群馬バス分会、3・16ストを貫徹!群馬春闘行動2019に大きな反響!

 群馬合同労組は、3月16日に群馬バス分会の24時間ストを軸に群馬春闘行動2019を一日行動として闘い抜いた。

 群馬合同労組の大幅賃上げ中心とした要求に対して、群馬バスは団交を3月29日に指定してきた。年度最終日だ。ユニオンショップの私鉄総連群馬バス労組とは3月半ばに団体交渉を行っている。全く許しがたい不当労働行為だ。ストはこれに対する抗議と春闘要求貫徹の闘いだ。

 分会は結成以来、2年半、度重なる組合つぶしと闘ってきた。不当解雇(分会長)、不当処分や差別的兵糧攻め…職場では群馬バス労働組合はあいさつもしないというパワハラを続けている。これに対してついに3人の組合員が団結してストに立ち上がったのだ。5月に労働委員会の命令も出る。反撃の開始だ。

 群馬合同労組は貸切バスセンター、榛名営業所、箕郷総合バスセンターと次々にスト突入の通告を行い、門前でスト突入集会を勝ち取った。多くの運転手がストに入った組合員に「がんばれ!」と声援を送った。低賃金に長時間拘束、バス労働者の怒りは爆発寸前だ。

 午後から、高崎市労使会館で、群馬春闘行動2019春闘集会が20名が結集して開かれた。千葉から動労千葉OB会長永田雅章さん、動労千葉を支援する会事務局長で国際連帯委員会の山本弘行さんが激励に駆けつけてくれた。参加者全員が発言、職場での怒りと闘いを報告し、団結を深めた。昨年11月に何者かによって襲撃を受け、後遺症のPTSDと闘う中央タクシー分会川谷内分会長も元気に決意表明を行った。

 集会後、「群馬バス分会スト決行中!」の横断幕先頭に、高崎駅を一周するデモに出発。熱い激励の声が飛んだ。

 この日はJR東のダイヤ改正日。JR労働者に闘いを呼びかけるとともに、動労連帯高崎副委員長に雇止め解雇通告を行ったJR高崎鉄道サービス本社に対しても怒りの抗議を叩きつけた(翌週解雇撤回勝ちとる)。

以下、写真報告

群馬バス貸切バスセンターで組合員が24時間ストライキ突入を通告し、スト突入集会を勝ち取る
貸切バスセンター前でスト突入集会
群馬バス榛名営業所にて組合員が24時間ストライキの通告。所長は組合のスト予告を受けて、事前に配車の段階で組合員を予備ダイヤに入れ替えるというストつぶしを行った。これに対する抗議を申し入れる。これに対して群馬バス労働組合の組合員が 「営業妨害をやめろ」と言ってきた が、「冗談じゃない。営業妨害じゃない。スト通告だ」と抗議して、スト突入集会を勝ち取る。
榛名営業所にてスト突入集会
群馬バス箕郷総合バスセンターにてスト突入集会
「昨日で解雇から2年。不当解雇を撤回しろ!」と分会長。箕郷総合バスセンター。
仲間に手を振る組合員。箕郷総合バスセンター。
箕郷総合バスセンター前。
箕郷総合バスセンターでシュプレヒコール
群馬春闘行動2019。高崎市労使会館での集会で発言する群馬バス分会
中央タクシー分会から断固たる決意表明。
千葉からかけつけてくれた動労千葉OB会長永田さん。1985年の国鉄分割民営化に最大拠点・千葉運転区支部を率いてストライキで闘い不当解雇された。群馬合同労組の「最高顧問」
国際連帯闘争を背負って奔走する動労千葉国際連帯委員会代表の山本弘行さん。動労千葉を支援する会の代表でもある。ついに群馬にまで来てくれた。
群馬合同労組支援共闘会議共同代表の石川まさお玉村町議会議員。熱い連帯のあいさつ。
集会のまとめを行う須永副委員長
集会後高崎駅を一周するデモ。高崎駅西口ではバスの運転手にともにストで闘おう、と呼びかけた。運輸労働者の団結こそが求められている。
この日はJR東のダイヤ改正日。もうけ優先、合理化と地方切り捨て、組合つぶし・団結破壊のダイヤ改正に対して、闘う労働組合に結集して闘おうと、JR労働者に呼びかけた。
高崎駅東口

動画 3・16群馬春闘行動2019デモでJR高崎鉄道サービスに抗議!

