ホテル1C裁判はじまる

 

本日4月26日、清水委員長を原告とし、ホテル1Cと代表取締役・杉山嘉章を被告とした、賃金請求及び慰謝料請求事件の第1回裁判が開かれました。昨年11月24日付で群馬県労働委員会が命令した、清水委員長に対する解雇をなかったものとして取扱い、アルバイトの9ヶ月分の給与を支払えとの命令を無視し続ける杉山嘉章社長。組合と清水委員長は、絶対に許さないと、提訴。慰謝料も加え、会社法429条1項をもつかって、社長個人をも被告に加えました。

相変わらずなんの反応もなかったのですが、第1回裁判前日になって、裁判所から被告が代理人を指定し、答弁書を提出したとの連絡がありました。全面的に争うとの内容ですが、ついに杉山嘉章社長を法廷に引きずり出すことができました。

なにしろこの会社は、雇用契約書の会社の住所がウソ、誓約書出させた先がダミー会社、給与の支払いも社長の個人名義の口座を使う…会社名(ホテル名)も「1℃」と表記して「ワンシーン」と読ませたり、とにかくしっぽをつかまれないように考えつくされている。ブラックもいいとこ。おかげで労働委員会は最初はダミー会社を相手に訴えて失敗、県の情報公開制度を使って旅館営業法の許可申請事業主を調べて、一回取り下げて出し直すという苦労をしてきています。労働委員会を2回申立、少額訴訟を提訴したら本訴に移行されて訴えを変更、さらに杉山社長を訴えて、あわせて5回の提訴。

群馬合同労組は逃げ得を許しません。労働者なんてクビきれば終わり、なんて絶対に許さない。必ず裁判に勝利して、労働組合の力を示してみせます。ご支援をよろしくお願いいたします。

次回第2回裁判は6月28日(水)10:15から高崎裁判所にて。

お礼状「ご支援ありがとうございました! 群馬合同労組中央タクシー分会、勝利命令勝ちとりました!」」

 

ご支援ありがとうございました!

群馬合同労組中央タクシー分会、勝利命令勝ちとりました!

2017年4月18日 群馬合同労組 執行委員長 清水彰二/中央タクシー分会長 川谷内政樹

 

群馬合同労働組合中央タクシー分会の闘いに心をよせ、ご支援くださったみなさま。

おかげさまをもちまして、3月27日、群馬県労働委員会において、不当労働行為救済の勝利命令交付を勝ちとることができました。みなさまに、心から御礼申し上げます。また勝利する日まで、さらなるご支援・ご指導をいただきますようにお願いを申し上げます。

 

群馬県労働委員会は3月27日命令を交付して、群馬合同労組中央タクシー分会の柴崎・都丸組合員に対する固定残業手当の毎月約8万円の減額ならびに3人全員の2015年冬の賞与の減額について、「会社が組合や組合員に対する批判的な感情の下、その活動を抑制するために行ったもの」と不当労働行為をを認めて、中央タクシーに対して「なかったものとして取り扱え」と支払いを命じました。川谷内分会長の運転業務はずしについては、申立の15年6月時点での配置替え自体は、健康に留意したもので不当労働行為とは言えないと棄却しました。しかし会社は3月31日に分会長を運転業務に戻すことを通告、川谷内分会長は実に1年10ヶ月ぶりの運転業務復帰を果たしました。また申立以降になされた3人の16年夏・冬の賞与ゼロ支給についても、4月11日、命令された金額と合わせて全額支払われました。労働委員会への申立に続いて固定残業代制度の悪らつさ、違法性を暴くために16年10月に提訴した割増賃金等請求訴訟では、あわせて不当労働行為に対する慰謝料請求も求めています。職場闘争に徹底的にこだわりながら、労働委員会・裁判闘争を攻撃的に闘ってきた成果であると言えます。ご支援いただいたみなさま、とりわけ財政的にご支援をいただいたみなさま、本当にありがとうございました。みなさまのご支援なしには絶対に勝利はありえませんでした。

 

川谷内分会長の一本のメールでの相談から始まって1年10ヶ月。もちろん闘いはこれからですが、闘いに次ぐ闘いでした。その勝利の教訓はとても豊かであると思います。

 

一つは、労働者の怒りに徹底して依拠して闘ってきたことです。人手不足と長時間労働、無理に無理を重ねて不満を言おうものならパワハラと差別配車。みんな毎日が地獄のようでした。川谷内分会長や都丸組合員はこれまで怒ったことがないんじゃないかという人柄。ところが闘いが始まり、会社の組合つぶしが始まるや、3人の怒りが大爆発します。所長や運行管理者に対する日々の怒りの追及に始まり、本社抗議行動や団体交渉では社長に対する激しい怒りが叩きつけられました。とりわけ団体交渉は、組合は最大級の闘争として位置づけ、組合員の総決起をよびかけ、会社のふざけた対応に対して、組合員が机をけり上げるほどの怒りが叩きつけられました。こうした組合員の怒りの決起が団結を生み出し、組合の総決起をさらに拡大しました。

