11・6日比谷・全国労働者総決起集会へ!

このエントリーをはてなブックマークに追加

11・6日比谷・全国労働者総決起集会へ!

11・6全国労働者総決起集会

11月6日(日)正午開会
集会後銀座をデモ行進
集会会場 東京・日比谷野外音楽堂
(日比谷公園内)
【呼びかけ】全日本建設運輸連帯労働組合関西地区生コン支部/全国金属機械労働組合港合同/国鉄千葉動力車労働組合/
国鉄分割・民営化に反対し、1047名解雇撤回闘争を支援する国鉄闘争全国運動

 

 

ブラック企業ぶっとばそう!10・23中央タクシー分会スト 高崎駅西口デモ貫徹!

「ブラック企業ぶっとばせ!」とスト・デモ

10月23日、群馬合同労組は中央タクシー分会が24時間ストライキに突入、会社の圧倒してスト突入集会を貫徹し、午後から団結集会デモを40人でうちぬいた。ストライキなど見たことも聞いたこともない人が増えたが、闘う労働組合の団結とストライキ闘争は多くの労働者市民に強いインパクトを与えた。

電通の「過労自殺」は殺人

電通の新人女性社員・高橋さんの過労・パワハラ自殺に関して、自殺の4ヶ月前に労基署が長時間労働について電通に「是正勧告」を出していたことが明らかになった。また3年前にも若い男性社員が過労自殺と認定されていた。

電通の高橋さんの労災認定を行った三田労基署は発症前1ヶ月の残業時間が約105時間に達したと判断したが、会社に残った記録では協定の範囲内(70時間)ぎりぎりに収まっていたという。残業を残業と認めないやり方、改ざんや詐欺的な労務管理。さらにパワハラ。これは殺人ではないのか?

長時間労働の強制ゆるさない!

労働時間を、労働時間として認めない、管理しないというやり方が目につく。
空港送迎乗合タクシーを運行する中央タクシーでは、タイムカードがない。就業規則でも規定されていたが、組合が追及すると就業規則を変えてしまった。さらには空港で待機する時間を、勝手に休憩時間だと主張しはじめた。すべては残業代を固定残業代で処理して、不払い労働を強制してきたからである。
群馬バスでは、終点到着から始発までの時間は、「中休」といって、基本的に休憩時間だと団体交渉で言った。しかし無理があるので、半分に計算して労働時間に入れると言うのだ。そもそも遅れが出ても管理していないしその分を支払ってもいない。この半分に計算するやり方で36協定の月80時間ぎりぎりに調整する。実際には過労死水準の月80時間をこえている。労働組合が闘わない結果だと言わざるをえない。
ウベハウス東日本では、職人が例えば朝6時に出勤して、会社のトラックに分乗して2時間かけて県外の工事現場に行くとする。この時間、運転していなかった、携帯をいじくっていた、居眠りをしていた…と言って、労働時間ではないと言い張った。(現在残業代を争って裁判中)
労働時間を労働時間として認めない、管理しない、それによって、過労死や事故をおこすほどの過重労働を労働者に強制する。これに当然にもおかしいと疑問をもったり、声に出したりすると、いじめられたり、パワハラを受けたり、解雇されたりする。

闘う労働組合を職場に取り戻そう

こういう状況で、労働組合が、労働者の団結の砦として、存在意義を示すことができるか?群馬合同労組に相談に来る労働者は、労基署に行き、県の労働局に行き、連合などの他の大きな労働組合に相談に行き、弁護士や政治家に相談し、最後に群馬合同労組に来る人が多い。闘う労働組合は労働者の力を信じて、闘いで展望を開く。ストライキはそういう闘いだ。

安倍政権の「働き方改革」ぶっとばそう!

いま安倍政権は、まるで労働者の味方でもあるかのように、「働き方改革」をかかげ、「長時間労働の是正」や「同一労働同一賃金」「最低賃金の引き上げ」と言っている。しかし、安倍がめざしているのは、日本を「世界で一番企業が活動しやすい国」にするということ。そのために労働者の権利を奪い取り、労働時間規制も含めて、規制を撤廃する労働法制の抜本的改悪を進めようとしている。

韓国の労働者のゼネストと連帯し、11・6全国労働者総決起集会に参加しよう!

資本主義は何の希望も展望も労働者民衆に与えることができなくなった。未来は苦しくなる一方だと誰もが思っている。世界中で労働者民衆の怒りが、1パーセントの富の独占者・権力者に対する闘いとして爆発している。その先頭に、日本では報道されていない韓国の労働者階級のゼネラルストライキがある。鉄道労働者の1ヶ月近いストを先頭にあらゆる産別の労働者がストライキを闘い、ついにパク・クネ大統領を打倒しつつある。
日本でも、労働者の怒りの爆発は必ず始まる。電通の女性の過労・パワハラ自殺は現場の怒りの激しさを示している。
問題は、労働組合。国鉄分割・民営化から労働組合の魂が抜かれて、役に立たなくなった。しかし、国鉄解雇撤回を軸に国鉄闘争は30年の勝利の地平で労働組合の展望を示している。ここに団結したとき、群馬合同労組中央タクシー分会のようにストライキがよみがえる。
11・6全国労働者総決起集会に、すべてのみなさんが結集することをうったえます。

群馬合同労働組合は一人でもOK!

群馬合同労働組合は、一人でも加入できる労働組合。加入すれば会社に要求を出して、いっしょに団体交渉を行うことができます。労働者は一人では弱い。しかし組合の仲間と団結すれば、決して負けることはない。組合に入ろう。

201601028%e7%b5%84%e5%90%88%e3%83%93%e3%83%a9-2-1

201601028%e7%b5%84%e5%90%88%e3%83%93%e3%83%a9-2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です