群馬合同労働組合は2019年3月16日、群馬バス分会の春闘ストライキを中心とした群馬春闘行動2019を闘い、午後から高崎市労使会館から高崎駅西口から東口まで一周するデモを行った。共闘する動労連帯高崎の鈴木副委員長が雇止め解雇の通告を受け、解雇撤回の要求をして闘う中、この日は解雇を通告したJR高崎鉄道サービス本社への抗議行動としてもデモを貫徹した。3月18日に開催された団体交渉で、JR高崎鉄道サービスは動労連帯高崎に対して鈴木副委員長の解雇を撤回する勝利を勝ち取った!3

3・16群馬春闘行動2019に結集を!

群馬バス分会24時間ストライキ突入!

春闘集会 3月16日(土)13時30分 高崎市労使会館(高崎市東町80-1)第4会議室

春闘デモ 3月16日(土)15時30分 高崎市労使会館前→高崎駅西口→和田町地下道→高崎駅東口→ヤマダ電機LABI1前解散(約1時間)

3月16日(土)に群馬バス分会のストライキを先頭に、「群馬春闘行動2019」を取り組みます。ぜひみなさんの参加をお願いします。職場で孤立したり、信頼できる仲間がいない状況で苦しんでいるのは、みなさん同じではないでしょうか?そんなみなさんが、参加して、団結を実感して、職場でがんばろうという気持ちになってくれたら成功だと思っています。朝から群馬バス門前スト突入集会、13時30分から高崎市労使会館(高崎市 東町80-1)で「群馬春闘行動2019」集会、集会後15時30分デモで高崎駅一周します。

群馬バス分会の闘いは、はじめてのストライキを行うところまで前進してきました。5月には不当労働行為についての群馬県労働委員会の命令が出されます。かさにかかって、会社は分会つぶしを行ってきましたが、屈せずに闘い続けた分会の3人の仲間の勝利の地平です。分会の闘いは全くの正義です。この春の闘いから一気に攻勢に打って出る決意です。みなさんのご支援をよろしくお願いします。

中央タクシー分会の闘いは、昨年11月川谷内分会長が出勤時に暗闇の中で襲撃されるという、とてもショッキングな事件が起こりました。PTSD(外傷後ストレス症候群)で、不意なフラッシュバックで身体が動かなくなるというとても困難な状況が続いて、今も仕事に復帰できていません。その間にも、会社の嫌がらせで、苦しい思いをしてきました。しかしこれにも屈せずに、闘う体制をつくり出しつつあります。中央タクシー分会の闘いは、絶対に負けるわけにはいかない闘いです。会社を追いつめ、勝利するためにも、「群馬春闘行動2019」を闘います。

3月16日はJR東のダイヤ改正日。動労千葉は前日の15日からストライキで闘いに立ち上がります。また動労連帯高崎も鈴木副委員長の不当な雇止め攻撃を許さない闘いに入っています。群馬春闘行動2019はJRの闘う仲間たちとともに国鉄闘争勝利を勝ち取る闘いです。

昨年秋に長野の千曲ユニオン副委員長でセブン-イレブン・ジャパンの本社社員(OFC)河野さんを中心に合同一般労働組合全国協議会で「コンビニ関連ユニオン」の結成を呼びかけました。いま東大阪市のセブンイレブンのオーナーの24時間営業拒否の闘いが大きく社会を動かしています。オーナーも労働者も人間らしく生きられる状況を団結して作り出すという、大きな新しい挑戦が始まりました。群馬合同労組もともに闘います。労働者や中小事業主が使い捨てにされる「新自由主義」社会を引っ繰りかえす大運動に発展させましょう。

韓国の旭(AGC旭硝子)非正規職支会の請負労働者の解雇撤回闘争は、4年を前についに違法派遣で会社が起訴されるという決定的な勝利をつかんでいます。3月28日のAGC旭硝子の株主総会に向けて韓国から訪問団がやってきます。労働者の国際連帯の力で一日も早く解雇撤回を実現したいと思います。

群馬合同労組は、困難な壁をひとつひとつ打ち破り、組織拡大に勝利してきています。大きな組織力は、それだけで会社との力関係に転じます。7月の定期大会までに100名組織拡大を実現する決意です。そのために、春闘行動2019を全力で闘います。みなさんの結集を心から呼びかけます。ともに闘いましょう!

ブラック企業がのさばるのは私たちがだまっているから
闘えば勝てる!ブラック企業をぶっとばそう!

低賃金に長時間拘束、闘わなければ生きていけない!

 群馬合同労組群馬バス分会は、3月16日(土)に24時間ストライキに入ります。
 2016年に、会社の手先になった群馬バス労働組合に怒り、群馬バスの労働者が群馬合同労働組合に加入して、闘いが始まりました。
 1年契約の嘱託雇用で運転手を長年使ってきた群馬バス。その基本給は時給800円でした(現在は810円)。運転している時間にはハンドル手当をつけますが、待機時間は半分にしてしまいます。このやり方で、低賃金の長時間拘束、おまけに自分の給料が計算できない。おかしいと言えば、いじめのような嫌がらせを受けることも。
 2015年に群馬バスは、労働契約法改正にともなう「5年ルール」(5年の継続雇用を続けた労働者に「無期転換申込権」が与えられる)を見こして、1年契約を正社員に転換しましたが、それはベテラン運転手の賃下げを強制するものでした。
 こうした労働者の生活や誇りを踏みにじる群馬バスに対する分会の勇気ある闘いが始まりました。
 しかし群馬バスは、群馬合同労組群馬バス分会に対して、不当な組合つぶしの攻撃をくり返し仕掛けました。不当解雇、不当処分、不当労働行為の連続です。これにも分会の仲間は屈せずに闘い、群馬県労働委員会での救済申立はついに5月に命令が出されるところにきました。
 現在、バスの労働者をめぐる悲惨な状況は社会問題になっています。関越自動車道での高速バスの事故、軽井沢スキーツアーバスの事故…あれほどの事故を起こしても、運輸労働者の状況はまだまだ改善していません。路線バスの運転手も同様の状況があります。労働者の生活と命を守るのは、乗客の命を守ることと同じことです。
 このような状況を変える力は、労働組合が団結してストライキで闘うことです。

労働者の未来はまっくらだ!

 いま、社会にはAI(人工知能)が導入され、労働者の仕事が機械に奪われています。労働者はまともな仕事がなくて困っているのに、「人手不足」が騒がれて、AIと機械の導入は不可避だとされています。
 ある調査では、レジうちや運転手、事務、接客、宅配、プログラマー、機械修理工、組立などの仕事は90パーセント以上が、公認会計士、翻訳士、証券会社の社員、弁護士などの知的職業でも、60%がAIにとって代わられる、日本は特に置き換えが激しいだろうとされています。
 すでに銀行では、大規模なリストラが打ち出され、苦労して就職した若者が、苦悶の中で転職活動に追いやられています。
 資本主義は、いくら機械を導入して安くてすばらしい商品を生産しても、それを購入する労働者の生活を保障することができなくなりました。
 いまや貧困国では貨幣の信用が崩れ、世界恐慌の時代のように、理不尽な飢えに苦しんでいます。
 一方でもうけを確保できない資本は、アジアの貧困国に進出して、詐欺同然の「高利貸し」で暴利をむさぼり、借金で生きていけなくなった農民や中小自営業者を、無権利な労働者として酷使しています。また多くの若者がサギ同然にだまされて、外国で無権利な外国人労働者として酷使されています。
 安倍政権は、この日本と世界の資本主義の行き詰まりを改憲と戦争で突破しようとしています。「国のため」と労働者の怒りと不満を封じ込め、実際に戦争と侵略で資本家の危機を突破しようとしています。

労働者の団結と闘いだけが希望の道!

 この日本で、労働者の団結と闘い、春闘をよみがえらせましょう。群馬合同労組は、群馬バス分会、中央タクシー分会を先頭にして、断固として立ち上がります。ブラック企業をぶっとばしましょう!職場からともに声をあげましょう!改憲・戦争に立ち向かえる労働組合をつくりましょう!群馬合同労働組合に相談・加入してください!
 みなさん、春闘集会とデモに集まってください!

3/18 群馬バスへの抗議行動 群馬春闘集会・デモ 写真報告

3月18日(日)、午前中、群馬バス箕郷バスセンターと榛名営業所への門前抗議行動を群馬バス分会先頭に行った。群馬バスは、2月13日付で2月28日を期限とした組合の要求書に対して、いまだに回答を拒否している。この要求書で、3月31日で雇用契約が切れるT組合員の処遇をめぐって正社員にせよとの要求を出しているにもかかわらずだ。こんな不当労働行為やりたい放題のブラック企業は絶対に許さない。分会の仲間の心の底からの怒りと訴えが響きわたる。群馬合同労組はブラック企業がのさばることを許さない。

 

ついでに言うと近いうちに草津に遠征をすることになるかもしれない…

 

午後からは、高崎市労使会館にて群馬合同労組春闘集会。あらたな仲間多数、そして前日からの24時間ストを闘い抜いた動労連帯高崎の木村書記長を迎えて、活発な発言、交流ができた。職場では孤立や苦闘もあるが、群馬合同労組の組合員はみんないきいきしている。負けていない。そして勝利に向けた勢いがある。詳報はあらためて。

 

 

 

集会後はデモ。高崎市労使会館から高崎駅西口への短い距離ではあるが、JR東の労働者、群馬バスの労働者、そして町の多くの市民に、ともにたち上がろうと声を限りに訴えた。ウソつき・犯罪者の安倍を監獄へ!「働き方改革」反対!春闘で賃上げを!ブラック企業をぶっとばそう!群馬バスの組合つぶしを許さない!非正規職撤廃!すべての労働者は群馬合同労組にはいろう!

 

 

 

 

 

 

 

3・30高崎春闘デモ

3・30高崎春闘デモ。急でしたが20人で声あげました。JR動労連帯高崎が熊谷・籠原でストに入っている。これと連帯してJR労働者にストライキで闘おう!闘わない労働組合はいらない!と呼びかけ。中央タクシーの勝利命令、群馬バスの分会長の解雇撤回、栗原工業の日給300円賃上げを叫ぶ。

デモおわって記念写真。みんないろいろ用事もあったが、無理して参加してもらった。労働者は、群れてなんぼ、団結してなんぼ。自分のことなのに、こういうときに来れないようでは団結はつくれない。まだまだ数は少ないが、ここに形成されている団結はものすごい力と展望を手にしている。

3・20春闘集会基調報告

20160320_112752435

群馬合同労働組合 書記長 清水彰二

 

ご参加いただいたみなさん、ご苦労様です。

本日、群馬合同労組中央タクシー分会は春闘ストライキに立ち上がりました。

昨年6月に分会長の川谷内さんが、休みも睡眠も取れない長時間・過酷な労働に耐えかねて、さらにそれに加えてパワハラを受けるに及んで、闘いを決意、群馬合同労働組合に加入して闘いを開始しました。柴崎さん、都丸さんというすごい仲間を加えて、昨年11月8日に満を持して24時間ストライキを決行、藤岡の街をデモで席巻しました。

