ブログ

このエントリーをはてなブックマークに追加

サイト管理人のブログです。

ブログ一覧

県労委が群馬バスの不当労働行為認める

 M分会長の解雇撤回は認めず!

 2年前、群馬バス分会M分会長が解雇されてから始まった群馬県労働委員会。6月18日、その命令書が組合と群馬バスに届きました。
 組合が訴えたのは7件。そのうち4件は組合が勝ち、3件は負けました。いちばん大きな問題であったM分会長の解雇撤回は負けました。それからO副分会長の停職処分も不当労働行為とは認められませんでした。いずれも、処分に該当する事実があるので、組合差別で処分したとは言えないという労働委員会の判断でした。処分の重さもこれまでの群馬バスの歴史の中でも特に差別しているとは言えないと判断されました。
 しかしながら、群馬県労働委員会は、(株)群馬バスは、他の4件については、群馬合同労働組合を違法に差別したとして、労働組合法違反で有罪の判断を下しました。

 休日出勤差別に支払命令!

 O副分会長に対して、法定外の休日出勤を突然やらせないようにして毎月25000円もの給与の減額をまねいたことについて、県労働委員会は「経済的不利益を与え、組合の活動を牽制しようとすることにあったと認めざるを得ない」と断言して、その日数分を働いたものとして扱い、給与を支払うように命じました。

 「過激派」は解雇とした雇用契
 約書は無効、謝罪文の掲示を命令

 群馬合同労組の分会ができた次年度から、雇用契約書に、「過激派」に入ったり、付き合ったりしません、という新しい誓約事項が付け加えられました。そして職場では、群馬バス労働組合の役員が、群馬合同労組の組合員と付き合うと解雇されると言いふらしました。これを群馬バスは、テロ対策だと言いつのりましたが、県労働委員会は「会社が新たに雇用される従業員が組合に加入することを躊躇させ、本件組合の組織拡大を阻止し、現時点における組合の影響力を削ごうとする意図を持って、あるいは、少なくともこのような効果を視野に入れて敢えて追加したと推認される」として無効と判断し、謝罪文をすべての事業所に10日間貼り出すように命令しました(写真)。

 「不誠実」として文書の交付を命令

 群馬バスは、群馬合同労組がコピーをくれと要求した就業規則・賃金規定・36協定などを、一度は出すと言いながら、言いがかりをつけて拒否し続けてきました。県労働委員会はこれを労働組合法違反としました。
 それだけではありません。ダイヤグラム及びそれぞれのダイヤグラムのハンドル時間・中休時間を記した書類も群馬合同労組に提出すべしと命令しました。これはとても重要です。
 これまで、群馬バスのドライバーは自分の長時間の労働が、なぜこの賃金になるのか、計算することは不可能でした。なぜなら、ダイヤごとの単価表を機密文書だとして運転手には隠してきたからです。
 これに対して県労働委員会の命令書は「団体交渉は、原則として、労働条件に関する合意形成を目指して行われるものであるが…組合が…組合員の労働条件が法令等に照らして適正に規律されているか否か、また、実際に業務を遂行する過程において法令及び就業規則等に定められた基準が遵守されているか否か検証する場であるともいえる」として、賃金がどのように計算されているのか、ちゃんと基準となるものを出して、組合が検証できるようにしろという命令を出しました。

 団体交渉拒否を不当労働行為と認定

 さらにO副分会長の休日出勤差別が行われる中で群馬バスは、群馬合同労組の団体交渉開催の要求を、必要がない、文書の回答で足りるとして、拒否しました。これについても県労働委員会は、労働組合法違反の不当労働行為であると断罪しました。

  群馬バスの組合つぶしを打ち破る

 M分会長の解雇撤回はかないませんでした。しかしながら、解雇されたM分会長、2人の現場の組合員が、このような激しい組合つぶしに負けずに、闘い抜いてきたことこそが勝利であると総括しています。結成間もない分会に、次々と不当な攻撃が襲いかかりました。会社とユニオンショップ協定を結ぶ群馬バス労働組合も、群馬合同労組の組合員に対して、話をするな、あいさつもするな、と会社といっしょになって組合つぶしを行いました。これらの攻撃に対して、負けずに、労働委員会をも闘いの軸に位置づけてがんばってきました。この労働委員会の申立をして闘わなければ、今分会はなくなっていたかもしれません。
 現在バス業界は、人手不足なのに、労働条件は最悪、こんなに働いて、なぜこんなに給料が安いのか、その理由もわからず、公共交通だといって奉仕を強いられます。私たちは、労働者が、社会を動かしている当事者であり、労働者が団結して、人間らしく生きられる社会を目指します。今回の群馬県労働委員会の救済命令は、そういう意味で大きな力になります。群馬合同労働組合は、今後も、群馬バスの職場、交通運輸労働者の労働条件の改善、労働組合運動の前進のために団結して闘います。ご支援・ご理解のほどをよろしくお願いいたします。

