3・16群馬バス分会ストライキを決定!

このエントリーをはてなブックマークに追加

 群馬合同労働組合は群馬バス分会の3月16日(土)の24時間ストライキを決定しました。

 これに先立ち、群馬合同労組は、群馬バスに対して、以下の通り、通告書を送付していました。

        通告書(2019年2月27日付)

 …当労働組合は、同年2月7日付で「春闘要求書」を提出し、同月28日までに団体交渉を開催し、文書にて回答することを要求しました。

 また、2017年12月26日付で、貴社の誠実団交応諾義務違反を群馬県労働委員会に救済を求めて申立を行い、命令を待っているところです。

 かかる状況の中で、貴社は、上記「FAX送信の件」において、団交期限の2日前になって「現在、株式会社群馬バスは、貴組合のご要望に応じることが困難な状況にあります。つきましては、平成31年3月29日午後3時から、団体交渉を行うことを提案させていただきます」との回答を行いました。

 当労働組合はこのような不誠実で、侮辱的な対応を許すことはできません。春闘要求であるにもかかわらず実質的に年度最終日を団交日に指定する悪意、そのような回答を団交期限の2日前になって通知するという悪意。不当な組合差別に基づくこのような対応に断固抗議するものです。 当労働組合は再度2019年3月5日までに団体交渉を開催することを要求します。この要求が受け入れられない場合は、抗議のストライキに入ることを通告します。

 そして群馬バスは最終的にこの3月5日までの団交開催の要求を拒否してきました。

 群馬合同労組は断固として3・16ストライキに入ります。群馬バスは今は群馬合同労組をなめています。しかしそれに対する回答がこのストライキです。ストライキこそ、労働者が、資本・会社との力関係を引っ繰りかえす道であると信じます。セブンイレブンの24時間営業止めた東大阪市のオーナーを見てください。たった一人でも不退転の闘いが始まったときに大きく状況が動き出す…それほど、生きさせろ!の底深い怒りが労働者に社会に満ちあふれています。

 みなさんのご支援、ともに立ち上がるという勇気が、勝負を決めます。ぜひご支援をお願いします。群馬バスのストライキをともに闘う「群馬春闘行動2019」の集会とデモに集まってください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください