東京都議会議員選挙、杉並から北島くにひこを都議会へ!

7月2日にせまった東京都議会議員選挙。安倍政治に断を下す重要な選挙になりました。

群馬合同労働組合は杉並区から立候補している「北島くにひこ」推薦を決めています。

東京西部ユニオン副委員長としてともに闘う仲間です。

杉並にお住まいの方はぜひ「北島くにひこ」に投票をお願いします。

杉並に家族、友人、知人のおられる方は、ぜひ「北島くにひこ」に投票するように呼びかけてください。

選挙ポスターのスローガンは
豊洲白紙撤回 オリンピック反対 小池を倒せ!
「共謀罪」廃止!アベを監獄へ!

 

こんな本物はほかにはいません。

よろしくお願いいたします。

 

http://www.tokakushin.org/wp/

 

群馬バスは不当労働行為を居直るな!

群馬バスは先週の「群馬バスの休日出勤差別を粉砕!」の記事がよほどしゃくにさわったのであろうか、あらためてO副分会長に対して休日勤務をやらせないという態度を明確にし、6月14日付で「回答書」をファクスで送付してきた。そこには「貴組合は、団体交渉において、休日勤務につきO氏らの同意を得ることを強く求められましたところ、当社は、O氏の同意が得られない限りはO氏に休日勤務を命じないという対応を貫いております。」などとされている。ふざけるんじゃない。これこそ不当労働行為の証拠じゃないか。

群馬合同労組は6月15日付であらためて以下の「要求書」を送付した。もちろん団体交渉で解決するとは考えてはいない。

 

 

2017年6月15日

要 求 書

 

2017年6月14日付貴社「回答書」を確認した。

これに関して、再度抗議し、下記の通り、要求するので6月30日までに団体交渉を開催の上、文書にて回答されたい。

 

当労働組合は、2017年5月23日付「要求書」の要求項目第1項目において「Oに対して、休日勤務の減少、それにともなう賃金の減少が行われているので、即刻差別的な不利益取扱いをやめること。」と要求した。これについて、同「回答書」は、「貴組合は、団体交渉において、休日勤務につきO氏らの同意を得ることを強く求められましたところ、当社は、O氏の同意が得られない限りはO氏に休日勤務を命じないという対応を貫いております。また、O氏が休日勤務を望まれる揚合には、配車業務の都合上乗車日の7日前までに申し出ていただければ可能な範囲で対応いたします。」との回答を行った。

 

第1回団体交渉において、休日出勤に関しては、以下の通りのやり取りが行われている。(注…「長井」は株式会社群馬バス代理人・長井友之弁護士、「御園生」は株式会社群馬バス・御園生知之代表取締役、「M」は群馬合同労組群馬バス分会・M分会長、「A」は群馬合同労組交渉委員、「清水」は群馬合同労働組合・清水彰二執行委員長)

 

長井  ちょっと空転しているように思うんですよ。こういう理解でいいですか?Mさんに関しては会社の方としては休日出勤をお願いしない

御園生 うん。しない。

A   いや、そういうことをいってないですよ

M   そういうことはいってませんよ

清水  いや、だから、ね、さっきからいってますけども、いったんそういうふうにいった(M分会長が「週休2日でいきたい」と言ったこと)けれども、それは最初にそういう説明をされてて、実態は違うということに対する不信感があるということで

長井  まぁ僕の表現でいえば勢いでおっしゃったのかなと、さっきいったじゃないですか

清水  はいはい

長井  だからそれをそのまま聞く気はないですよ、こっちは

清水  はいはい

長井  もう一回もうしあげるとあのーみなさんがいう、委員長がいうようにね、いわれるように、給与規程の計算がわかんないから云々とおっしゃる、一見その通りとも思うけども、よく考えればざっくりとはわかるでしょ?1日出ればどれだけなのか、ね、で、結局は休みの大事さとかせぐ大事さとで悩まれているわけでしょ?それに対して何十何円まで出なくても1日、月のうちの、要は週休2日だけど出ればどのぐらいになるかいうのはざっくりとはわかるんじゃないんですか

清水  いやだからそれは、それがわかんないから、ね、あの残業代の問題も出してるわけですよ、だからおかしいということなんですよ、だからちょっと待ってください、それについてはね

 

以上のように、当組合は、組合員の週休2日勤務を要求していることも、それに同意していることもない。

当労働組合が確認しているのは、以下の通りである。

  • 原則として、休日勤務については、任意であるとの確認にもとずいて、可能な限り本人の同意を得ること。
  • 休日の振替について、本人の合意を取ること。振替日を必ず指定すること。
  • 現場的にはどういうやり方がいいのか、引き続き協議をすること。
  • 賃金計算の方法が不明確であり、ここが解決しなければ、休日出勤の判断は留保すること。
  • 賃金計算の方法については、当組合への提出を確認した賃金規程等の提出も撤回され、第2回団体交渉において、休日出勤や時間外賃金の考え方がはじめて説明されるなど、いまだ判断の材料が提供されていないこと。