群馬バス労働委員会救済命令についての声明

群馬県労働委員会群馬バス不当労働行為救済申立併合事件の救済命令についての声明

2019年6月19日

群馬合同労働組合

 昨日、私たち群馬合同労働組合の群馬バス分会が、株式会社群馬バスを相手に争ってきた群馬県労働委員会での不当労働行為救済申立事件の「命令書」(救済命令)が交付されました(群労委平成29年(不)第1号・同29年(不)第2号・同29年(不)第4号株式会社群馬バス不当労働行為救済申立併合事件)。群馬バス分会は、解雇された分会長を入れて3人のドライバーで組織しています。2016年夏に分会結成し、以来分会つぶしの不当労働行為を受けてきました。今回、あわせて7件の申立に対して、4件について、会社の不当労働行為を認定して救済するように命令が出されました。基本的には、団結権の擁護という立場に立って、株式会社群馬バスの不当労働行為を認定して、重要な救済を命令してくれました。しかしながら、M分会長の解雇をはじめ、O副分会長の停職処分など3件については不当労働行為を認定しませんでした。これは組合つぶしと現場で必死に闘ってきた組合の立場としてとうてい納得できません。今日の司法状況の限界を痛感します。しかしこれにくじけることなく、現場の組合運動を軸として、労働組合運動の発展のために今後も活動していく決意です。以下、命令の内容に関する群馬合同労働組合の立場を明らかにします。

M分会長の解雇について

命令書は、2019年3月15日付解雇を不当労働行為ではないと結論付けました。私たちは、M分会長の解雇こそ、最大の不当労働行為であるという立場で闘ってきました。この結論には大きな怒りと失望を禁じえません。

命令書も書いている通り「本件のMの行為は…現実に事故を発生させるおそれはない。また、…検出されたアルコールの量も必ずしも多いとはいえず…解雇という制裁措置で臨むことは社会的相当性の観点からの疑義を否定できない」ものでした。

また本件事件の7件の申立中4件で不当労働行為が認定されていることからも、会社の不当労働行為意思は明白に認定されました。にもかかわらず、M分会長の解雇撤回がなされなかったことはとうてい納得がいきません。

組合としては、「勤務時間前8時間以内」に飲酒した場合、呼気中アルコール濃度が「酒気帯び」基準の0.15mg/lに満たなくとも「懲戒解雇または諭旨解雇」とするという会社規定は、M分会長も他の組合員も知らず、無効であると主張しました。知らないから事情聴取で自分で申告した時間で解雇される羽目になったのです。また以前の最終飲酒時間に関するアンケート調査で、8時間以内に飲酒したと回答しても大きな問題とされなかった事例も明らかになりました。ところが、群馬県労働委員会の命令は「(規定が)周知がされているならば、個々の従業員がそれを知っていたかどうかはその効果に影響を及ぼすものではない」と断じました。

しかし判例でこうだから、という理由では、労働者の団結権は守れません。実際にこの規定を読んでも、ほとんどの労働者が理解できないような条文なのです。この人手不足の中、群馬合同労組の組合員でなければ、会社が事前にこの規定のことを教えて、解雇には至らなかったのではないかと思わざるをえません。M分会長はだまし討ちのようなやり方で解雇されたのです。団結権とは、実際には、このような形で侵害されているのです。

私たちは、この不当な命令に対しては、M分会長先頭に、現場での組織拡大と、あらゆる職場に団結を拡大する闘いで応えます。決して群馬バスのM分会長不当解雇を許すことはありません。

O副分会長に対する休日出勤差別について

群馬バスはM分会長を解雇して間もない、2017年5月から一方的にO副分会長を法定外休日労働をさせないという暴挙を行いました。それにともなう給与の減額は月25,000円近くになりました。命令書は「会社がOを休日勤務指定の対象から除いた目的は、会社と激しい対立関係にあった組合の分会副分会長であるOに対し経済的不利益を与え、組合の活動を牽制しようとすることにあったと認めざるを得ない」と判断しました。そして減額された給与相当額を支払うように命じました。適切な判断と受け止めます。

O副分会長に対する停職処分について

2017年6月9日にO副分会長が経路間違いを行い、ミスに気づいて踏切停車中に運行管理者に携帯電話で報告したところ、踏切が開いて、携帯電話で通話しながらバスを出発させてしまいました。この件に関して、群馬バスは7日の停職処分を行いました。組合は不当に重い処分であり、不当労働行為であると救済を申し立てました。

命令書は「就業規則に該当するものとして、同規則に基づいて行われた処分であると認められ、不当な根拠に基づく処分であったとは認められない」「会社が組合に対し嫌悪感を有していたとしても、これが本件停職処分の決定的動機であるとは認められない」と判断しました。

M分会長の解雇同様、この携帯電話の運転中の使用も、ドライブレコーダーのチェックでまるであら探しのように見つけ出して処分しました。最初から最後まで、O副分会長に対する見せしめのようなやり方が行われ、経済的に大きな打撃になりました。この命令も納得ができません。二度とこのようなことを許しません。

会社が2017年4月以降に従業員と締結した雇用契約書に「日本国憲法施行の日以後において、日本国憲法又はその下に成立した政府を暴力で破壊することを主張する政党その他団体」云々の誓約事項を追加したことに関して

命令書は以下の通り、不当労働行為と認定しました。良識ある判断です。

「本件誓約事項は、会社が新たに雇用される従業員が組合に加入することを躊躇させ、本件組合の組織拡大を阻止し、現時点における組合の影響力を削ごうとする意図を持って、あるいは、少なくともこのような効果を視野に入れて敢えて追加したと推認されることから、会社が雇用契約書に本件誓約事項を追加したことは、組合の運営に対する支配介入であって、労組法第7条第3号の不当労働行為に該当する」

「被申立人は、本命令書受領の日以降、従業員との間で『日本国憲法施行の日以後において、日本国憲法又はその下に成立した政府を暴力で破壊することを主張する政党その他団体を結成し、又はこれに加入いたしません。』及び『日本国憲法施行の日以後において、日本国憲法又はその下に成立した政府を暴力で破壊することを主張する政党その他団体の傘下、下部組織又は影響下にある組織に加入いたしません。またそれら組織の構成員又は支持者と契約行為はもとより、関与、接触いたしません。』という内容を含む雇用契約を締結してはならない。また、被申立人は、既に従業員との間で締結した雇用契約について、当該規定をなかったものとして扱わなければならない。」

「被申立人は本命令書受領の日から1週間以内に、下記内容(※前文と同じ内容)の文書を55センチメートル×80センチメートルの白紙に楷書で明瞭に記載し、会社の全ての事業場の従業員が見やすい場所に、10日間掲示しなければならない。」

会社が就業規則等を組合に交付しないことについて

命令書は以下の通り、不当労働行為と認定しました。良識ある判断です。

「被申立人は、申立人から申立人組合員の労働条件又は未払賃金の確認をするための団体交渉の申入れがあったときは、就業規則、三六協定等の当該団体交渉に必要な資料を交付するなどした上で、これに誠実に応じなければならない。」

「一般的に、労働組合等において、自らに所属する組合員の労働条件に関する事項について法令違反その他取扱い上の不備がないかどうかを調査点検し、団体交渉を通じてその是正改良を求めることは、日本国憲法第28条の団体交渉権に含まれ、正当な組合活動であると解するのが相当である。特に、結成間もない労働組合がこのような活動を行う場合においては、その必要性が高いことから、原則として会社には、誠実交渉義務の観点から上記活動に対して一定の協力をする義務が生じるというべきである。そして、当該活動に必要な資料について、労働組合からの提供要求に応じることができない正当な理由がある場合には、当該労働組合に対し、その正当な理由を充分に説明することが必要となる。」

「ダイヤグラム及びそれぞれのダイヤグラムのハンドル時間・中休時間を記した書類の性質をみると、組合員の日々の勤務の状況を確認するために必要な文書であるといえる。そうすると、これらの文書は、組合員の労働時間及びそれに基づく賃金計算が実際に上記の就業規則及び三六協定に照らし適正であるかを確認し、未払賃金が存在しているか否かを確かめるために、組合にとって不可欠な資料であるといえる。したがって、ダイヤグラム及びそれぞれのダイヤグラムのハンドル時間・中休時間を記した書類は、第3回団体交渉の際に、組合の要求に応じて会社が提供すべき資料であったといえる」

「団体交渉は、原則として、労働条件に関する合意形成を目指して行われるものであるが…組合が…組合員の労働条件が法令等に照らして適正に規律されているか否か、また、実際に業務を遂行する過程において法令及び就業規則等に定められた基準が遵守されているか否か検証する場であるともいえる」

会社がOに対する不利益取扱いを議題とした団体交渉を拒否していることについて

命令書は以下の通り、不当労働行為と認定しました。良識ある判断です。

「時機の観点からも、団体交渉の必要性の観点かちも、直近の団体交渉で確認された事項につき直ちに改めて団体交渉を行う必要はないとする会社の主張は、採用できない」

「団体交渉は、その制度の趣旨からみて、労使が直接話し合う方式によるのが原則というべきであり、書面の交換による方法によって誠実交渉義務の履行があったということができるのは、直接話し合う方式をとることが困難であるなど特段の事情があるときに限るべきである(最高裁判所第三小法廷5年4月6日判決。清和電器産業事件)。よって、そのような特段の事情が認められず、書面による回答のみを行っていた本件においては、事実関係を回答すれば足りる事項につき団体交渉を行う必要がないとの会社の主張も採用できない」

会社が、組合からの2017年9月28日付け要求書に対して、回答していないとされることに関して

命令書は、不当労働行為と認定しませんでした。

「団体交渉を行うに当たっては、労使双方とも誠実な態度で臨むべきであることは当然であるが、要求書が団体交渉の開催と直接関係するものでない以上、当該要求書への回答を行わないことをのみをもって団体交渉を拒否したということはできない。」

分会つぶしに勝利!

以上、見てきたように、本件命令書は、最大争点であるM分会長の解雇を不当労働行為と認定しなかった点において、許せないものです。7件の申立の内、4件を不当労働行為として認定していることからも、株式会社群馬バスの群馬合同労働組合に対する組合破壊の不当労働行為意思は明確でした。であるにもかかわらず、解雇撤回は認めないというのは納得ができません。

 しかしながら、私たち群馬合同労働組合は、解雇されたM分会長、2人の現場の組合員が、このような激しい組合つぶしに負けずに、団結して闘い抜いてきたことこそが勝利であると総括しています。結成間もない分会に、次々と不当な攻撃が襲いかかりました。会社とユニオンショップ協定を結ぶ群馬バス労働組合も、群馬合同労組の組合員に対して、話をするな、あいさつもするな、と会社といっしょになって組合つぶしを行いました。これらの攻撃に対して、負けずに、労働委員会をも闘いの軸に位置づけてがんばってきました。この労働委員会の申立をして闘わなければ、今分会はなくなっていたかもしれません。

 現在バス業界は、人手不足なのに、労働条件は最悪、こんなに働いて、なぜこんなに給料が安いのか、その理由もわからず、公共交通だといって奉仕を強いられます。私たちは、労働者が、社会を動かしている当事者であり、労働者が団結して、人間らしく生きられる社会を目指します。今回の群馬県労働委員会の救済命令は、そういう意味で大きな力になります。群馬合同労働組合は、今後も、群馬バスの職場、交通運輸労働者の労働条件の改善、労働組合運動の前進のために団結して闘います。ご支援・ご理解のほどをよろしくお願いいたします。

Vamos para a uniao! !Vamos al sindicato! 労働組合にはいろう!

Português

Vamos para a união!

Somos um sindicato chamado Gunma Joint Labor Union.
Você pode ser um japonês, um estrangeiro ou até mesmo uma pessoa solteira.

No final de 2017, trabalhadores do Brasil e do Peru que trabalhavam na fábrica da Panasonic foram demitidos. Os empregadores são Nissei Sangyo Co., Ltd.
Os dois se juntam ao nosso sindicato e lutam por invalidação no tribunal.
Eu vencerei em breve. (Mesmo que o acordo seja alcançado, a empresa será responsável pela demissão))

De agora em diante, a economia está piorando e você está demitido e os salários estão caindo. Os trabalhadores devem se unir e lutar. Vamos para a união! Entre em contato comigo A taxa de sindicato é de 1200 ienes por mês.

Demissão, assédio do poder, violação da lei de normas de trabalho … Gunma Joint Labor Union Você pode participar de forma privada. Vamos lutar juntos. Antes de mais nada, por favor, não hesite em nos contatar. / Despesas mensais da União JPY1200 (taxa de inscrição JPY1000)
60-2 Shibasaki-cho, Takasaki-shi, Gunma, 370-0035, presidente da união Shoji Shimizu
Por favor, envie-nos seus pensamentos, comentários e mensagens. Telefone 090-9016-0272 mail gungoroso@ybb.ne.jp

mail gungoroso@ybb.ne.jp

Español

¡Vamos al sindicato!

Somos un sindicato llamado Gunma Joint Labor Union.
Usted puede ser un japonés, un extranjero, o incluso una sola persona.

Al final de 2017, los trabajadores de Brasil y Perú que trabajaban en la fábrica de Panasonic fueron despedidos. Los empleadores son Nissei Sangyo Co., Ltd.
Los dos se unen a nuestro sindicato y luchan por la invalidación en los tribunales.
Voy a ganar pronto. (Incluso si se llega al acuerdo, la compañía será responsable por el despido) )

A partir de ahora, la economía está empeorando y usted es despedido y los salarios caen. Los trabajadores deben unirse y luchar. ¡Vamos a la unión! Por favor contactame La cuota de la unión es de 1200 yenes al mes.

Despido, acoso de poder, violación de la ley de normas laborales… La Unión laboral conjunta de Gunma Puede unirse de forma privada. Luchemos juntos.  En primer lugar, por favor no dude en ponerse en contacto con nosotros. /Gastos de Unión mensuales JPY1200 (cuota de inscripción JPY1000)
60-2 Shibasaki-cho, Takasaki-shi, Gunma, 370-0035, Presidente de la Unión Shoji Shimizu
Por favor envíenos sus pensamientos, comentarios y mensajes. Teléfono 090-9016-0272 mail gungoroso@ybb.ne.jp

mail gungoroso@ybb.ne.jp

労働組合にはいろう!

私たちは群馬合同労働組合という労働組合です。
日本人でも、外国人でも、一人でもはいることができます。
2017年末、パナソニックの工場ではたらいていたブラジル人とペルー人がクビをきられました。やとっていたのは日成産業です。ウソばかりの解雇でした。2人は私たちの労働組合に加入して、裁判で解雇無効を争っています。もうすぐ勝ちます。(和解になっても、会社に解雇の責任はとってもらいます。)

これから景気が悪くなって、クビになったり、賃金がさがったりします。労働者は、団結して、たたかうべきです。ユニオンにはいろう!連絡してください。組合費は月1200円です。

解雇、パワハラ、労働基準法違反…群馬合同労働組合は一人でも入れます。いっしょに闘いましょう。まずは気軽に相談、連絡を。  /組合費月額1,200円(加入金1,000円)
〒370-0035 群馬県高崎市柴崎町60-2 代表者(発行責任者) 執行委員長 清水彰二
「群馬合同労組ブログ通信」はホームページの記事から作成しています。 gungoroso.org
感想や意見、投稿もお寄せください。電話 090-9016-0272 メール gungoroso@ybb.ne.jp

mail gungoroso@ybb.ne.jp

コンビニ関連ユニオン結成される!

2019年6月9日、コンビニ関連ユニオン結成大会が開かれた。コンビニの本部社員、オーナー、店舗従業員、派遣社員、地域合同一般ユニオン、取材のマスコミ関係者などが出席して、会場は床に座り込む人であふれた。

http://konbiniworker.org/

群馬合同労働組合の組合員でセブンイレブンオーナーの永尾潤さんが副委員長、清水彰二委員長が書記次長に就任した。

群馬合同労組は、コンビニ関連ユニオンと一体となって、労働者の団結で、働く者が人間らしく生きられる社会の建設の先頭に立つ決意だ。コンビニオーナー、本部社員、店舗従業員、配送ドライバー、デリカ工場労働者など、コンビニに関連するすべての労働者はコンビニ関連ユニオンに加入してともに声をあげよう!

