韓国民衆ゼネストと連帯して 闘う労働組合をともに作ろう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

20161130%e7%b5%84%e5%90%88%e3%83%93%e3%83%a9-2-1

20161130%e7%b5%84%e5%90%88%e3%83%93%e3%83%a9-2

 

 

韓国民衆ゼネストと連帯して 闘う労働組合をともに作ろう!

 

本日韓国で大統領打倒へ民衆ゼネスト!

本日韓国ではパク・クネ大統領の退陣を迫る民衆ゼネストが行われています。労働組合がストライキに入り、大学生、商店や農民もともにストライキに入って、パク・クネ退陣を叫んでいます。
毎週末、100万人をこえるろうそく集会とデモが繰り返されてきました。これに押されて昨日、パク・クネは任期前の辞任を表明しましたが、全く反省のない居直りです。民主労総は30日を「ゼネストと市民不服従の日」として即時退陣を要求してゼネストを闘っています。
私たち群馬合同労働組合は、これと連帯して本日高崎でデモを行います。みなさん、デモに参加してください。

「生きさせろ!」の労働者民衆の怒り

韓国政府は、民主労総のゼネストを「政治目的の違法スト」と非難しています。それに対して民主労総は「不法大統領の命を受けて財閥の相談窓口の役割を果たした政府、政権に賄賂を捧げて自分の利益を得ていた資本集団が不法を云々する資格があるのか問いたい」と弾劾し、パク・クネ政権が労働条件を極度に悪化させたこと、派遣制・期間制(有期雇用)を拡大させ大多数の労働者を非正規職に追いやった責任を取れ、即時退陣せよと民衆ゼネストにたち上がっています。。

闘う労働組合を職場に取り戻そう

韓国の労働者が置かれている現実は、この日本と全く同じです。
藤岡市に営業所を置き成田・羽田への送迎乗合タクシーを運行する(株)中央タクシーでは、タイムカードがありません。仲間が群馬合同労組に入り追及すると就業規則を変えて居直っています。残業代を固定残業代で処理して、ただ働きを無制限に強制してきた会社です。
群馬バスでは、終点到着から次の始発までの時間は、「中休」といって、基本的に休憩時間として処理され、労働時間に計算されるのは半分だけです。基本給が安いので残業をしないと生活できません。拘束時間は過労死ラインの月80時間をこえます。
電通でもそうですが、労働基準法などの法律もあれば、労働基準監督署などの行政機関もあります。実際に「是正勧告」も繰り返し出していました。それでも殺されたのです。もはや労働者が命と生活のために団結して闘う以外に希望はないのです。

安倍政権の「働き方改革」ぶっとばそう!

いま安倍政権は、まるで労働者の味方でもあるかのように、「働き方改革」をかかげ、「長時間労働の是正」や「同一労働同一賃金」「最低賃金の引き上げ」と言っています。しかし、安倍がめざしているのは、日本を「世界で一番企業が活動しやすい国」にするということ。パク・クネよりももっとやるぞということです。そのために労働者の権利を奪い取り、労働時間規制も含めて、規制を撤廃する労働法制の抜本的改悪を進めようとしているのです。次は日本の労働者のゼネストで安倍を打倒しましょう!

労働者の闘う連帯で社会を変えよう!

電通の入ったばかりの女性社員が長時間労働とパワハラで自殺した問題。いったいどれだけの労働者が絶望し、病気になり、自殺に追いやられているのでしょうか?群馬合同労組にも長時間労働やパワハラで「うつ病」になって相談してくる仲間がたくさんいます。
今多くのマスメディアが長時間労働の問題を取り上げていますが、労働者が会社に対して、おかしいことはおかしいと言って、闘うことができるかどうかがすべてです。それ抜きにどんな改善策を作っても絶対に職場も社会も変わりません。
群馬合同労組・エムエスジー分会の仲間は、やはり上司のパワハラで「そううつ病」になりました。組合に入り、団体交渉をやり、ビラまきをやりました。孤立させられましたが、負けずに組合で会社と地域を取り囲むデモをやり抜きました。するとパワハラをやった上司が今度は「うつ病」になったそうです。ざまぁみろ、です。労働者には、団結には、力があるのです。
私たちは韓国の労働者民衆のゼネストを、日本の労働者が勇気をもらい、希望をもらって、ともに声をあげる日にしなければならないと思います。

群馬合同労働組合は一人でもOK!

問題は、闘う労働組合を取り戻すことです。国鉄分割・民営化から労働組合の魂が抜かれて、役に立たなくなってしまいました。しかし、国鉄解雇撤回を軸に国鉄闘争は30年の勝利の地平で韓国民主労総と団結する動労千葉労働運動を作り出しました。ここから日本でゼネストを切り開く闘いを始めましょう。
群馬合同労働組合は、一人でも加入できる労働組合です。ひとりで悩まないことです。まずは相談を。ともにがんばりましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です