群馬県労働委員会で闘い前進 群馬バス事件第5回委員調査

このエントリーをはてなブックマークに追加

1月30日(火)、群馬バス不当労働行為救済申立事件の第5回委員調査が開かれた。群馬合同労組は群馬バス分会、中央タクシー分会が有休をとって今回も全員が出席。総勢10名の組合員が補佐人として結集して闘った。

 

 

群馬バスの準備書面や提出する書証は突っ込みどころ満載で、これは勝てるなという確信が組合員にひろがっている。なぜかというと、会社の不当労働行為意思は事実であるので、隠しようがない。というか、隠そうとすればするほどボロが出る。控え室はまるで新年会でもやってるかのような、にぎやかさ、はなやかさ、大爆笑の連続。

 

この日に労働委員会から会社に対して出された「救釈明」をひとつ紹介したい。

『「被申立人は、第2回団体交渉において把握したO氏の意向にしたがって、勤務の調整を行っているだけである。」とあるが、「O氏の意向」は第2回団体交渉におけるどの発言を指すか、明らかにされたい。』…

これは存在しないものをあると強弁するからこういう救釈明が出てくる。「ないでしょ?あるというのだったらどこなのか明らかにして?」ということ。組合がさんざん追及しても、いいかげんにしらばっくれていたが、労働委員会ではそうはいかない。出してもらいましょう。

群馬合同労組組合員の悪口・誹謗中傷言いたい放題だった「爆サイ」も労働委員会の証拠に出されて形成が悪くなったら書き込みがピタッと止まった。弁護士に怒られて会社が書き込み禁止を指示したというところだろう。所詮、会社の指示でやってただけだということがよくわかる。

 

群馬合同労組への相談と加入が続いている。2018年は闘う労働組合が、大きく闘争と組織の拡大で、労働者に希望と団結の火をともす年だ。ともにたち上がろう。

群馬県労働委員会で闘い前進 群馬バス事件第5回委員調査」への7件のフィードバック

  1. お疲れ様です。
    今年もよろしくお願いします。
     昨年の11月全国労働者集会で群馬バス分会の皆さんと中央タクシー分会の皆さんとお目にかかって以来です。
    写真で皆さんの元気いっぱいの笑顔を見て嬉しくなりメールをしました。解雇撤回の闘争での当該は本当に大変で辛いものがあります。自分も解雇され解雇撤回闘争を3年間死にものぐるいで闘ってきました。解雇当該の気持ちは痛いほどわかります。一緒に闘う仲間に本当に励まされ「負けてたまるか」という気持ちがより一層強くなっていく自分がありました。不当解雇を行った会社は、組合員を解雇して「もう組合は無くなるよ」と思っているのでしょうが、経営者の浅はかさですね。闘う労働組合の真の怖さがわからないでいるのでしょうね。これから日に日にその本当の恐怖が沸いてくると思います。不当な解雇を平気でやつた真実が暴き出されていくからです。その不当性とデタラメ、組合員への不利益扱いと支配介入が社会に暴露されます。これ以上の会社としての屈辱と信用を失うことは無いでしょう。それまで恐怖の日々を社長は味わうことです。
     群馬合同労組に所属する闘う仲間の皆さん。
    自分達が負けないで団結が崩さなければ必ず勝利します。
    労働組合の真の力を発揮してください。労働組合が闘えば勝利する。その自信と確信を持って闘ってください。
     鈴コン分会も同じ運転手です。生コン、トラック、バス、タクシーと動かす車は違いますが、運転手としては気持ちは一緒です。長時間労働、低賃金、非正規、過労死等と言われる運転業界ですが、我々の団結した力と闘いでこのことを根底からぶっ飛ばして、働きやすい、生活が出来る雇用と権利を奪い返していきましょう。
     今度はGTRの会議でお目にかかりたいものです。
    関西地区生コン支部、近畿トラック支部MK運輸分会も権利獲得と労働組合の全てをかけて日々弾圧、不当労働行為と闘っています。日本列島全ての運輸、建設労働者、運転手垣根を越えて大同団結する時代が来ました。我々も命をかけて闘います。来る未来のため勝利のために今を全力で闘い抜きましょう!
    鈴木コンクリート工業分会 書記長 吉本伸幸

    • 吉本さん。ありがとうございます。早くからだを直して復帰よろしくお願いします。さみしくて仕方ありません。団結!闘争!

  2. 今回の労働委員会では、会社の化けの皮がはがれたと言っていいでしょう。 準備書類には嘘ばかりである。 私の意向とやらを証拠であるというので楽しみです❗ どうするのかな? ブラック企業群馬バス❗ しかし、書類が増えたから次回の労働委員会延期したよ会社の弁護士さん。 しっかりして下さい。

  3. 群馬バスの労働委員会に出席頂いた皆さま分会として心よりお礼申し上げます。
    エールを下さいました吉本さんありがとうございます

    しかし、最後の群馬バス側弁護士のN、大先生のサプライズには驚きました、申し立て内容が増えて求釈明が増えたから次回の労働委員会の日程を延期してくださいとは・・・

    やむにやまれぬ事情があるならともかく、だいの大人が他の方の都合も一切考えず、提出書類が増えたぐらいの低レベルな理由で何か月も前から決まっている予定を延期して下さいなんて自分勝手にも程がある、あまりにも幼稚で呆れました????

    社会人としてあり得ません、弁護士の職業って甘い所なんですかね?まるで、宿題増やされたから提出を待って下さいって言う子供と同じですよ、まあ、子供でも言わないと思いますが、こんな低レベルな企業を倒すため俺は徹底的に闘います、皆様のご支援をお願いします

  4. 吉本様ありがとうございます❗ 群馬バス 執行部にいた2人が 群馬合同 労働組合で インチキ労働 ドンドン解明していきます! 補助金は十分に もらってるはずなのに従業員我々 低賃金になっております! 全て開示をしてもらう戦いが 動き出しております 全国の人 群馬県の 方々 我々納めた税金の中からの バス事業補助金行方がどんどん上がってくる はずです

  5. ブラック企業群馬バスM専務が
    社内に掲示してきた内容はネット、
    ブログ、SNSに会社、個人を誹謗
    中傷すれば処分をするとの事。
    今まで会社組織ぐるみで群馬合同労
    組、群馬バス分会組合員に対して
    誹謗中傷、差別、嫌がらせしてきた
    くせによく言えたな。
    自分がされると嫌みたいだな。
    自分がされると嫌なら人にもしなけ
    ればいいのだが情けない奴等だ。
    おかげで組合員を誹謗中傷した内容
    は証拠で労働委員会に提出した。
    いまごろ対策しても遅いね。

    2月5日昼頃仲間と2人で榛名神社に
    参拝に行きました。
    すると群馬バスM御一行が
    御祈祷していた。終わり出てきた所
    に偶然にも見つけてしまった。
    Mは見てみぬふりをしていた。
    貸切バス所長は笑顔で手を振っ
    てくれた。貸切バス所長は器がMと
    は違うね。
    労働委員会で追い込まれ神頼みとは
    ね。笑える!組合員仲間にメール一
    斉送信したら皆爆笑していた。
    御祈祷に来て俺に会うとは縁起が悪
    い、榛名神社山の神様が俺を祝福し
    てるようでした。
    中央タクシーも群馬バスも労働者に
    働いた対価を払わず休みも与えず長
    時間労働させ声をあげれば差別、不
    当労働行為、徹底的に弾圧してくる

    ふざけるな!今までMが何十人
    労働者を解雇してきたのだ。
    必ず償わせる!
    誹謗中傷すれば処分をすると脅しを
    してくるが戦う労働組合群馬合同労
    組に脅しは通用しないのだよ。

    交通ユニオン群馬バスMは今まで
    会社、Mは敵だ、Mは俺が
    怖くて何も言えないと乗務員に吹い
    ていたが、自分を守る為にMに
    ベッタリで犬になったよと乗務員か
    ら聞いている。
    嘘で固めて来たMだがつじつまが
    合わなくなるものだね。
    交通ユニオンの面汚しが!

    専務Mとの戦いは始まったばかりだ
    ぞ!何十年かかろうが諦めず勝利す
    るまで徹底的に戦い続けるから楽し
    みにしてくれ。
    ブラック企業を世の中から無くさな
    い限り労働者に未来はない。
    前進あるのみです。

    • ブラック企業の経営陣の特徴は、自己中心的で自分達が行ってきた事は、全て正しいと思い込み

      同じような事をやり返すと 加害者のクセして、被害者ヅラ
      年だけくって、中身は子供のまま

      経営云々の前に幼稚園でやって良いこと悪いことを
      よく教わってから
      社会に出てきて欲しいですね

      同じ社会人として、大変迷惑です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください