転の試験走行をやってみたり、資本の合理化と人員削減の狙いも明らかだ。労働者の団結と闘いがすべての答えだ。闘わない御用組合をぶっとばして、労働組合を取り戻そう。ストライキ、ゼネラルストライキが労働条件を変える唯一の力だ。国鉄分割民営化と総評解散・連合結成から始まった新自由主義の30年を、闘う労働組合・群馬合同労組への結集でぶっとばそう!春闘をともに闘おう!

群馬県労働委員会が2月5日に勝利的に結審。5月までに命令が出されることになった。

中央タクシーは殺人的勤務をやめろ!! 組合つぶしの分会長襲撃を許さない!

闘う労働組合を甦らせ、暴走を止めよう!

二〇時間労働の何が悪いと開き直る

  先般、少人数で展開する新潟営業所では長時間労働に苦しむ有志一同が退職者の補充人員確保について直談判を行った。「このままでは二〇時間勤務になりますよ」この悲痛な叫びに宇都宮社長が放った言葉が「片道が空車ではもったいないでしょう。二〇時間勤務のどこが悪い。」
ふざけるな!我々は生身の人間だ! 渾身の怒りが労働組合の原動力になる。
 現状、繁忙期には三二時間連続勤務や新潟埼玉県を一日で二往復」一〇〇〇キロ走らせる過酷な勤務も行われている。過度な疲労運転を強いることは、労働者と顧客の命に係わる。脳疾患で休職を余儀なくされた社員もいる。一切の責任は社長宇都宮司にある。命と生活を守るため無能経営者に鉄槌を加えるべく労働組合に結集しよう!

旅行事業失敗の帳尻合わせが元凶

 社長就任以来、肝いりで始めた事業が鳴かず飛ばず。一定額のペテンの「固定残業代」で 酷使してきたが、生活を破壊し、命を奪うレベルに達した。自身の虚栄心と自己弁護が生み出した労働者に対する暴力そのものだ。

声をあげると脅しと嫌がらせ

 ひとたび不満を上げれば、差別配車に仕事外し。運転手の気を酌んで進言する管理者すら退職に追い込み、退職者が続出している。長年勤めあげた社員すらもこのありさま。

暴走社長を止めよう

 今、群馬が真冬の豪雪地帯に送り込まれている。スリップサインの出たタイヤ、経験の不足している猛吹雪。こんな状況で顧客の命を守れるだろうか? 必要な人員も確保せずエリア拡大を推し進める。そもそも居住する県内から空港までの送迎という求人募集だったはず。人の敷地内での乗り換えを指示。常軌を逸した行為に組合に結集して共に声をあげよう!
 走行百六十万キロを超えた車両にて、台数を減らして儲けに走る。何が「お客様主義だ」!
 旅客運送業のの本分は安全であることは言うまでもない。
 無能経営者は直ちに退け!
「闘いなくして安全なし」

労働組合つぶしの分会長襲撃を許さない!

 昨年11月22日、未明、出勤しようとした群馬合同労組中央タクシー分会長が自宅玄関を出たところを後ろから木刀のようなもので殴りつけられるという事件がおこった。
 犯人はわからない。しかしこれまでの経緯の中で会社は、脅迫じみた脅しを繰り返してきた。組合は組合つぶしの襲撃であると考えている。私たちは絶対に許さない。労働組合の闘いで襲撃を打ち破る。すべての労働者のみなさん、ともに闘いましょう!ご支援をお願いします!

