懲戒処分撤回!エム・エス・ジー包囲5・26デモへ!

このエントリーをはてなブックマークに追加

20160526MSGビラ

エム・エス・ジー(村山製作所)は
T組合員への懲戒処分を撤回しろ!

私たち群馬合同労働組合は、労働者ならば、だれでも、ひとりでも入ることができる労働組合です。
昨年8月に会社からパワハラを受けていると加入したTさん。太田市下田島町にある食品トレーを販売するエム・エス・ジー株式会社(製造は村山製作所)の営業職です。
このT組合員に対して、エム・エス・ジーは、今年4月28日付で、「5月分給与から5373円を減額する」なる「懲戒処分発令書」を出しました。
「パワハラでそううつ病に追いやられた」と裁判で争う決意まで固めているTさんに対して「反抗・言い訳を執拗に繰り返した」「会社や上司に対する誹謗中傷を繰り返した」「改善する意思を明確に示さない」などと言うのです。
さらに「労働あっせんを拒絶した」「労働組合の一方的な主張を記載した文書を本社前…にて配布した。」などと労働組合として当然の活動までも懲戒の理由にしています。
しかも「処分発令後の処置」として、さらに「始末書の提出を命じます」「処分に従わず、反省及び改悛の姿勢が見られない場合は…懲戒解雇処分とします」と通告しました。

群馬合同労働組合は、処分撤回を求めてとことん闘います。解雇できるならしてみろ!パワハラで病気においこまれて、「パワハラ」「ブラック企業」と言ったら「誹謗中傷」「反抗・言い訳」だと言いなし、反省しないなら懲戒解雇だと脅す。労働者は奴隷じゃないぞ!労働者は一人では弱いけれど、仲間がいれば闘える。そして闘ってこそ、生きる力と希望を手にすることができるのが労働者。
労働者の怒りはいまや爆発寸前です。問題は、現場の労働者の怒りに寄りそって、ともに闘う労働組合を取り戻すことです。群馬合同労働組合に入って、みなさん、いっしょに闘いましょう!

懲戒処分撤回!エム・エス・ジー包囲5・26デモへ!」への6件のフィードバック

  1. 3月のビラまきで迷惑していると、サイボウズで抗議した人がいた。

    処分されるのは部下を病気に追い込んで組合、弁護士まで介入される原因を作った方でないか。密告していた事が原因で、ここまで問題が大きくなった社員でないのか。

    自分の権利ばかり主張しているのでなく、不当な事をされたに対して、会社が誠実に対応してくれないから、抗議しているだけ。
    理由もなしに、ビラまきする人間でない。

    迷惑だから労働抗議しないでくれというのなら、会社に不当労働行為を辞めるように言ってほしい。

    社長から以前、組合が入れば、会社がいう事を聞くと思っていたのかと言われた事がある。

    不当労働行為をするなら組合がビラまき、デモをすることぐらい通告してある。
    それでも、不当な減給をしてきた。
    だから労働争議行為を行った。
    誰が悪いか、考えてほしい。

  2. 昨年から進めている就業規則の変更に対してサイボウズで理由を述べて反対していたら、社長にたのまれたという管理職に倉庫に呼ばれ、就業規則の変更に反対をしないでくれ、就業規則変更後に社員の平均的な給料の減給をする計画がある、その前に就業規則の変更が必要、だからサイボウズに意見を書き込まずに黙っていてほしい、などと長時間説得された。

    サイボウズでの就業規則変更で意見のある人は書き込んでほしいと言われたので、意見を書き込んだら、陰ではしゃべるなと圧力をかけてきた。

    無視してサイボウズで書き込んでいたら、サイボウズでの書き込み禁止(4月2日に撤回)、GMで意見を控えないと出勤停止にするぞなどと脅された。

    意見を言えない雰囲気にしてから減給、30分以下切り捨てのサービズ残業、社員の健康を無視してまでもパワハラ指導の容認などを企んでいるように思う。
    これからは、社長の取り巻きの社員以外は、奴隷みたいな扱いされても文句言えない会社になるだろう。(そのように進めているのだろう)

    このような事をされ意見をいうと潰しにかかるのが会社(利権を離したくない立場の管理職)。

    一人で戦っても、限界がある。

    会社は、社員が団結するのを恐れている。
    社員が団結すれば不当な扱い、差別的な扱いに対しても、皆で抗議して戦える。

    パワハラ、待遇などで悩んでいる方、私か群馬労働組合に相談してください。

    何もしなければ、何されても抗議できないまま、辛い毎日を過ごさなければなりませんよ。

  3. 会社も激甚に反応しましたね。声をあげて立ち上がった労働者を病気に追いやろうとクビにしようと平気な会社に対して、労働者は団結して、徹底的に「迷惑な」ことをやる。それこそ労働者がつながる道。とことんやってやりましょう!

  4. 本当に天気に恵まれた、門前デモ、行進が出来ました!
    社内から、動画撮影している おっさん!
    2階から、状況の報告をしている おばさん!
    あなた方は、会社側の人間として、闘争に参加する人間だと判断します。
    5月31日、団体交渉が開催されることが決定したとのこと。
    社長が言っていた、たくさんの社員の参加!
    期待してますよ!
    まさか、社長1名なんて事ないよね。
    徹底的に懲戒にかかわる、事実手続き、関係者についてヒヤリング追及して、真相を究明していく!

  5. 始末書、懲戒処分発令の理由となる証拠を出さない理由が、既に組合に証拠を提出したので、裁判では提出しないなどと回答したのには飽きれた。正当な要求をした事に対して、何ら法的根拠もない懲戒処分で黙らせようとしていたのだ。
    だから裁判で証拠もだせなく、すんなりと懲戒処分の撤回を認めた。
    減給された分は、給料遅延による法定金利をつけて支払ってもらう予定。

    正当な意見でも会社に都合悪い、正当な意見や要求をする社員はパワハラで恫喝し、それでも辞めないなら言いがかりをつけた法的な根拠もない懲戒処分を発令し、その社員を不良社員との印象を周りに植え付けて孤立させ、追い出そうとするような会社である。

    社長に気に入られようとして追い出しに協力した社員、辞めずに、遂に裁判闘争まで行ったよ。
    残念でしたね。

    追い出しに協力する社員の行為は、損害賠償請求の対象になる可能性の内容もあることを伝えておこう。
    今後のために、証拠はとってある。

    事務所で2時間以上の叱責、「頭おかしんじゃないか」「会社におる意味ないやんか」「草刈りしているか」などの暴言を指導と捉えている会社である。
    机をバンバン叩く行為をした管理職を擁護するような会社である。
    事務所で、皆がいる前での2時間の叱責、暴言が指導と捉えた会社である。

    メールを誤送信で2回送った事に対して、わざわざ、他の営業にも間違いメールを「これ、間違いメールですか?」などとCCで送る行為がパワハラ行為になることが理解できていない会社である。

    辞めた社員か、今いる社員が内部告発したかは不明だが、今月末に監督署から、就業条件について呼び出されるようだ。

    監督署には給与規定、就業規則、直近3ヶ月のタイムカード、賃金台帳、労働条件通知書、変形労働時間の書類などを提出するように通知されたようである。

    就業規則での有給は半年勤務で5日になっているが、法律は10日付与である。入社の時期によっては、1年目は有給が付与されないような内容の就業規則である。
    グループミーティングなどでも説明を訴えた社員もいたがが、無視されたままである。
    もし有給付与が間違いなら、4月に入社した新入社員は6日目の欠勤からは有給でなく、給料から欠勤分の賃金が引かれるのである。間違いの疑いがあるので調査してほしいと訴えたのに、忙しいを理由に調べもしない。
    法律では有給で処理できるはずが、会社の規定が間違っていれば賃金から引かれてしまうことになる。
    分かりにくいので説明してほしいとサイボウズで書き込んでも、すぐに削除されてしまう。
    間違いかどうか分からないので調べて欲しいと数名訴えているが、なぜ、調べもしないのか不明である。

    監督署からの労働法違反疑いの調査、未払い賃金裁判、パワハラ裁判を社員から提訴され、外部の労働組合も介入されるような会社である。
    それでもブラック企業でないと言い切る社長、どう見てもブラック企業と思いますが。

  6. 入社して2ヶ月で3万円の減給をされた。
    過去に、他の課の課長(今は部長)から、事務員の前で、大声で馬鹿呼ばわりをされても、双方の事情を聞かずに馬鹿呼ばわりされる部下が一方的に悪者にされるような会社である。

    上司に数回愛社精神をもつように強要されたが、高給でもないのに理由にもならない言いがかりで3万円も減給され、馬鹿呼ばわりするような会社に対して愛社精神を持つほどお人好しでない。

    出張手当の法的手続きを無視した不利益変更、就業規則変更届け出の代表社員の承認は、正当な手続きをせずに会社がお願いした社員が代表社員でサインをしている(違法な就業規則の届け出)、減給、解雇を匂わせての法的根拠のない始末書の強要と懲戒処分命令、裁判をあきらめさせようと陰では「気持ち悪いと思われている事に対して、改善する方法を文章で提出しなさい」などの強要。会社には都合悪いが、正当な意見や要求をする社員に対して平然と、このようなパワハラを行う会社。

    昨年のデモ後、総務人事課長自らが、田部井を退職させる署名を集めるような会社である。
    法律で認められている労働争議行為に対してである。
    総務人事の課長が、率先して違法な解雇の署名を集で社長に要求しているような会社である。
    このような行為が、大問題になることを認識してない社長も理解できない。
    ニュースになれば、かなりブラック企業として叩かれると思う。

    昨年の退職者は、新卒も含めて結構多かったように思う。今後、会社のブラック体質が少しずつ暴露されてくれば、さらに退職者が増えないか心配もしている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です