栗原工業分会スト決定!生活できる一時金を支払え!

 

栗原工業(伊勢崎市西上之宮町)は生活できる一時金(賞与)を支払え!

私たち群馬合同労働組合は、誰でもひとりでも入ることができる労働組合です。伊勢崎市にある金属溶接工場、有限会社栗原工業(伊勢崎市西上之宮町62-1 取締役・栗原秀之)で3年半働く金井組合員は、生活できる一時金などを要求して12月7日に会社と団体交渉を行いました。しかし栗原工業はとても納得できない回答を行いました。そこで群馬合同労働組合は栗原工業分会の抗議ストライキを行うことを決定しました。ぜひみなさんのご支援をお願いいたします。

一時金の減額によってダブルワークに

栗原工業は、従業員3人の小さな家族経営の金属溶接工場です。金井組合員は、3年前の春に栗原工業に就職。その時毎年の昇給と年2回の賞与支給を確認しました。
今年春、金井組合員は、有給休暇のこと、個人加盟の労働組合のことを聞いて、群馬合同労組に相談。組合に加入して、有給休暇の取得に関して要求書を提出して、会社に認めさせました。ひとり親で子供3人を育ててきた金井組合員からすると切実な問題でした。法律で決まっていることで、取得は当然のことです。群馬合同労組としては円満解決と判断していました。
ところが、今年の夏の賞与を会社は「工場の修理にお金がかかったので今回は出ません」の紙切れ一枚で不支給を通知しました。もともと12万円、10万円と出ていた賞与です。それもおりこんでの生活です。これは組合に入ったこと、有給休暇取得の仕返しか?こんなことは許せないと団体交渉を行い、分割で3万円の支給をさせました。決して満足できないけれど、冬はちゃんと支払うように念を押した上で合意をしました。やむをえず金井組合員は、夜のアルバイトのダブルワークで生活を支えています。しかし栗原工業は、これらのこともなかったかのように今冬の賞与を5万円と回答しました。

闘う労働組合を職場に取り戻そう

それだけではありません。栗原工業では出勤している従業員の昼食に関して、弁当購入の補助をしています。本人負担200円で残りは会社が負担しています。金井組合員は、生活が苦しいのでこの200円も節約しようと弁当持参で出勤してきました。しかし弁当持参の金井組合員に補助分の支給はありませんでした。金井組合員が弁当を注文していたら受けたであろう補助額は全部で約12万円になります。この分も含めて今期の賞与で埋めあわせしてほしい、今後は弁当代の補助を弁当を注文しなくても受け取れるようにしてほしいと要求しました。しかしこれに関しても会社は聞く耳をもちませんでした。会社のやっていることは嫌がらせにひとしいと思わずにはいられません。

安倍政権の「働き方改革」ぶっとばそう!

いま安倍政権は、「働き方改革」をかかげ、「長時間労働の是正」や「同一労働同一賃金」「最低賃金の引き上げ」と言っています。しかし、安倍政権がめざしているのは、日本を「世界で一番企業が活動しやすい国」にするということです。大企業がやりたい放題できる状況を作り出そうとしています。そのために労働者の権利を奪い取り、労働時間規制も含めて、規制を撤廃する労働法制の抜本的改悪を進めようとしています。こうした状況に対して、労働者の生きるための団結、闘う労働組合を職場、地域に作りだしていくことだけが、労働者の命と生活を守る道です。労働者は一人では弱いものですが、職種や雇用形態、会社の枠をもこえて団結し、連帯して闘える存在でもあります。おかしいことはおかしい、ダメなものはダメだと、労働者が団結して声をあげなければいけません。

労働者の闘いで社会を変えよう!

電通の若い女性社員が長時間労働とパワハラで自殺したことが問題になりました。労働者にとって団結と闘う労働組合を作り出すことは、本当に切実な問題になっています。
12月13日、群馬県労働委員会が、群馬合同労働組合・清水委員長の不当解雇問題で、救済命令を出しました。解雇をなかったものとして取り扱い、50数万円を支払えというものです(毎日新聞記事参照)。
群馬合同労組・エムエスジー分会の仲間は、上司のパワハラで「そううつ病」になりました。組合に入り、団体交渉をやり、ビラまきをやりました。孤立させられましたが、負けずに組合で会社と地域を取り囲むデモをやり抜きました。するとパワハラをやった上司が今度は「うつ病」になったそうです。ざまぁみろ、です。労働者には、団結には、力があるのです。

群馬合同労働組合は一人でもOK!

