10・15高崎団結デモやりぬく!総選挙で戦争反対の意思示し11・5全国労働者総決起集会へ!

10・15高崎団結デモやりぬく!総選挙で戦争反対の意思示し11・5全国労働者総決起集会へ!

 

 

 

雨がふりしきる10月15日(日)、オーパの開店、駅西口の新装オープンでにぎわう中、群馬合同労組と仲間たちは「ブラック企業ぶっとばそう!戦争絶対反対!高崎団結デモ」と街頭宣伝行動を、17人でやりぬいた。

デモ申請のときに、この日はオーパ・イオンの開店で、周辺はたいへんな渋滞と混雑になる、群馬町のイオンの時は数万人の人手で渋滞が17号国道まで続いたなどと警察から脅された。実際に高崎市は遠くはなれた高崎市場周辺に臨時駐車場を設置して臨時バスでのピストン輸送の体制をとった。デモが進まないと困るということで宣伝カーなしで歩道を主に歩くデモ申請に切りかえた。結果はひょうしぬけのガラガラだった。郊外のモールにくらべれば敷地面積も入居店舗も少なく、駐車場も不便な駅前モール。わざわざ開店にかけつけるという人はそんなに多くはなかった。特に家族連れがそんなに来なかった感じだ。

おまけにあいにくの雨。用意したビラの山も、なかなか減らない。こちらも展開の仕方がつかめない。ここで雰囲気を変えたのが、わが群馬合同労組仮装軍団の登場であった。どうせデモやるのなら、人寄せ含めてハロウィーンでもあるし、仮装してデモしたいと、組合員が言い出した。まぁいいんじゃない?となったら、4人の仮装部隊ができあがった。子供をこわがらせてはいけないと、あめ玉を配る配慮も。

スピーカーも聞こえるように近づける。

ブラック企業ぶっとばそう!戦争絶対反対!の訴えは、確実に聞く人に共鳴をもたらしている。そういう実感、確信がある。選挙で安倍を倒そう!戦争絶対反対の候補に投票しよう!とよびかける。

デモは高崎駅西口のロータリーから東口まで、およそ1キロあまり。とりわけ群馬バスをだんがいし、労働者にともに闘おうと声をあげた。

 

 

   ブラック企業ぶっとばそう!

   戦争絶対反対!

   本日15時高崎駅西口デモへ!

 

ブラック企業ぶっとばす闘いがはじまった
連合ができて、労働組合が会社と闘わなくなって30年。ブラック企業がはびこり、
労働者をパワハラと長時間労働で殺している。だけど労働者は、奴隷じゃあない。
中央タクシーで、群馬バスで、○○や☆☆で、労働者が群馬合同労働組合に加入
して、闘いを開始した。そしてつかんだ結論。労働者がハラをかためてたち上がれ
ば、群馬合同労組に入って闘えば、ブラック企業はぶっとばせる!
安倍政権の「働き方改革」で、過労死とブラック企業は間違いなくふえる。
労働者の職場での団結と闘いだけが、労働者の生活といのちを守る。
群馬合同労働組合に加入しよう!

衆院選は戦争絶対反対の一票を!
10月22日の衆議院選挙は、大事な選挙。
北朝鮮への「軍事制裁」は、核戦争の引き金をひくこと。
改憲は日本が戦争できる国になる道。改憲の政党への投票は、
戦争へのゴーサインに同意すること。あなたにその覚悟が、本当にありますか?
戦争絶対反対、改憲絶対反対の意志を衆議院選挙で示しましょう。
しかし、そんな政党が本当にあるのか?
なければ、つくりましょう。
群馬合同労組は、東京8区(杉並区)から立候補した斎藤いくま(29)・全学連委員
長を推薦しました。国家権力とからだをはって、戦争絶対反対で闘う仲間です。
基本は職場・学校・地域の中から団結をつくること。政治家に未来をたくす、なんて
いうあり方がダメなんだ。自分たちの力に私たち自身が目ざめること。ブラック企業を
ぶっとばす力をつくりだすこと。

本日15時、高崎駅西口からデモ!
そんな思いで、私たち群馬合同労組は、本日10月15日
(日)15時、高崎駅西口からデモ行進を行います。
ぜひ、みなさんもいっしょに歩きましょう。

 

 

 

アメリカ・トランプ政権は、はっきりと「軍事的制裁」=戦争を明言している。これを単なる「圧力」だと考えるのは間違いだ。実際に「訓練」「圧力」と称して、米軍兵力の集中を開始し、さまざまな実戦的訓練が強行されている。沖縄や日本でも米軍ヘリの墜落や事故が頻発しているが、これは偶然ではない。韓国に駐留している米軍や政府・民間企業等の家族の避難の「訓練」もはじまっている。

トランプと「個人的信頼関係」で結ばれる安倍は、年末から年明けに米軍が北朝鮮への先制攻撃でキム・ジョンウンを殺害して、反撃能力を一挙に撃滅する軍事作戦の構想を知らされていると考えるべきだ。「国難突破解散」といった意味を櫻井よしこはあけすけに語っている。戦争が始まってからでは遅いのだと。Jアラートの意味もそうすると明確になる。

「自由貿易」「関税障壁の撤廃」「規制緩和」「グローバリズム」という新自由主義のやり方でアメリカの利害を他国に押しつけてきたアメリカ。そのやり方がはたんして、今度は保護主義と排外主義、軍事力と戦争で世界支配を再編するしかなくなったのが、トランプ政権の登場である。そのアメリカの危機は、とりもなおさず戦後の日米安保同盟にのっかった日米関係の危機であり、日本の存立の危機だ。

安倍のいう「国難」も本当はここにある。

そしてこの危機の爆発が、朝鮮半島・38度線をめぐって、はじまったのは決して偶然ではない。

そもそも日本の植民地とされた朝鮮半島。日本のポツダム宣言受諾により、米ソの軍事占領下におかれるが、その境界線を38度線としたのはアメリカとソ連だった。その後、朝鮮人自身による統一国家樹立の闘いはアメリカとソ連に弾圧されて、かいらい独裁政権が南北につくられた。その中で1950年6月25日朝鮮戦争がおこり、半島は戦火で焼き尽くされる。そして1953年7月停戦協定が結ばれる。ここでは第60項として「朝鮮問題の平和的解決を確保するため、双方の軍司令官は、双方の関係国の政府に対して、休戦協定が署名され、効力を生じた後3カ月以内に、これらの国の政府がそれぞれ任命する代表により一層高級な政治会談を開催してすべての外国軍隊の朝鮮からの撤退、朝鮮問題の平和的解決その他の諸問題を交渉により解決するよう勧告する」と規定した。ところが、アメリカはこの政治的解決をサボタージュ、停戦協定調印1カ月もせずに「米韓相互防衛条約」に仮調印、米軍の南朝鮮駐留を宣言して、ソ連、中国、北朝鮮に対する核攻撃拠点として在韓米軍を強化してきたのだ。

いったいどちらが「ならず者」なのか?

アメリカは日米安保条約のもと、沖縄を1971年まで米軍占領下におき、核ミサイル1300発を配備して、38度線を最前線とする戦場と対峙してきた。それと一心同体でやってきたのが日本の戦後歴代政権。

この38度線が崩れようとしている。

一方でソ連の崩壊、中国スターリン主義の危機。

そして何より韓国の労働者民衆の闘いが、1987年に軍事独裁政権を打倒し、そして昨年来の闘いでパク・クネ大統領を打倒して、アメリカを追いつめている。櫻井よしこは韓国のこの「革命的変化」が日本の「国難」の理由だとしている。

安倍を倒そう。戦争絶対反対でたち上がろう。

戦争絶対反対の意思を総選挙でたたきつけて安倍を倒そう。

東京8区・杉並区から全学連委員長・斎藤いくまを当選させよう。

韓国の民主労総の労働者が示したように、労働者が団結して職場で闘うことが戦争をとめ、政治を変える道である。労働者の国際的な連帯こそがいま求められている。北朝鮮の労働者民衆も、キム・ジョンウン独裁政権に対して命がけで闘っていることは間違いがない。

11・5全国労働者総決起集会に全力で集まろう。韓国・民主労総の訪日団とともに集会・デモを成功させよう。

10・15ブラック企業ぶっとばそう!戦争絶対反対!高崎駅団結デモ★西口15時!

10・15ブラック企業ぶっとばそう!戦争絶対反対!高崎駅団結デモ★西口15時!

ブラック企業ぶっとばそう!

安倍も小池もぶっとばそう!

世界の労働者の闘いで戦争も原発もぶっとばそう!

★★★

残業時間月100時間、運輸建設は上限なし、残業代ゼロ。

テレワークという無規制労働に、副業当たり前。

こんな「働き方改革」もぶっとばそう!

 

 

群馬合同労組よびかけで、断固うって出ます!

13日に高崎駅西口のイオン・オーパが開店するのでかなりの人手が予想されています。

13時集合で街頭宣伝をやって、15時からデモ出発です。

真っ向から闘う労働組合の旗をかかげて呼びかけたい。

もちろん群馬バスに抗議と闘う意志をたたきつける。

結集をお願いします。

 

 

 

群馬バス分会、第二次救済申立と門前抗議行動にたつ!

群馬合同労組は、9月29日に、群馬県労働委員会に対して、株式会社群馬バスの不当労働行為の救済命令を求める新たな申立を行った。今年(2017年)5月9日にM分会長の解雇撤回の申立を行い、すでに2回の委員調査が行われているが、今回、新たに4つの不当な差別的取扱いについて、群馬県労働委員会の救済を求めたものだ。

群馬合同労組は、今回の不当労働行為救済申立で、群馬バスの「不当労働行為意思」を証拠をあげて明確にさせる。そして不利益取扱いについて、すべてなかったものとして、不利益の原状回復を行わせる。

 

今回の申立の柱は、群馬バスが今年の4月以降の雇用契約書の中に「誓約事項」として次の文言を付け加えたことだ。「日本国憲法施行の日以後において、日本国憲法又はその下に成立した政府を暴力で破壊することを主張する政党その他団体を結成し、又はこれに加入いたしません。」「日本国憲法施行の日以後において、日本国憲法又はその下に成立した政府を暴力で破壊することを主張する政党その他団体の傘下、下部組織又は影響下にある組織に加入いたしません。またそれら組織の構成員又は支持者と契約行為はもとより、関与、接触いたしません。」。会社の管理職や、群馬バス労働組合の役員などが「群馬合同労働組合は過激派」などとふれ回っている現状で、群馬合同労組とつきあったら解雇されるかもと従業員を不安におとしいれるものであり、明々白々たる不当労働行為である。群馬合同労組の追及に追いつめられた会社は、第3回団体交渉で「犯罪組織等を想定している」「当社は、公共交通機関という公共性の顕著な業務に携わる立場にあり、行政庁より補助金等の援助を受けていることなどから、公務員の欠格事由に準じた事由を設けるべき」などと苦し紛れの説明をした。しかし犯罪組織等を想定した「反社会的勢力」という規程はすでに以前から就業規則の中に加入・関与・接触を禁ずる規程が存在している。また補助金などはこの会社が設立したときからもらっている話。なぜこの4月からなのか、群馬バスは人を納得させる説明が全くできないでいる。

状況があやしくなったことを悟った会社と代理人の対応が、第3回団交から、明らかに変化している。労働委員会を意識して、「誠実な交渉態度」を必死に演出している。しかし団体交渉の中で、会社の不当労働行為意思はますます明らかになっている。

O副分会長に対する停職7日の懲戒処分、法定外休日の休日出勤を本人の希望を無視して差別的に業務をはずす兵糧攻め、そしていったんは第1回団体交渉で賃金規程や36協定など会社の書類の提出を約束しておきながら、一方的に言いがかりをつけて一転して提出を拒否した問題…。群馬合同労組はこれらを絶対に許さない。ホテル1C、中央タクシーに続いて群馬県労働委員会で勝利する。

 

第二次申立に先だって、9月25日(月)、群馬合同労組は、朝から群馬バス総合バスセンター(箕郷営業所)、貸切バスセンター、榛名営業所の3か所に対して、解雇撤回闘争を闘うM分会長、懲戒処分に負けずに闘うO副分会長、この夏新たに結集したT組合員、分会を先頭に15名で抗議行動にたち上がった。たくさんの群馬バスの労働者からエールが送られ、手応えが伝わる。何より、群馬バス分会の仲間が、堂々とマイクをにぎって、怒りにあふれて会社をだんがいし、仲間に闘いを訴えたことが重要だった。

 

 

さらに同じ9月25日の午後からは、M群馬バス分会長の解雇撤回を争う労働委員会の第2回委員調査が開催された。会社は管理職6名と代理人弁護士3名の9名。群馬合同労組は補佐人11名の参加。ここでもバチバチと闘いの火花が散る。

 

第3回団体交渉にあたり、群馬合同労組は、18個の要求を出しているが、貸切バスセンターの清掃時間の問題についての会社の回答を掲載する。

「当社は、帰庫後40分については、車両清掃等の作業がその時間内に終了していようとも作業時間として取り扱っています。車両清掃等の作業が40分を超過することが見込まれる場合については、当番運行管理者に申告されれば実労働時間を作業時間として取り扱うことにしています。以上のとおり、車両の清掃等に関する未払賃金は発生していません。」

貸切バスセンターの運転手・ガイドのみなさん。会社の言う通り、たとえ一分一秒でも、サービス残業は拒否しよう。働いた時間は残業時間として申請しよう。

九州ではさせぼバスの運転手が「待機時間は休憩ではない」と会社を提訴した。また長崎バスユニオンの労働者がはやり組合つぶしの処分撤回を求めてストライキにたち上がっている。全国でバス労働者がもうガマンならないとたち上がりはじめた。問題は闘う労働組合を取り戻すこと。すべての群馬バスの労働者のみなさん、群馬合同労組に入って、ともに闘いましょう!