 

よって、下記の通り要求する。

 

 

 

  • 同「回答書」にある「団体交渉において、休日勤務につきO氏らの同意を得ることを強く求められました」とは、いつ、だれに、どのように求められたのか、明らかにされたい。
  • 「O氏の同意が得られない限りは小澤氏に休日勤務を命じないとの対応」はいつ、どの場で、だれが決定したのか、明らかにされたい。
  • Oは、休日勤務をさせるように、休日勤務をやらせない対応は不当であると、満島榛名営業所長に対して、繰り返し抗議をしている。群馬合同労働組合としても清水彰二執行委員長が電話において、満島所長に繰り返し抗議をしている。にもかかわらず「O氏の同意が得られない」から「休日勤務を命じない」とはどういうことなのか、説明されたい。
  • 即刻Oに対する不当な休日勤務の禁止をやめること。
  • この間Oの希望にもかかわらず休日出勤を禁止した勤務日について、謝罪し、休日出勤したものとして取扱い、平均賃金を支払うこと。

 

以上

 

共謀罪成立をぶっとばそう!

本日6月15日、共謀罪が参議院で与党の強行採決により可決成立した。絶対に許せない。

共謀罪は、「テロ等準備罪」と称して、「テロ」を防止する目的であるかのように言われているが、安倍と政府与党は「テロ」防止などまともに考えてはいない。「テロ」から「国民の生命・財産」を守りたいというのなら、オリンピックをやめろということだ。安倍の政治は確実に2020年東京オリンピックを「テロ」の悲劇の戦場にするものだ。それは福島の切り捨て、労働者民衆の切り捨て政治とひとつながりだ。

共謀罪は、すべての労働者市民を監視する体制・システムを合法化し、安倍と政府与党、権力に反対する者をいつでも犯罪者に仕立て上げる法律だ。

しかしながら、反権力を闘う者を犯罪者に仕立て上げるというやり方は、決して共謀罪がはじめてではない。70年安保闘争の時には「破壊活動防止法」が発動され、聴衆の前でしゃべっただけで逮捕された。2年前には群馬合同労組の仲間が、仲間の契約した携帯電話を使用していたことが「詐欺罪」だとして二人が逮捕された。今年に入って、レンタカーを借り交通費を折半して福島ツアーを行ったことが「白タク」=「道路運送法」違反だとして、埼玉の仲間3人が逮捕された。労働組合の仲間が団体交渉で「脅迫」したとか、ビラまきや抗議行動が犯罪だとして逮捕されている。要するに、何でもないことを犯罪に仕立て上げ、逮捕=弾圧されるということは、ずっと続いてきた。問題は、共謀罪成立で、これまでは一部の活動家にやられていたことが、すべての労働者市民自身の問題になるということ。

大事なことはふたつある。ひとつは、安倍・支配階級・権力が、そこまで危機を深めているということ。そこまでやるのは、そこまでやらないと自分たちが危ないからだ。森友・加計学園は象徴的事件。

もうひとつは、こちらのハラのすわり方が問われているということ。

群馬合同労組にはよくわかる。こういうときはこちらのハラのすわり方なんだということが。ブラック企業に対して声をあげるときと同じなのだ。解雇やパワハラ、ブラック企業の暴力的な支配に対し、労働者の決起は本質的に実力の闘争だ。しかし一人がハラをすえてたち上がれば、必ず団結が生まれ、拡大する。労働者階級の団結は正規・非正規、民族や国境、さまざまな違いをこえて、ものすごい力を獲得する。それはたとえ仲間が獄にとらわれることがあっても決して負けることはない。むしろ団結を拡大することができる。星野文昭さんの闘いのように。

群馬合同労組は中央タクシー分会の仲間が2年前に組合に加入、闘いが闘いをよぶという状況をつくりだしてきた。先日高崎駅金曜日行動で、中央タクシーの仲間がこんな話をした。

労働組合をネットで探していて、群馬合同労組の仲間二人が「詐欺罪」で逮捕された記事を見つけた。決め手だったのは、警察に抗議に行き、逮捕に抗議して、たくさんの人があつまって声をあげていたこと。本物の大衆運動の力を感じた。自分も人生かけてやろうと思った。韓国の運動が大統領を倒し、逮捕させた。自分たちにも必ずそういうことができる。共謀罪に負けずにがんばろう。

群馬バスの休日出勤差別を粉砕!

群馬バス(株)は、3月15日のM分会長不当解雇に続いて、O副分会長に対して新たに法定外休日出勤をさせないという不当労働行為を行ってきた。O副分会長の度重なる激しい抗議、組合からの抗議、5月23日付要求書の提出、6月5日付通告書で群馬県労働委員会への不当労働行為救済申立を通告して闘ってきたが、群馬バスは6月7日付で今後はあらためる旨、ファクスで組合に回答してきた。ひとまず不当労働行為粉砕の勝利だ。

群馬バス(株)は、ほかの運転手と同様にこれまでずっと法定外休日出勤を慣例としてきたにもかかわらず、O副分会長だけに対して4月27日から突然法定外休日出勤をさせないという差別的取扱いを行うにいたった。理由は、会社が時間外労働の計算方法さえ明らかにしない中で、群馬合同労組が休日の振りかえについて明確にしろと要求したことである。しかも、群馬合同労組は第1回団体交渉の中で、賃金の減少を結果する休日労働の減少は認められないと明確に言明していたのに、である。これによってO副分会長は1回当たり11,000円以上、1ヶ月あまりで約8万円の減収、生活破壊を受けた。

絶対に許せない。O副分会長の度重なる激しい抗議、組合からの何度もの抗議に対しても満島榛名営業所長は会社からの指示だと居直るばかり。要求書を出しても、会社は「当該団体交渉開催の必要性を含めて検討中」なる不誠実な回答に終始した。組合は6月5日付通告書を会社に送付し、6月8日の法定外休日出勤をさせない対応を変えない場合、すみやかに不当労働行為救済の申し立てを行うと通告した。

そしてついに群馬バス(株)は、6月7日付「回答書」にて「6月8日分につきましては既に配車が行われておりますところ、同日に勤務することとなっている他の従業員との調整が必要となり同従業員に対し大きな影響が生じることを考慮しますと、O氏において同日に運転業務を行っていただくことは事実上困難ですので、ご要求には応じかねます。なお、休日勤務を望まれる揚合には、乗車日の7日前までに申し出ていただければ可能な範囲で対応いたします。」と回答してきた。まったくふざけた、怒りなしには読めない文面だが、要するに不当労働行為救済申立はやめてください、これからは休日出勤をさせますということ。もちろんこの責任追及は続くが、ひとまず不当労働行為を粉砕した勝利だ。

だいたい要員不足で運転士がたりない状況である。なにが「調整が必要」「大きな影響が生じる」だ!御園生知之専務は第1回団体交渉で、組合が休日出勤を制限することによって収入の減少になることは受け入れられないと言明していることを百も承知で、O副分会長に対して「調整」もせずに8万円の減収という「重大な影響」を引き起こした。明白な不当労働行為である。こんな不当な仕打ちをしておいて、労働委員会への申し立てを通告するやあわてて取り下げたのだ。

なぜ群馬バス(株)はこのような群馬合同労組への、不当労働行為をくり返すのか?それはこれまでの労働者をこきつかってきたやり方が、うまくいかなくなるからだ。群馬合同労組は、待機時間(「中休」)を2分の1にしてしまう労働時間と賃金の計算方法を許さない。さまざまな問題を暴き出して労働者の団結で職場を変える。

またそれは同時に、会社と癒着、一体化してきた群馬バス労働組合や交通ユニオンの腐敗も暴き出すものになる。昨年末、群馬バス労働組合の役員と交通ユニオンの役員が会社と一体となって、「爆サイ」というインターネットの書き込みサイトで「群馬バス」というスレッドをたちあげ、群馬合同労組組合員の聞くにたえない誹謗中傷、悪口ざんまいを書き連ねてきた。ここでは、ふたりを群馬バス労働組合の裏切り者と悪罵し、会社しか知らないはずの情報が脚色して書き連ねられている。裏ではこれらの組合の役員は「会社に残りたければO(副分会長)と話をするな」と会社になりかわって群馬バスの労働者を脅してまわっているという。絶対に許さない。

群馬バス分会の兄貴分、群馬合同労組中央タクシー分会は、組合結成から2年、きびしい組合つぶしの攻撃を受けてきたが、3月に群馬県労働委員会の不当労働行為救済命令を受けて、力関係は完全に逆転。組合のすべての要求が勝利している。
会社は、悪事をはたらいてきた社会保険労務士をすげかえ(逃げられた?)、これまでの違法な労務管理の完全な見直しをせまられている。不当労働行為の認定をうけて、ハローワークでは求人募集が許されず、ブラック企業の烙印を押されて、募集をかけても人が集まらない。群馬合同労組は、群馬バス経営陣にも同じように後悔させてみせる。ブラック企業は断じて許さない。
すべての労働者のみなさん、群馬合同労組に加入し、団結して闘いましょう。