労働組合なんていいことない…と多くの人が思っています。30年前、国鉄の分割・民営化(JR設立)で労働組合は闘う魂をが抜かれてしまい、役に立たなくなってしまいました。しかし、解雇撤回闘争を軸に国鉄闘争は30年にわたって不屈に闘われ、勝利してきました。群馬合同労働組合は、この国鉄闘争をともに闘ってきた誇りある労働組合です。一人でも加入できます。職場に労働組合があってもなくても、正規雇用でも非正規雇用でも入れます。ぜひ群馬合同労働組合に加入していっしょに闘いましょう。栗原工業分会のストライキにご理解・ご支援をお願いいたします。

元ウベハウス東日本従業員・T組合員が残業代裁判で勝利的和解

 本日12月20日、T組合員が本人裁判で闘ってきた残業代請求裁判が前橋地方裁判所高崎支部で開かれ、原告T組合員とウベハウス東日本のIさんの証人尋問が開かれた。組合からも多数が傍聴にかけつけた。その後、裁判所の職権で和解協議が行われ、T組合員の勝利的和解で落着した。少額訴訟で勝てると思ったが本訴に移行。反訴もされて大変だったが、弁護士もつけず、がんばって、ついに勝利的な和解決着。最後は金の問題ではないと、意地でがんばった。闘えば勝てる。またひとつ重要な前進だ。

勝利の要因
★当初群馬合同労組に相談・加入して、団交、抗議闘争をやり抜いたこと。これが重要な証拠となった。
★群馬合同労組の組合員として、T組合員が仲間の支援や東京の集会などにも参加して、労働者としての団結を固めてきたこと。
★T組合員の根性

法律上の決め手になった判決はこちら
https://www.zenkiren.com/Portals/0/html/jinji/hannrei/shoshi/08697.html


一般的に労働時間とは使用者の作業上の指揮監督下にある時間または使用者の明示または黙示の指示によりその業務に従事する時間と定義されるところ、前記認定事実(2)、(3)のように、原告らを含む従業員は一旦は皆で事務所から徒歩5分ほどの駐車場兼資材置き場にバイクなり車で来て、そこで被告の会社の車両に資材等を積み込んで事務所に午前6時50分ころに来ていること、その後手元である原告らと組む親方と訴外丙川との間で当日入る現場や番割りさらには留意事項等の業務の打ち合わせが行われており、その間、手元である原告らも事務所隣の倉庫から資材を車両に積み込んだり、入る現場や作業につき親方の指示を待つ状態にあること、証人丙川及び原告らの各供述によれば、被告が従業員を当日どこの現場へ差し向けるかは天候にも左右され、当日休む者が出た場合に変更となることもあったり、前日までの各現場の作業の進捗状況に応じて訴外丙川が采配している実態が見受けられること、原告甲野は自宅の近くの現場に直行することがある場合以外、原告乙山は全勤務期間中妻のお産のときなどの2回を除いては現場への直行はしていないことが認められる。
 このような原告らの出勤状況及び被告における作業の指示状況からすると、原告らはそれぞれ朝に事務所へ午前6時50分には来ることを訴外丙川から実質的に指導されていたものと評価することができ、直行の場合を除いて少なくとも午前6時50分以降は原告らは被告である使用者の作業上の指揮監督下にあるか使用者の明示又は黙示の指示によりその業務に従事しているものと考えるのが相当である。〔中略〕
原告らが日々午前6時50分までに事務所に出勤するのは正しく被告である使用者の指示を待つ指揮監督下にあるものといえるのであり、その後の車両による移動時間も親方と組になって訴外丙川との打ち合わせなり指示に基づき現場に赴いているものであることからすると、拘束時間のうちの自由時間とは言えず実働時間に含めて考えられるべき筋合いのものというべきである。〔中略〕

11・30高崎・韓国ゼネスト連帯!団結デモ、25人で声あげる!

韓国民主労総は11月30日を「ゼネストと民衆不服従の日」として闘い抜いた。群馬合同労組は同じ日に連帯のデモを決定し、貫徹した。日本から、群馬から、連帯し、労働者の力で社会を変える、職場を変える闘いを開始しよう!ブラック企業をぶっとばそう!参加した25人は力一杯声をあげた。闘いはこれからだ!

韓国の労働者を非正規の使い捨てに突き落としたパク・クネ。

パク・クネ打倒の闘いは、民主労総の命がけの粘り強い闘いが切り開いた。

これとの連帯は日本から、群馬から闘う労働組合と団結を組織し、日本からゼネストの力をつくり出すこと。

「働き方改革」粉砕・安倍打倒!ブラック企業ぶっとばそう!中央タクシーを許さないぞ!群馬バスを許さないぞ!ともに闘おう!

 

 

 

 

dsc04468

 

dsc04472

 

dsc04477

 

dsc04478

 

dsc04479

 

dsc04483

 

dsc04484

 

dsc04486

 

dsc04487

 

dsc04488

 

dsc04489

 

dsc04490

 

dsc04494

 

dsc04496