3月17日、群馬バスに解雇撤回の抗議行動!(速報)

このエントリーをはてなブックマークに追加

3月15日の群馬バスによるM分会長への解雇通告に対して、群馬合同労組は16日付で解雇撤回の要求書を送付。本日3月17日、朝から群馬バス箕郷バスセンター、榛名営業所、本社ビルに対して、抗議行動に立った。緊急だったが、15名の組合員・支援共闘の仲間が決起。M分会長先頭に解雇撤回まで闘う決意を叩きつけた。

 

 

 

3月17日、群馬バスに解雇撤回の抗議行動!(速報)」への3件のフィードバック

  1. 群馬バス分会長不当解雇撤回❕ 心強い皆様に集まってもらい、ありがとうございます。 本社,各営業所で抗議をFBで拝見させてもらいました。 素晴らしい。 カッコいいと思いました。 しかし、ブラック企業群馬バスは自分におどしをかけてきました。 今頃になって、去年の御守りで懲戒して始末書を書けと言ってきました。 残念でしたと、解雇にする。バレバレである❗ これも撤回します。 次回の抗議活動は、絶対に参加します❗ とても羨ましいと思いました。

  2. 箕郷総合バスセンター、室田営業所、
    群馬バス本社ビル5時間にわたり怒り
    の抗議行動をやりきりました。
    群馬バス分会長を不当解雇した専務御
    園生は会社の中から1度も出て来ないで
    下っぱに2階からこそこそ録画をさせて
    いた。
    御園生は会社の違法を暴かれ追い込まれ
    た為に分会長を不当解雇した。
    群馬合同労組は絶対に許さない!

    中央タクシー社長宇都宮司も分会組合員
    に弾圧してきたが闘い抜き完全勝利へと
    進んでいる。

    ブラック企業群馬バスも不当解雇という
    弾圧に出て、副分会長には懲戒解雇をち
    らつかせ脅しをしてきた。

    ふざけるな!俺たちに弾圧、脅しは通用
    しない!

    私鉄総連群馬バス労組、交通ユニオン丸
    山組合は一人の組合員のために抗議行動
    出来ない、組合員を守らない、会社の御
    用組合、こんな物は労働組合ではない!

    群馬合同労組は一人の為に抗議行動、ス
    トライキ、デモ、何年も何回もやる組合
    だ。勝利するまで闘い続ける、勝利して
    も闘い続ける、これが労働組合だ。

    専務御園生のやりたい放題は許さない。
    必ず倒し解雇撤回するまで前進あるのみ。

  3. 今後、会社の不誠実な対応が続けば裁判か労働委員会での手続き、監督署の介入で全社員の過去2年分未払い残業代を付加金と金利を上乗せでの支払い命令がでることになる。もっちろん助成金を打ち切られることになるが、その前に団体交渉で素直に謝罪して未払い分を支払うと約束してもらい穏便に済む事を期待し労働争議になるまえに団体交渉を提案したが、その行為を会社側から拒否する形での宣戦布告の不当解雇。会社は組合からの話合いで解決を拒否して、これから長い全国の労働組合、世論との争議を選択した。

    働いた分の未払い賃金を請求したことに対して見せしめ目的の不当解雇なら、そのような行為をする会社を世間はどう評価するのか、そのような行為をすると会社はどういう結末になるのか、争議行動を長年続ければ世間もブラック企業として関心をもってくるだろう。

    群馬バスの皆さん、会社が未払い賃金をきちんと支払えば、このような事はしないんです。
    文句を言いたい方は、会社を恨んでください。

    社員の未払い時間外労働は、どこにいったのだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です