 

二つには、国鉄闘争と同じ闘争として闘ってきたことです。川谷内分会長は昔労働組合の活動家でした。しかし挫折し、労働運動に絶望して、別の人生を生きてきた人です。理由は共産党の「指導」に対する絶望でした。そして再び職場の現実に絶望し、怒りで眠れず、新たな長時間運転が迫る中、飲んだ睡眠導入剤でもうろうとする意識のなか、「千葉で闘っている国鉄の組合があったはずだ…」という記憶が浮かびあがりました。そしてネットで検索、群馬合同労組にたどり着いたのです。

そして組合加入の二日後には国鉄集会に参加して、確信を深めます。節目節目で、飛躍を問われる場面がいくつもありました。そんなときに方向性を示してくれるのは必ず国鉄闘争であり、合同一般全国協であり、闘う仲間たちの存在でした。困難に直面したときに国鉄闘争の地平に立つことができたから、困難な局面を打開できました。そこには確固とした時代認識、労働者に対する根底的な信頼がありました。

国鉄分割・民営化以来の新自由主義は、一方で労働基準法もなきに等しい地獄のような労働現場と、もう一方での労働組合の屈服・堕落をうみだしてきました。それが30年続きました。ブラック企業が幅をきかせる世の中。「おかしいだろう」「生きさせろ」と声をあげることは、30年前に国鉄労働者が分割民営化に反対して声をあげたのと同じくらい勇気と決断のいることです。しかも動労千葉や動労水戸のような団結できる仲間も職場にはいません。そういうぎりぎりの状況で、なおも立ち上がる労働者に対して、私たちは真っ向から「国鉄闘争のように闘おう!」「組合で団結して闘えば必ず勝利できる」と訴え勝利したのです。国鉄闘争は支援運動ではないのです。同じ闘いを自分の職場で闘うのです。

 

三つには、従って、新自由主義の30年と対決し、打ち破る闘争をめざし、自覚的に攻撃的に闘ってきたことです。

とにかくブラック企業との闘いです。一方的で不当な処分・攻撃。団交から逃げる。不誠実な対応。不利なものは一切出さない。これを打ち破るためには労働委員会闘争、裁判闘争は不可欠な闘いです。そうした闘いをやり抜く力、財政が必要です。必死にやるしかありません。その中で組合と地域の仲間との団結を具体的に作り出すのです。こちらが本気になってはじめてみんなが本気になります。そしてこの闘いは必ずや30年の新自由主義を打ち破る爆発的な力と団結を作り出すものです。

中央タクシー分会の闘いは、とりわけ運輸労働者がおかれている長時間拘束、それを強制する固定残業代制度との正面からの闘いです。こうした労働者にとって根本的なテーマが、国鉄分割民営化以降の新自由主義によって基本的に放置されています。闘ってきたのは過労死した労働者の遺族や病気で働けなくなった労働者で、労働組合が闘ってきたという事例はきわめて少ないのが現実です。こうしたテーマをすべて引き受けて闘うことが問われています。その力を作り出さなければなりません。

 

こうした闘いは絶対にすべての労働者の共感と支持を生み出すと信じています。組合の団結、地域・全国の支援・連帯を作り出します。国際的な共感と連帯も作り出します。一人の決起が必ず世界革命に向けた階級的団結を作り出すのです。ここに国鉄闘争が作り出した地平があるのだと思います。

 

中央タクシーの闘いは、次なる組織拡大という課題をつき出しています。東京西部ユニオン鈴木コンクリート工業分会と同じです。ここで突破した時に大きく道がひらけます。分会と組合の団結でみなさんに必ず次の勝利を報告したいと思います。ありがとうございました!今後ともさらなるご支援・ご指導をよろしくお願いいたします。

 

星野文昭絵画展に…4月14~18日、高崎シティギャラリー

無実で投獄42年。元高崎経済大学生、星野文昭さんが獄中で描いた絵画展を4月14日(金)~18日(火)(10時~18時)、高崎シティギャラリー・一階予備室で行います。

4月5日に実行委員会が開催され、たくさんの仲間が参加して、いろんな意見を出し合って、たくさんの人に星野さんの存在と絵を知ってもらおうと話し合いました。

その中でアメリカンインディアンムーヴメント(A.I.M)の故セーバー氏の遺作の展示や、同じ政治的えん罪で星野さんと同じくらい獄中で無実を訴え、闘っているレナード・ペルティエさんの資料も展示しよう、2月に亡くなった同じ高崎経済大生で元被告・奥深山幸男さんの俳句集や資料も展示しようなど、決まりました。

ぜひみなさん、足をお運びください。

 

 

4・1常磐線浪江延伸抗議行動

2017年4月1日、前日の浪江町の避難指示解除と一体でJR東日本は常磐線浪江~小高間の運転を再開させた。浪江駅前では住民の強制帰還反対・被曝労働反対・常磐線運転再開反対でストライキに入った動労水戸と浪江町・希望の牧場吉沢さんを中心に労働組合・市民が結集して、レセプションを弾劾した。

群馬合同労組も組合旗をもって参加。福島の未来は日本の未来。福島の労働者の未来は日本の労働者の未来。被曝労働拒否で闘う動労水戸・動労福島と連帯して闘おう。

 

 

 

 

 

 

 

 

上毛新聞、中央タクシー救済命令を報じる

上毛新聞2017年4月2日付が中央タクシーに対する救済命令を報じた。

 

タクシー会社に手当支払い命令

県労働委員会

県労働委員会は1日までに、中央タクシー(長野市)に対し、群馬営業所(藤岡市)勤務の男性従業員3人の手当や賞与を減額したのは不当労働行為に当たると認定し、減額分の支払いを命じる命令書を交付したと発表した。命令書は27日付。

2人に2015年9月分から18カ月間の手当減額分の約290万円を、3人に同年12月の賞与減額分約21万円を、それぞれ加算金を上乗せして支払うよう命じた。

同委は、減額基準が示されていない状況で手当を減額したのは合理的根拠がないと指摘。減額は従業員が加入していた群馬合同労働組合の活動を妨げるものだったと判断した。運転業務,から内勤業務に配置転換された従業員からの救済申し立ては棄却した。

 

※分会長の配置転換については、既報の通り、会社は後日元の運転業務にもどすことを本人に通知した。完全勝利。

中央タクシー分会川谷内分会長の運転業務への復帰を1年10ヶ月ぶりに実現!

中央タクシー分会川谷内分会長の運転業務への復帰がついに実現した。実に1年10ヶ月、組合つぶしの運転業務はずしに、不屈に闘って、ついに勝ちとった。

職場闘争を基軸に労働委員会で中央タクシーの不当労働行為を徹底的に暴いて勝利命令をもぎ取った力で実現した。

中央タクシーの不当労働行為に完全勝利した。支援・応援してくださったみなさん、本当にありがとうございました!

以下は、高崎駅西口金曜日行動によせられた川谷内分会長からのメッセージ。

 

本日、会社から乗務復帰という知らせを受けました。併せて先に出された給与減額の不当労働行為救済命令にも会社側は、従う旨の通知もありました。もう労働組合は勝てない時代。そう思い込み、万策尽きギリギリの状況の中で出会ったのが最大の労働運動である国鉄闘争が今なお闘いを継続している事実でした。「これならば勝てる」そうして群馬合同労働組合に加入したのが一昨年の6月でした。すぐに職場の仲間ができ、組合のみならずタカキンから繋がった地域の仲間と共に団結し勝利する事が出来ました。そして苦しかった時、全国の仲間の闘争現場に赴き共に声を上げ、逆に励まされました。その時良く耳にする言葉「闘いはこれからだ」でした。今回の完全勝利を皮切りに群馬で「闘う労働組合を蘇らせる」新たな勝負に向かいます。そして何よりもブレずに闘って来た分会の仲間に恵まれた事が勝利に繋がりました。

皆様、ありがとうございました。

3・30高崎春闘デモ

3・30高崎春闘デモ。急でしたが20人で声あげました。JR動労連帯高崎が熊谷・籠原でストに入っている。これと連帯してJR労働者にストライキで闘おう!闘わない労働組合はいらない!と呼びかけ。中央タクシーの勝利命令、群馬バスの分会長の解雇撤回、栗原工業の日給300円賃上げを叫ぶ。

デモおわって記念写真。みんないろいろ用事もあったが、無理して参加してもらった。労働者は、群れてなんぼ、団結してなんぼ。自分のことなのに、こういうときに来れないようでは団結はつくれない。まだまだ数は少ないが、ここに形成されている団結はものすごい力と展望を手にしている。

読売新聞群馬版が、労働委員会命令を報道

読売新聞2017年3月29日付群馬版が、労働委員会命令を報道

 

■減額分の支払い命令■

県労働委員会は、空港送迎などを行うタクシー会社「中央タクシー(長野市)が運転手の賞与や手当を減額するなどしたのは、労働組合の活動を理由にした不当労働行為にあたると認定し、減額分の支払いなどを命じた。命令交付は27日付。

命令書によると、同社は「群馬合同労働組合」に加入した運転手3人に対し、2015年12月の賞与を減額。うち2人に対しては同9月から、月々の手当を減額した。同社は「時間外就労をしなかったため」と主張したが、同委員会は「同社が就労時間を把握していたとは認められず、減額を合理的に決定したとはいえない。組合に対する嫌悪感を背景に、その活動を妨げようとした」と結論づけた。

 

3・30春闘勝利!動労連帯高崎スト支援・連帯!群馬バス解雇撤回!中央タクシー闘争勝利!団結デモ

明日!いっしょに声をあげよう!