今回のデモは春闘のストライキとデモです。前回は当日不意打ちでスト通告をした。会社に打撃を与え、労働組合の力を思い知らせた。今回は3日前に通告して堂々とストに入った。春闘だからストライキ、です。こういう闘いは群馬では本当に久しぶり。

本来春闘というのは「賃上げ」闘争です。毎年春に昇級昇格だけではなく、全体の賃金の底上げ=ベースアップを勝ち取る闘争でした。中央タクシーでは、少なくとも川谷内さんが入社して5年、一度も、ベースアップはおろか、昇級も昇格もない。分会が出来たら就業規則も改定して、ご丁寧に「昇級昇格」の項目自体なくしてしまった。

だから今回も賃上げを要求しているけれども、主要なテーマは、川谷内分会長を運転業務に戻せ、二人の「稼働手当」8万円カットをやめろ、つまり不当労働行為を許さないということです。

いわば新自由主義という、弱肉強食のおばけによって、まるごとブラック企業と化してしまった資本主義と個別企業に対して、「生きさせろ!」と拳をあげるストライキです。労働者同士が競争させられ、敵対させられて、金もうけの使い捨ての道具にされてしまっている現実、病気や自殺で人生が奪われる現実に対して、団結して闘おうと、呼びかける崇高な闘いです。

 

労働組合がストライキで闘わなくなったのは国鉄・分割民営化からです。ストライキで闘わない労働組合なんて、腰抜けです。ストライキで闘えない労働組合は自分たちの身を守ることしか考えられなくなります。団結は閉ざされ、分断に手を貸す存在に転落します。

だから、群馬合同労組は、動労千葉、動労水戸、動労連帯高崎の仲間たちが、国鉄分割民営化に屈せず、1047名解雇撤回・外注化阻止・非正規職撤廃の闘いを、不屈に、「敵よりも一日長く」と闘い続けてきたことに、最大の連帯を表明します。そして国鉄闘争、動労連帯高崎の組織拡大を自らの課題として、ともに闘うことを確認しましょう。最高裁での不当労働行為認定の確定をうけて、JRに提出する1047名解雇撤回の新署名を全力で集めましょう。

 

1月15日におきた軽井沢スキーバス事故。亡くなった15名のうち乗客13名は全員が大学生でした。群馬合同労組は1月19日付で、声明を出しました。ドライバーには一切の責任はない、ドライバーは闘う労働組合に入ろう!と。

事故から2ヶ月以上が過ぎましたが、いまだに事故原因は明らかになっていません。当初ブレーキに異常はなかった、運転手のミスが原因などと報道されました。しかしさまざまなネット上の情報から明らかになることがあります。

一つは、運転手はブレーキを踏んで、必死にカーブをハンドルを切って、事故を回避しようとしていたこと。これは監視カメラの映像や現場状況から明らか。

二つは、事故現場は登り坂から下り坂に入った二つ目のカーブであり、ブレーキの加熱から来る不具合の可能性はないこと。

したがってブレーキ異常の可能性が高い。この会社は、車両整備もしっかりやっていなかった。

想像してみてください。満席の大学生を乗せて運転しているバスが、下りの坂道で、ブレーキが効かない状況を。犠牲になった13人の大学生の無念・悔しさは言うに及びませんが、その命を背負って運転していたドライバーの悔しさは、どれだけのものだったでしょうか。

私たち群馬合同労組と中央タクシー分会は、この運転手のことを人ごとだとは思えません。新自由主義、もうけ優先のブラック企業がどのように労働者と乗客の命を無責任にもてあそんでいるのか、決して許すことは出来ません。

軽井沢バス事故を二度と許してはいけない、それを私たちの労働組合の安全の闘いと組織拡大の前進として、実現していかなければなりません。今日のストライキ、この集会とデモを、そういう決意を固めるものとして行きたいと思います。

