組合員でセブンイレブンオーナーの永尾さんがテレビ東京WBSに


群馬合同労働組合組合員でセブンイレブンオーナーの永尾さんが、5月23日に開かれたセブン-イレブン・ジャパン(セブン&アイ・ホールディングス)の株主総会に出席して、セブンイレブンの姿勢をただしました。

コンビニ関連ユニオン(準)、千曲ユニオン、群馬合同労組、合同一般労働組合全国協議会は、セブンイレブンの株主総会に対して抗議宣伝行動を行い、終了後、主婦会館にて記者会見を行って、永尾さんからの株主総会の報告と何が問題なのかの提起を受け、今後のコンビニ関連ユニオン結成と7・11セブンイレブンの日に全国一斉時短ストライキを呼びかけるという方針を明らかにしました。

一連の行動は、マスコミからも注目を集め、テレビ東京ワールドビジネスサテライト(WBS)取材班は、株主総会前日から永尾さんの店舗に取材に入り、当日も密着取材して、当日の23時の放映で特集を組みました。解説者は、セイコーマートの例を引き合いに出して、直営で営業すれば、セブンイレブンは24時間営業はしないだろう、ドミナントもしないだろうと指摘しました。まさにその通りです。セブンイレブンのビジネスモデルは、オーナーからの不当で詐欺的な収奪です。

テレビ東京「ワールドビジネスサテライト(WBS)」2019年5月23日放送「24時間営業の行方は?」

https://www.dailymotion.com/video/x799zcs

コンビニ関連ユニオン(準)は、6月9日(日)10時から 東上野区民館201会議室(東京都台東区東上野3丁目24-6 JR上野駅から徒歩5分)にて結成大会を開き、オーナー、本部社員、店舗従業員、配送ドライバーや工場労働者などのコンビニ関連労働者が、ひとつに団結して闘う道を切りひらきます。当面、7・11全国一斉時短ストライキの実現に全力あげたいと思います。ぜひとも、みなさんの結集と加入をお願いします。

この記者会見の模様は、セブンイレブン株主総会の当日夜のNHKニュース9が、詳しく報じてくれました。

NHK「ニュース9」2019年5月23日放送

https://www.dailymotion.com/video/x799x9r

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください