中央タクシー残業代裁判、第2回口頭弁論ひらかれる

このエントリーをはてなブックマークに追加

本日2月13日、前橋地方裁判所本庁にて、中央タクシー分会3名が原告である残業代裁判の第2回口頭弁論がひらかれた。原告3名と組合員5名が傍聴で参加。被告の会社は中山耕平弁護士一人のみ。社長はやはり逃亡。組合員は、これが中山耕平弁護士か…と、まじまじと見つめる。労働委員会の書類もこいつが書いていたんだろうな…

会社からは、労働時間に関して、組合の証拠に対抗して業務日報とそれをもとにした労働時間の表が証拠として提出された。しかしこれが食わせ物だ。「紛失」と称してまるまる1ヶ月抜けていたり、出勤したはずの日が出勤扱いになっていなかったり。おまけに改ざんのあとがあったり、本人の字ではないものまである。すでに暴露したように、国土交通省の基準である拘束時間16時間をこえるような場合にはタコグラフを途中で2枚目に差しかえて、拘束時間・運転時間を改ざんする犯罪的なやり方を組織的に行ってきた。それもほおかむりしている。

組合としては当然、これらは認められない。

それと、問題は休憩時間である。会社は、追って主張するとしてこの点はまだ出していない。しかし待機時間を休憩時間と主張するつもりである。空港まで客を乗せていって、帰りの客を待つ時間。長ければ6~7時間になる。結局、ここが焦点になる。群馬バスの中休と同じだ。

待機時間を労働時間とせず、休憩時間にしてしまう。そうすると生活を破壊する長時間拘束も可能になる上、運転手を低賃金でこき使うことが可能になる。業界全体でドライバーを苦しめる根源がここにある。

3月のはじめに団交も決まりそうだ。3月は大きな節目になる。

会社の代理人・中山耕平弁護士は長野から来ている。それで「出頭困難」なので、電話会議による弁論準備手続きを要望している。冗談ではない。組合の傍聴の権利を侵害するな。そんな弁護士を代理人にするな。

 

 

 

中央タクシー残業代裁判、第2回口頭弁論ひらかれる」への5件のフィードバック

  1. 中央タクシー宇都宮会長、社長逃げたね。
    自分たちが労働者、お客様を騙していた
    のだ!出てきて謝罪しろ!
    群馬合同労組は絶対に逃がさない!
    先日群馬営業所長山本光男にビラを5000
    枚以上まいてるよと言うと困った顔で笑え
    ないよと言っていた。
    笑えないのは分会組合員の俺たちだ!
    川谷内さんは乗務降ろされて1年8ヶ月
    俺と都丸さんは8万違法に減額されて1年6
    ヶ月、都丸さんは1年以上給湯器直せずに
    水シャワーで耐えている!
    所長山本光男は会社のやり過ぎに都丸さん
    に会社のシャワーを使っていいと言ってい
    る。
    でも都丸さんはこれは闘いだからと会社の
    シャワーを1度も使わない。
    この寒さの中、毎日水シャワーを浴びてな
    れたよと言っている。まるで修行僧のようだ!
    皆分からないだろうが闘いとは自分との闘い
    なのです。
    代理人の中山弁護士は色白で細く今にも倒れ
    そうなやつだった。お前が今まで労働委員会の
    書類を書いてたのか!
    大丈夫か?肉を食べて体を強くしないと倒れる
    ぞ!
    それで俺たちと闘えるのか?

    群馬バス専務御園生も逃げても無駄だ!
    絶対に逃がさない。俺の生涯をかけて必ず倒す
    まで諦めない。10年かかろうが20年かかろうが
    闘い続ける!
    昨日群馬バス分会組合員が高崎ハローワークで
    ビラ巻きをしたら夕方には労働相談の連絡が来
    た。
    ブラック企業がのさばってるおかげで労働者は
    苦しんでいる。
    群馬合同労組は必ずブラック企業を倒します。
    今まで負けたことはありません。
    必ず解決できます。皆団結して立ちあがりましょう。

  2. ハローワーク高崎で、ビラまきしました。 早速、労働相談の連絡ありました。 1人で悩まず、我らと共にたちあがりブラック企業を倒しましょう。 心配御無用 必ず勝てます❗

  3. ハローワークで副分会長とビラ巻きを行い、利用者の人数がぁ多いのにはビックリしました、失業、もしくは何かしらのジ事情で転職を考えている人が多いと言うことですよね、求人には良いことしか書いてありません、今回のビラ巻きは真実を知ってもらうためには大きな意味があったと思います、ハローワーク利用者の皆さん一人で悩まず共に闘いましょう

  4. 長野在住なのに前橋地裁に「出頭困難」ってそんな訳ないでしょ。新幹線でも高速道路でも使えばいいのに。大勢の人の人生がかかってる裁判であることを忘れていると思う。真剣さが足りない。いちゃもんつけて弁護士会に懲戒請求でも出したらどうですか?

  5. 営業所にまたまた伝説が生まれた。
    と貼り紙が掲示されていた。
    内容は1月22日乗務員が煙が出てる
    家を見つけ消防連絡、人命を救助し
    たとのことでした。
    素晴らしい乗務員です。
    この乗務員は昔のたけしのアンビリ
    ーバボで幼い子供に靴下の話で親切
    にして視聴者から感動したと言われ
    た人です。
    中央タクシー乗務員は皆親切をモッ
    ットーでお客様のためになればとい
    う気持ちで仕事をしている。
    だからメディアに何度か取り上げら
    れてきたのだ。
    しかし会社の社長宇都宮司は長時間
    労働させて残業代をいっさい払わな
    い!
    そんなことを何十年もやってきた。
    またまた伝説が生まれたなどと掲示
    して恥ずかしくないのか!
    伝説をつくる乗務員を騙して恥ずか
    しくないのか!
    素晴らしい乗務員に感謝して賃金を
    払ったらどうだ!
    何がお客様主義、利益はあとだ!
    利益しか考えていないだろうが。
    違法に長時間労働させて残業代をい
    っさい払わず休みもあたえない。
    世間ではブラック企業は労働犯罪者
    と言われている。
    分会組合員が立ち上がったら乗務降
    ろして賃金8万カット賞与0の攻撃を
    1年9ヶ月いまだにしている。
    今月には労働委員会から命令が出る

    労働者の一番弱い乗務降ろし、賃金
    カット生活破壊をされてます。
    普通なら辞めています。
    群馬営業所管理者篠原は1年6ヶ月で
    嫌がらせの配車を楽しみ8人辞めさた
    。辞めていった人は悔しかったろう!
    分会組合員3人は命をかけて闘ってき
    ました。これからも闘い続けます。
    群馬営業所長山本光男は故障した車、
    廃車にする車を車が足りないからと乗
    務員に乗せている。
    分会組合員は故障した車にお客様を乗
    せるのか!と注意している。
    長野本社から車の要求しても足らなく
    て持ってこれない状態が続いている。
    労働基準監督署から是正勧告受けて人
    を増やしているのはいいが増車が間に
    あわない。
    車が足らない状態で山梨に営業所をだ
    している。
    組合から山本光男所長にどんなに要求
    しても経営者がパーすぎて山本光男も
    困っている。
    社長宇都宮司は経営者は無理だ。
    3月6日に団体交渉だが内容わかってい
    るのかな?
    こちらが要求した内容がわかってない
    から致命的だ!
    労務者、弁護士が出て来なければ話に
    ならないのだが労務者、弁護士も嫌が
    って出てきたことは一度もない。
    裁判所にも来たくないらしくテレビ電
    にしてくれと言ってるくらいだからね。

    群馬合同労組は苦しんでいる労務者の
    味方です。
    ブラック企業必ず倒します。
    労働相談お待ちしてます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です