コンビニ関連ユニオン結成される!

このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年6月9日、コンビニ関連ユニオン結成大会が開かれた。コンビニの本部社員、オーナー、店舗従業員、派遣社員、地域合同一般ユニオン、取材のマスコミ関係者などが出席して、会場は床に座り込む人であふれた。

群馬合同労働組合の組合員でセブンイレブンオーナーの永尾潤さんが副委員長、清水彰二委員長が書記次長に就任した。

群馬合同労組は、コンビニ関連ユニオンと一体となって、労働者の団結で、働く者が人間らしく生きられる社会の建設の先頭に立つ決意だ。コンビニオーナー、本部社員、店舗従業員、配送ドライバー、デリカ工場労働者など、コンビニに関連するすべての労働者はコンビニ関連ユニオンに加入してともに声をあげよう!

コンビニ関連ユニオン ホームページ・ブログはこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください