軽井沢バス事故 事故責任を運転手に押しつけるな!

このエントリーをはてなブックマークに追加

軽井沢バス事故から今日で一年。

メディアはこの日「運転ミスと断定」「死亡した土屋運転手も、自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致死傷)の疑いで容疑者死亡のまま書類送検」(朝日新聞)などと一斉に報じた。政府・国土交通省、警察は死人に口なしとばかりに運転手のミスに責任をかぶせた。

私たちは、絶対にそれを許せない。土屋運転手は、明らかにフットブレーキを踏み込んでいた。それでもブレーキがきかない状況で全身全霊をかけて車体を制御し、事故を回避しようとしていたことは明らかだ。

実際に事故現場を訪れたらわかる。事故現場は、旧碓井峠の国道ではなく、バイパスだ。登り坂を終わって峠を過ぎたの二つ目の下り坂のカーブ。フットブレーキがきけば、素人だって事故はおこさない。

国土交通省のホームページに「軽井沢スキーバス事故対策検討委員会」の記録がある。事故から半年の間(6月3日まで)に10回の委員会が開かれている。規制緩和、営利優先によって、さまざまな問題が明らかになっている。ご遺族の方々の尽力も大きかったろうと思う。しかし本当の事故原因が明らかになっていない。

昨年末に国土交通省に問い合わせた。本当の事故原因は特定されたのか?調査はどうなっているのか?と。国土交通省は、事故原因調査は長野県警が担当だ、そちらに確認してくれといった。長野県警本部に電話した。それは軽井沢警察署が担当だといった。軽井沢警察署に電話したら交通課に回された。結局個別に話すことはできない。メディアに発表する以上のことは話できないとのことだった。これは、運転手のミスにされて、闇に葬られるなと思った。その通りになった。

「下り坂で速度を出し過ぎたため、ギアを低速用に入れられず、エンジンブレーキやその働きを補助する排気ブレーキが利かない「ニュートラル」の状態になった。事故直前にブレーキを踏んだ形跡があったが、十分減速できなかった、との見方を固めた。」…これは本当にとんでもない濡れ衣だ。フットブレーキがきけばあんな事故になるわけがないのだ。

群馬合同労組組合員のドライバーは、以下の見方に同意する。

「そこで問題になるのが(ブレーキ)エアで作動する部分の凝水です(空気タンクには水が溜まる)…30年程前よりエアドライヤという除湿装置が装備され凝水はほとんどなくなりましたが全くゼロでははありません。…外気温は低かったでしょうから凍結することは十分考えられます。坂を下り始めて排気ブレーキなりクラッチなりフィンガーシフトなりを操作した際にエアが流れ氷の固まりがどこかに詰まったと考えられます。」「エアブレーキ系の配管が凍結したことによる事故であれば、溶けた時点で原因全くわからなくなる。しかも全て正常に見えてしまう。」(http://bylines.news.yahoo.co.jp/kunisawamitsuhiro/20160125-00053801/

こういう見解は早くから出されていた。十分な検証は、国土交通省と長野県警の対応から判断するに、まったくされてはいない。結局、運転手のミスに責任はなすりつけられ、一時的に対策・規制が強化されてもブラック企業がこれからも安全に力を入れることはない。

事故で亡くなった青年が、『社会を変えるには』という遺品の本を残していた。韓国ではセウォル号の犠牲者の遺族、生き残った友人たちが、パク・クネ大統領打倒のデモの先頭にたっていた。問題は労働者がつながり声をあげること。やはり現場のドライバー、労働者が、自分たちで声をあげるしかない。群馬合同労組、合同一般労働組合全国協議会は、一人でも入れる労働組合。ともに声をあげて自分と乗客の命を守ろうと呼びかける。

軽井沢バス事故 事故責任を運転手に押しつけるな!」への9件のフィードバック

  1. 行政に任せても何も変わらない。
    法律も資本(会社)の為の法律しか
    作らない。
    闘う労働組合が団結して世の中を
    変えるしか労働者が助かる道はない。
    勇気ある労働者共に立ち上がりましょう。

  2. 警察の見解が正しいと思います。そもそもこんな下り坂の頂上でで高速ギアに入れること自体あり得ません。そもそもそこが不慣れによる速度超過の第一原因です。そこから下りをどんどん加速していくなか、ブレーキが効かなかったのではなく、踏めなかったと推測します。なぜなら、シフトダウンできない速度でシフトダウンしようと必死だったのでは?事故現場手前で急ブレーキをかけた痕跡もあるようです。運転手のミスというより、技量のない人に乗せたバス会社の問題でしょう。残念ながらバスの故障ではありませんよ。

  3. 水谷さんの投稿について

    現場のブレーキ痕とされるものを確認されたでしょうか?
    急ブレーキならば、タイヤパターンがはっきり写し出されるのは、おかしくないですか?
    ブレーキが正常に効いている状態であれば、線上につくはずです。
    これは必死でハンドル操作で事故を回避しようとし、大きく揺れ、片側に過重が掛かった状態のタイヤ痕だと思います。
    ブレーキが正常に作動していたなら、250メートル手前で高速で走る映像の説明出来ません。
    三菱エアロクイーンは、フルエアブレーキで、下記リンクにエア系統の凍結が原因ではないかという整備士さんの投稿があります。参考までに

    だいたい車両の故障の疑いがあるにも関わらず、製造元である上田にあるの三菱ふそうに持って行く事自体、捜査として如何なものかと思います。

    参考Yahoo!知恵袋
    pandadreamさんの回答
    http://m.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/q10154774730

    • ブレーキ痕を素人判断でどうこう言っても意味がありません。警察の検証でブレーキは効いていて多少減速もしているとありました。それがおかしいというなら科学的な根拠が必要です。根拠が無く見た感じおかしいというだけでは誰も説得できません。問題はなぜこんなに加速してしまったのかという事です。本来このくだりを50キロ程度で降りていくなら5速の高速側のギアには入れません。4速で下りていけばいいのです。5速以上に入れないとこんなに加速はしません。心理的にも乗客を多数乗せて急ブレーキは踏みにくいと推測します。早い段階でブレーキを強く踏めれば減速していたかもしれませんが車内は悲鳴の嵐です。機械の使い方のわかっていない人に操作させた為の典型的な事故だと思います。

      • 「1月17日放送 テレ朝サンデースクランブル」で「法科学鑑定研究所 交通事故鑑定人 熊谷宗徳」さんは現場検証で次のように指摘しています。

        『「転落地点前」、「左ガードレール接触地点前」共に、そのタイヤ痕の形状はブロック型であり、それはブレーキをかけていないタイヤ痕であることははっきりとしています。』

        しかし、警察は「バスは急ブレーキをかけた。」と矛盾する方向性を示しました。警察の検証結果は専門家から見てもおかしなものです。

  4. 軽井沢バス事故に関する動画です。ブレーキランプははっきり点灯しているし、ドライバーが必死でハンドル操作しているのがわかります。

    https://www.youtube.com/watch?v=82Coeznk3iQ

    こちらが事故現場付近を走行する車両から撮影した動画です。特に運転がむずかしいような場所ではないことがわかると思います。ブレーキがきけば、運転の技量なんて関係ない場所です。

    https://www.youtube.com/watch?v=uD0SE2gutsQ

    こちらは「軽井沢のスキーバス事 故の原因はエアブレー キ系の凍結か?」と題して見解を動画にしたもの。

    https://www.youtube.com/watch?v=dEo8KaX_2kw

    こちらはタイヤ痕の写真

    https://www.google.co.jp/url?sa=i&rct=j&q=&esrc=s&source=images&cd=&cad=rja&uact=8&ved=0ahUKEwja4ZH4r5jSAhVDgLwKHZ6lA8IQjRwIBw&url=http%3A%2F%2Fsayuflatmound.com%2F%3Fp%3D19743&bvm=bv.147448319,d.dGc&psig=AFQjCNE2Gt30yU8UJt_1XLdHNrOR3sfWPA&ust=1487463599221309

    警察も国土交通省も当初の見解を繰り返しただけでドライバーの技量の問題で終わらせています。事故をおこした車両が車体のそこが腐食して穴が開いていて「使用は危険」と烙印を押されたものを承知でバス会社が購入し、そのまま使用していたこともNHKスペシャルが報じただけで、問題にされていない。問題をえぐり出そうとする姿勢は皆無です。ブレーキのエアーの凍結という指摘は当初から一部出ていたわけで検証もした跡がないというのはやる気がないというしかありません。

    ドライバーはうかばれません。

  5. 運転手に責任を押しつけるな!
    その通りです、土屋運転手は被害者です!

  6. ミスで送信されてしまったので、続けて記載いたします。
    被害が起こった直接原因は車両の路外転落によるものです。
    バスがガードレールを突き破って、転落した、悪いのは運転手だ、管理が悪いのは、バス会社だ、経営者だと言う主張ですが、実体は全く違います。
    直接原因は、ガードレールの管理欠陥放置、道路法30条違反、国の責任になります。
    当社、ツツイ電子では、ガードレールの倒壊状況に疑問を持ち、独自に調査を行いました。その結果、道路法30条違反状態であることの物証を確保しております。
    「ツツイ電子」または、「軽井沢バス転落 ガードレール欠陥」で検索してみて下さい。
    結果は、公開しております。
    事故調査委員会には連絡済み、高崎河川国道事務所には、内容証明で調査結果を報道機関に公表するように要請しておりますが、未だに動きはありません。
    このままでは、被害者が加害者とされて、同じ事故がこれからも起こります、防止するためにご協力を。

    • コメントありがとうございます。安全の問題は、労働者市民の視点で、さまざまな角度から問題を提起していくことがとても大切ですね。今後ともよろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です