第一病院グループ正覚会は「退職勧奨通知書」撤回せよ!

25 11月 by gungoroso

第一病院グループ正覚会は「退職勧奨通知書」撤回せよ!

 昨日11/24、高崎市の第一病院のグループ法人・正覚会が運営する特別養護老人ホーム「ことりのはな」の介護労働者のA組合員に対して、正覚会・佐藤毅然施設長は、突然の「退職勧奨通知書」を突き付けました。一方的に問題を列挙して11月29日までに退職勧奨に応じるか回答せよ、応じれば特別退職金56万4千円を払うというものです。書いてはいませんが、応じなければ解雇だと判断せざるをえません。

 A組合員は、納得できないと、その場で拒否しました。問題があったならば、その時々に、指摘して指導すべきです。問題としてあげていることは、A組合員を退職に追いやるために取ってつけたものだとしか思えません。

 組合は本日付で、理由の説明と「退職勧奨通知書」撤回を求めて要求書を送付しました。

 群馬合同労組は、2021年8月15日付で組合通告と要求を提出して、9月13日に第1回団体交渉を行いました。雇用契約書が本人に交付されていない問題、人員不足の問題、駐車場代が天引きされている問題などについて要求をしました。組合としてはまずは誠実な話し合いをしたいと考えていましたが、最終的に法人の回答はあまりにふざけたものでした。それで原則的に労基法違反の駐車場天引き分は、2年分遡及して、全従業員に支払えと、新たな要求書を11/17付で送付したところでした。「駐車場代」や「親睦会費」などの控除は、労使協定がなければ労働基準法第24条1項、賃金全額払いの原則に反して違法です。

 その要求書を提出して1週間もたっていません。あまりにもわかりやすい法人の不当労働行為です。

 こんなやり方で組合員を職場から排除して、労働者が物言えぬ職場にしようなんて許せません。A組合員は解雇も受けて立つ、断固闘うという決意で立ちました。

ユニオンとしても、団結してともに解雇許さず闘うことを決めました。みなさんのご注目とご支援をよろしくお願いいたします。全国の介護労働者はともに闘いましょう!ぜひ群馬合同労組にご連絡ください!

DSC_0049

One Comments “第一病院グループ正覚会は「退職勧奨通知書」撤回せよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください