メーデー・アピール 戦争放火者はトランブと安倍!労働者の国際連帯で戦争とめよう! 職場から闘いと団結を!

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

戦争放火者はトランブと安倍!労働者の国際連帯で戦争とめよう!

職場から闘いと団結を!

 

戦争絶対反対!
共謀罪許さない!

戦争の危機がせまっています。「ミサイルがとんできたときはこうしなさい」などという戦時指示が、安倍政権によって日常と職場に入り込んできました。戦争反対する人は「非国民」扱いされる共謀罪がつくられようとしています。

トランプと安倍こそ
戦争放火者

はっきりさせなくてはいけないのは、戦争の火種をまいているのはアメリカ・トランプ政権だということです。北朝鮮ではありません。実際にトランプは突然シリアに巡航ミサイルを打ち込み、大量破壊兵器・大規模爆風爆弾をアフガニスタンに打ち込んだではありませんか。北朝鮮・キム・ジョンウンを殺す「斬首作戦」をやろうとしています。そこでは核先制攻撃も排除されていません。
そんなトランプに絶対的な支持をあたえて、憲法9条もふっとばして、戦争に参加しようとしているのが安倍晋三です。

労働者の国際的な団結で
戦争をとめよう!

アメリカで、韓国で、中国や北朝鮮でも、労働者は、労働者が人間らしく生きられる世の中をつくりたいと必死で権力・資本と闘っています。
今、アメリカでもヨーロッパでも、自国第一主義をかかげて、排外主義的な動きが強まっています。民営化と規制緩和を出発点にした新自由主義とグローバリズムが、世界中の労働者・農漁民・自営業者などの生活と労働、地域社会を破壊しました。「左翼」はこの新自由主義・グローバリズムと闘わず、むしろ共犯者となり、労働者民衆の信頼を失っています。ファシズムは、この資本主義が押しつけた民衆の貧困を、他国と他民族のせいになすりつけて、排外主義と差別主義をあおります。労働者の階級的な団結がなければ、貧困に対する怒りが戦争に向かいます。
1930年代世界大恐慌が猛威をふるい、世界中で労働者がたち上がり、それをファシズムがたたきつぶしていった時代、第2次世界大戦へと突入していった時代とと重なります。その時にファシズムがかかげたのが、失業の解決であり、自国第一主義・民族排外主義でした。

今こそ職場に団結と
労働組合を取り戻そう!

今こそ労働組合が、労働者の根源的な力を信頼し、真っ向から闘いと団結を呼びかけて、職場からの闘いを組織すべきです。闘うべき課題も問題も山ほどあり、問われているのは闘いをよびかける労働組合です。
国鉄闘争は1987年の国家による労働運動絶滅攻撃・国鉄分割民営化と闘い、30年勝利してきました。ここに労働組合の進む道があります。労働組合の総力を結集して、解雇撤回=JR復帰、動労総連合の組織拡大をともに実現しましょう。

1年10ヶ月の不当労働行為に勝利した中央タクシー分会

2015年6月の労働相談・組合加入以来、ブラック企業中央タクシーと不屈に闘ってきた群馬合同労組中央タクシー分会は、今年3月27日、ついに群馬県労働委員会で不当労働行為救済の勝利命令交付を勝ちとり、毎月8万円の手当の減額、賞与の減額・不支給、分会長の運転業務はずしのすべての問題に勝利することができました。
固定残業代制度の悪用による、過労死も出るような地獄労働、パワハラ、差別配車…これに対して、声をあげ、会社の組合つぶしと真っ向から渡りあってきました。3度のストライキを軸に、上司や本社への度重なる抗議行動、労働基準監督署への違反申告、団体交渉闘争、順法闘争、労働委員会、裁判闘争などなどありとあらゆる闘いをやりました。そしてついに不当労働行為を打ち破り勝利したのです。
大事なことは、組合員の怒りと力に依拠して闘ってきたことです。労働運動の基本は労働者の根本的な自己解放の力です。労働組合がこれを共有し引き出す闘争方針が求められています。
さらに国鉄闘争と一体で闘ってきたことです。ブラック企業の中で絶望から声をあげるのは、人生をかけた決断をせまります。この時に労働組合は少数であろうとも、原則的に不退転で団結して闘えば必ず勝利できるという希望が必要なのです。国鉄闘争こそは新自由主義・グローバリズムの30年にさえ、労働組合は勝利できることを証明してきたし、労働者の生きざまを示してきました。困難に直面したとき、分会はたえずこの地平に立って、乗りこえ勝利することができました。

群馬バスの組合つぶし=
分会長不当解雇許さない!

中央タクシー分会に続けと昨年夏にたち上がった群馬バス分会。群馬バスは3月15日、取るに足りないアルコール検知を理由に分会長を一発解雇しました。群馬合同労組は不当解雇撤回の闘いに入りました。
待機時間を半分に計算する労働時間管理で、自分の労働時間も残業代も計算もできない、そういう状況でやはり長時間拘束、低賃金の生活破壊が労働者をおそっています。2015年夏の正社員化にともなって賃金が平均で2万~2万5千円も減収になっています。
こうした現実は全国のバス労働者、運輸労働者がおかれた共通の問題です。職場で一人になりながらがんばる仲間とともに必ず勝利します。
みなさんのご支援をお願いします。そしてともに闘いましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です