コンビニ関連ユニオンホームページの記事はこちら。

高崎に動労連帯高崎の旗が立つ!

 ついに群馬・高崎の地に動労連帯高崎の旗が立ちました。えっ?と思う方もおられると思いますが、これまで動労連帯高崎の組合員は埼玉の熊谷・籠原(かごはら)の事業所で闘っていて(大宮の手前まで高崎支社管内)、最後の群馬県内の組合員が退職してからもう10年ほどが経っていました。

 新たに加入してくれたのは、高崎駅の機動要員センター所属のAさん(58歳)。要員機動センターというのは高崎駅管理区内の駅務の補助業務を統括している職場です。

 以前から神経症を患っていました。昨年の夏に駅長と企画助役から「お前なんか紙切れ一枚で…どこでも飛ばせられるんだよ!」などのパワハラを受けました。これを問題とするや、報復のように突然、これまで支給されてきた通勤用の駐車券が支給されなくなったといいます。

 それで追いつめられたAさんは、インターネットで、いっしょに闘ってくれるユニオンを探して、見つけたのが群馬合同労組でした。組合に連絡をして委員長と直接会って話をすることになりました。

 群馬合同労組の委員長が、この話を動労連帯高崎に報告したところ、ぜひ同席して、動労連帯高崎への加盟を訴えたいということになり、同席してもらうことになりました。

 そして5月初旬、群馬合同労組の組合事務所で、3人で、会って話をしました。

 結論的に群馬合同労組委員長が思ったのは、Aさんへのパワハラは決して個人的な感情や嫌がらせにとどまらないのではないか、都心の駅も無人化と外注化が激しく進行している中でJR東日本は機動要員センターそのものを廃止しようとしているのではないか、ということです。実際、高崎支社管内でも、無人化・外注化が進み、機動要員センターは年々縮小されてきています。そんな小さな職場で休職したままの労働者がほかにもいるというのです。

 群馬合同労組委員長は言いました。したがって、Aさんの問題はJRという、日本の労働運動と日本の未来を決する産別の中で、動労千葉が第3の「分割・民営化」というところの、大合理化・外注化・非正規化との激しい攻防として、あるということです。

 だから、地域の小さなパワハラ問題ととらえて闘うのでは勝利できない、高崎駅に断固として、動労連帯高崎という産別労組の旗を立てて、いっしょに闘いましょう、群馬合同労組には二重加盟してもらいともに闘いに責任を取ります、と。

 Aさんは、その通り加入して闘うことを決意してくれました。

 動労連帯高崎からすでにJR東日本高崎支社に対して、パワハラについて謝罪すること、駐車券を支給すること、などの要求書を提出しました。

 5月31日には、A組合員、動労連帯高崎木村書記長、B組合員、群馬合同労組清水委員長の4名で、高崎駅長に対する申し入れ行動を行いました。ところが駅長は、すぐ見えるところにいるにもかかわらず、「業務中なので組合活動には対応できない」と引きこもったまま出てきません。助役に対応させて、助役も困ってしまいます。助役も「団体交渉で支社として対応します」と逃げるばかり。冗談ではありません。パワハラも、駐車券の不支給も、全部駅長がやったことではないですか?やましいことがなければ話ぐらい聞けばいいではないですか?組合は、団体交渉に必ず駅長が出席するように、誠実に対応するようにと、申し入れて、引き上げました。

 駅長は、結局、申し入れに対して、コソコソして出てくることもできませんでした。たくさんの職員がそれはしっかりと見ていました。なんだ、あの駅長はたいしたことない、Aさんの感想です。

 高崎の正社員が、動労連帯高崎に加入した、このニュースはまたたく間に広がり、栃木の某駅長が数日後には知っていたそうです。組織はまだ小さいかもしれません。しかし労使結託体制の、一方のJR東労組が解体してしまった今、一人でも命がけで闘うという労働者の登場が、JRを揺るがしています。私たちは必ず勝利します。すべてのJR労働者は、動労総連合に結集しましょう。高崎支社の労働者は動労連帯高崎へ加入しましょう!

動労連帯高崎の仲間が高崎駅長申し入れ行動にかけつける
駅長申し入れ行動終わって勝利の総括会議