群馬合同労働組合中央タクシー分会長への襲撃事件を許さない声明


  2019年1月10日   群馬合同労働組合

 2018年11月22日、出勤のために家を出た群馬合同労働組合中央タクシー分会川谷内分会長が何者かに後ろから木刀のようなもので襲撃された。早朝、まだ暗い5時40分頃のこと。道の狭い住宅街、犯人は物陰に隠れて、待ち伏せし、駐車場に向かった川谷内分会長を後ろから不意に襲ったのである。金品は奪われておらず、労働組合のリーダーである川谷内分会長を狙った、完全に計画的な襲撃だというほかない。川谷内分会長は、その場に倒れ、しばらく立ち上がれなかった。遠くなった意識と吐き気、恐怖と不安の中、記憶も定かでない中、自力で自宅に戻り、一日苦しんだ。幸い外傷はたいしたことがなかったが、その後むち打ちの症状と、PTSD(心的外傷後ストレス症候群)で苦しみ続け、就業もできない状態が40日続いた。
 襲撃された家は、川谷内分会長が、2ヶ月前に再婚して転居したばかりの家である。奥さんはこの日は泊まりで留守だった。この時、川谷内分会長の新しい住所を知っていた人間はごく限られている。親兄弟のほかには、会社幹部と事務職数人、組合関係者、奥さんの子供たちぐらいである。さらに成田・羽田の両空港への送迎という、担当する業務の性格上、外部の人間が3日前に決まる川谷内分会長の出勤時間を事前に知ることは基本的にありえない。
 そして、川谷内分会長は、2018年9月30日新たに結成された「全中央タクシー労働組合」の書記長に選出され、襲撃された家はこの「全中央タクシー労働組合」の組合住所として会社に通知されたものでもあった。「全中央タクシー労働組合」結成宣言では「長時間労働を強いられ、車両の安全すらままならない。人らしい生活を取り戻し、顧客と労働者の命を守らねばならない。闘いなくして安全なし。主人公は、私たち労働者だ。団結し闘うことを決意する。」と誇り高く宣言していた。群馬合同労働組合からも連帯のメッセージを送ったところだった。この襲撃事件の後、宇都宮司社長が委員長・副委員長と面談してから、大きな分断と動揺が広がっている。
 分会組合員は、未払い残業代と不当労働行為に対する慰謝料支払を求めて、会社と裁判で争っている。事件直前の10月に裁判所に提出した陳述書の中で、川谷内分会長はこのように書いていた。「掲示板サイトに…娘に危害を加えるかのような記載もされる…。このような脅迫行為は現在もあり、2018年度36協定の従業員代表に選出され、…宇都宮社長と私との間で仲立ちをしていた同僚のH氏より『ただで動くヤクザがいる』など意味不明な事をいわれ、宇都宮社長からはあなた方の行為には警察に相談している等、…仕事中呼び出して通知しています。別事業所の同僚から宇都宮社長が『群馬の36協定は脅しているから大丈夫』と言っていたということを聞き及んでいます。」
 2015年6月に、パワハラ、法令も無視した長時間労働、詐欺的な固定残業代制度などに怒りの声をあげて闘ってきた群馬合同労組中央タクシー分会。その闘いの歴史は、激しい会社の組合つぶしとの激突だった。そしてその闘いの勝利の地平がついに「全中央タクシー労働組合」の闘いとして、拡大し、発展しようとする矢先の襲撃事件だ。
 襲撃犯人が誰であるのか?それはわからない。しかし群馬合同労組は、11・22分会長襲撃事件を絶対に許さないことを声明する。襲撃を行った人物、計画した人物、扇動した者たちを決して許さない。労働組合として、職場での団結、職場での闘いで、必ずこの襲撃事件をぶっとばす。襲撃したことを後悔させてみせる。すべての中央タクシーの労働者のみなさん、団結してともに闘おう。すべてのみなさんのご支援をお願いします。

群馬バスの労働委員会が勝利的に結審!

労働委員会の審問を終え、記念の写真撮影

群馬バスを相手に闘ってきた群馬県労働委員会が本日(2019年2月5日)結審した。

最初のM分会長の不当解雇からもうすぐ2年になる。それを組合差別の不当労働行為だと最初の救済を申し立ててから、組合員に対する懲戒処分や兵糧攻め、団体交渉拒否・不誠実団交など第2次、第3次と救済申立を続けた。救済を申し立てた項目は7件、それ自体が群馬バスの組合つぶしがひどかったことを物語っている。

 群馬バスは代理人として弁護士を3人つけた。組合は弁護士なしで渡り合った。大変だったが、基本的には会社の不当労働行為を証明することができたと思っている。真実は強し、だ。

 5月には命令が出る。

 バスの運転手の低賃金、長時間労働のひどさはかなり社会問題化してきた。明日2月6日にはちば合同労組の京成バスの組合員がストライキに入る。SNSでもかなりの注目度だ。

 どこのバス会社も労働条件の悪さは同じ。問題はそれを労働組合が闘いもせずに許していること。京成バスの仲間に続いて、群馬からも、労働委員会での勝利の希望をもってバス労働者の闘いに入りたい。  群馬バスの労働委員会での勝利を、バス労働者の総決起の号砲に転化したい。すべてのバス労働者、運輸労働者のみなさん、群馬合同労組・合同一般労働組合全国協議会に加入してともに闘いましょう!

https://www.chiba-goudou.org/