このテーマはドライバーだけではありません。原発、とりわけ福島第一原発で事故収束作業にあたる働く労働者、彼らこそ、被曝から自らの命を守らなければならない。

先日、大林組が請け負う慶応大学のキャンパスの工事で、作業員が「アスベストじゃないか」と指摘したにもかかわらず、軽装備での作業が違法に続行されたという記事が東京新聞に掲載された。「氷山の一角」という事情通の弁護士の話も出ていた。本当に団結をして、声をあげなければ自分の命も子供たちの命も守ることは出来ない。

 

昨日も夜遅く、友人から、これ見てよ!とメールが来ました。子供が大学を卒業して4月から晴れて新入社員なんですが、会社が提出を指示した「誓約書」の写真が添えられていました。それが、解雇されても異議申立をいたしません、損害を与えたら賠償の責を負います、親も連帯して賠償しますという誓約書なんです。なんじゃあこれは!と思いました。ほとんど命奪われても文句言いませんという奴隷の「誓約書」ではないか。私はこう返事を送りました。「奴隷になるのが嫌なら、活動家になれ。解雇なんて恐れるな!」

 

群馬合同労組の組合員のみなさんは、すごいんです。誇りある仲間なんです。

集会に向けてビラを作りました。

 

「この一年あまりの間に、前橋の司建設(株)、みどり市の某社会福祉法人、(株)ボートネットワーク(桐生競艇)、藤岡の中央タクシー、ホテルワンシーン、高崎の(株)群成舎、ウベハウス、太田のエスエムジー(株)、M工業、富岡のE社などなどで労働者が声をあげ、闘ってきた。」名前は出していませんけどまだまだあります。昨日も電話で相談があり、加入書を書いてもらうことになっています。

私もあらためて振り返って驚いています。ひとつひとつ、みんな一人でも勇気出して声あげてます。そして、すべて勝利しています。もちろん、納得がいかなかったり、後に続かなかったり、十分な勝利ではないけれども、でも一つも負けてないということは自信があります。

 

やっぱり必要なのは、団結する労働組合です。労働者は一人一人、たいしたものです。すごい悩みながら、でも勇気を出して立ち上がる。立ち上がったら、ものすごい。この労働者のほんものの思いでつながれる労働組合が存在するか否か、です。

 

群馬合同労組組合員、そして仲間のみなさんが、これからも団結して前に進むために何が必要か?やはり、安倍政権の、戦争に向け、闘う労働組合を一掃するという攻撃に対して、断固として、団結を強化しながら、職場・地域から闘いを広げていく闘いが必要です。そのためには、私たちがどんな世の中にあるのか、安倍政権が何をやろうとしているのか、しっかりした時代認識が必要だと思います。

 

  1. 資本主義の終わりの時代。新自由主義。労働者を食わせていくことができない。弱肉強食で、いかに競争に勝つか、労働者からいかに搾り取るか、でしか資本が生きていけなくなっている。世界的に。
  2. 新自由主義は戦争に行き着く。民族排外主義。市場と勢力圏の奪い合い。
  3. アジア・北朝鮮をめぐる戦争情勢。アメリカ帝国主義による戦争挑発。先制攻撃の情勢。
  4. 安倍・日本帝国主義の危機と安保戦争法・改憲、核武装に向けた原発再稼働
  5. 闘う労働組合の解体。総翼賛情勢。
  6. 勝利の地平を切り開いた国鉄闘争。動労総連合を全国に。合同一般労働組合全国協議会の闘いの意義。

 

最後に闘いの方針を。

  1. 中央タクシー分会先頭にすべての分会での勝利を。組織拡大を。
  2. 動労連帯高崎とともに国鉄闘争勝利・外注化阻止へともに闘う。
  3. 戦争・改憲を労働組合の力でとめよう。被曝労働反対、再稼働反対の闘いを。
  4. 非正規職撤廃
  5. 国際連帯

IMG_3831