国土交通省が貸切バスの抜き打ち街頭監査、35.5%が違反

国土交通省が、軽井沢スキーバス事故を受け、緊急対策として貸切バスを対象とした街頭監査を実施した。本年1月21日から3月中旬にかけて、全国において計242台の貸切バス車両を対象に街頭監査を実施した結果、うち86台(35.5%)の車両について法令違反が確認されたとのこと。労働組合の安全のための闘いが必要だ。

http://www.mlit.go.jp/report/press/jidosha02_hh_000240.html

http://www.mlit.go.jp/common/001127491.pdf

平成28年4月13日

自動車局安全政策課

軽井沢スキーバス事故を受けた街頭監査の実施結果について

国土交通省では、軽井沢スキーバス事故を受け、緊急対策として貸切 バスを対象とした街頭監査を実施しました。本年1月21日から3月中 旬にかけて、全国において計242台の貸切バス車両を対象に街頭監査 を実施した結果、うち86台(35.5%)の車両について法令違反が確認 されました。具体的には以下のとおりです。

1.貸切バス事業者に対する街頭監査の結果について 1月21日から3月中旬にかけて、全国の貸切バス乗り場等、のべ38か所 において、国土交通省の監査官が抜き打ちで出発前のバスに立ち入り、運転者 の健康状態、交替運転者の配置状況、運行指示書の作成状況等について確認を 行ってきました。 その結果、242台に対して86台(35.5%)の車両に法令違反を確認しま した。詳細は添付資料(別紙1)のとおりです。 なお、2月3日に、法令違反が多い事項をリスト化したチェックシートを全 事業者へ配布し、運行前に事業者自らが最終確認を行い法令遵守を徹底するよ う通達しました。また、街頭監査時に法令違反が確認された場合は、速やかに 改善指示を行い改善の確認を行うとともに、その他の運行についても法令遵守 を徹底するよう通達しました。 法令違反指摘率について、通達前は46%、通達後は23%でした。詳細は 別添資料(別紙2)のとおりです。

2.監査実施後の措置 街頭監査において法令違反が確認された事業者に対しては、監査実施日か ら原則30日以内に呼出監査を実施し、呼出監査時点において、同様の違反 事項が全て改善されたことを確認しています。

街頭監査については、今後と もゴールデンウィーク等の多客期を捉え、引き続き行うこととしています。

 

 

20160414jyoumou

某社が新入社員に提出させた「誓約書」がひどい

某社が新入社員に提出させた「誓約書」がひどい。

そこには①として就業規則その他規程の遵守義務を履行することを確認した上で②採用条件に違反する行為があった場合は解雇されても異議を申し立てない③試用期間ののちに従業員と不適格と認められた場合は正式採用を取り消されても異議を申し立てない④「故意又は重大な過失により」与えた一切の損害については賠償の責を負う、などとある。

さらに同時に提出を指示された「身元保証書」がまたひどい。

「身元保証人として会社の就業規則及び諸規定を遵守して勤務することを保証する」「万一、本人がこれに違反し、あるいは故意又は重大な過失によって貴社に損害を与えた時は、本人はもとより、私共も連帯してその損害を賠償する責任を負担する」。

 

このような「誓約書」を提出したとしても、もし解雇(もちろん「正式採用取り消し」を含む)されたときに、解雇が不当であれば、異議を申し立てることは当然の権利であり、会社が「誓約書」を根拠にそれを禁止したりすることができるわけがない。「異議」の方法が、組合の加入と要求書であろうが、裁判であろうが、労働者・人間としての基本的な権利を、会社の一方的な(新入社員が提出を拒否することは不可能に近い)「誓約書」ひとつで剥奪できるわけがない。

また就業規則だって、会社が一方的に決めて、ほぼ勝手に変えることができる。ときには違法であったりもする。そんなものに、ただただ従えという方がおかしいのだ。

そうであれば、この「誓約書」の意味は何か?「おまえは会社の奴隷になったんだ」、何があっても会社にさからってはいけない、さからってクビになっても文句は言えないんだと、労働者を自己暗示にかけるということ。こんな職場の先にあるのは、うつ病、過労死、自殺…の地獄。黙っていてはいけない。新入社員、試用期間の身であっても、おかしいことはおかしいと声をあげるべきだ。群成舎の闘いを見てほしい。闘えば必ず勝てる。未来のためにこそ、闘う労働組合に加入して闘おう。