3・30春闘勝利!動労連帯高崎スト支援・連帯!群馬バス解雇撤回!中央タクシー闘争勝利!団結デモ

★ブラック企業ぶっとばそう!
★動労連帯高崎(JR)のストライキ支持・連帯!国鉄闘争勝利!
★中央タクシーは組合つぶしやめろ!労働委員会勝利命令かちとったぞ!
★群馬バス分会長の不当解雇撤回!不払い残業代を支払え!
★(株)ホテル1C・杉山嘉章社長は労働委員会命令にしたがえ!
★栗原工業は、日給300円の賃上げ行え!
★月100時間の残業上限は過労死容認だ。建設・運輸の適用除外は制限なしだ。安倍の「働き方改革」許さないぞ!連合の合意を許すな!
★群馬合同労組に入ってともに闘おう!

2017年3月30日(水)19時
高崎駅東口1階東口南側高崎イーストタワー前集合~高崎市労使会館前~西口タカシマヤ前~西口ロータリー (解散)

 

群馬県労働委員会の中央タクシー不当労働行為申立事件に関する救済命令について

群馬県労働委員会の中央タクシー不当労働行為申立事件に関する救済命令について

 

2017年3月27日、群馬県労働委員会は、群馬合同労組に対して、中央タクシー不当労働行為救済申立事件について、命令書を交付した。3つの争点のうち、柴崎・都丸組合員の「稼働手当」毎月79600円の減額、川谷内・柴崎・都丸組合員の2015年12月の賞与減額分について、全面的に組合の主張を認めて、減額をなかったものとして取扱い、全額支払えと命令した。いわく(会社の主張には)「合理性はなく、その動機は、会社が組合や組合員に対する批判的な感情の下、その活動を抑制するために行ったものと判断できる」。

「稼働手当」に関しては2015年9月以来今年の3月までで19ヶ月、一人151万円余り。賞与に関しては、2016年の2回のゼロ支給もあわせると41.5~44.5万円余の未払いになる。柴崎・都丸組合員についてはあわせると一人当たり200万近い。今さらながら不当な兵糧攻め(ひょうろうぜめ)に怒りがわく。年6分の遅延損害金含めて、きっちり耳をそろえて払ってもらう。

2015年6月13~14日の川谷内分会長の乗務はずし・内勤への勤務変更については、群馬県労働委員会は、会社の不当労働行為意思を認定しながらも、「運行の安全を確保するために必要な対応」「組合に対する感情との関係は極めて希薄」、よって不当労働行為には該当しないと判断した。組合員も証人尋問で、「病気で倒れてしまいそう」と感じたと証言したような川谷内分会長の健康状態だったとしても、「組合に対する感情との関係は…希薄」とは言えない。その点は不当だと言わざるをえない。

しかし、重要なのは、この労働委員会への救済申立を通して、会社の組合つぶしをぶっとばして、勝利して前進してきたことである。会社は、川谷内分会長を運転業務からはずし、仕事を与えず、「千羽鶴」折りをやらせ、正社員から時給の非正規社員に身分を転換し、長野に配転すると通告した。たたみかけるように組合をつぶそうとしてきたのだ。しかしこの救済申立によって、会社はすべてを撤回せざるをえなかった。残業も一切していないのに、稼働手当を満額支払わざるをえなくなった。団交でのように「逃げてだんまり」も許されなくなった。常に営業所に分会長が張り付いていることによって、職場での闘いは大前進し、分会の団結は強まり、会社との力関係をもひっくり返してきた。

はっきりしているのは群馬県労働委員会は、会社の不当労働行為意思を全面的に認定したということだ。不当労働行為の一切を群馬合同労組は許さない。問われているのはこれからの闘い方である。群馬合同労組は、組合の団結と職場での闘いの発展、全国の労働者との団結によって、中央タクシーという会社との決着をつける。それは地域に、全国に、世界につながり、広がる闘いだ。

すでにはじまった残業代裁判も完全に勝利が見えた。何より、団結して群馬バスの不当解雇・不当労働行為を絶対に粉砕する。みなさん、ともに闘おう!