群成舎の群馬県労働委員会救済申立の棄却決定について

このエントリーをはてなブックマークに追加

1月30日、群馬県労働委員会は、群馬合同労組が申し立てていた群成舎の不当労働行為救済申立について、これを棄却する決定を交付しました。

http://www.pref.gunma.jp/houdou/w0200012.html

 

 

棄却は想定の範囲内。くやしい思いはやまやまですが、当該のO組合員が、ブラック企業・群成舎を許さないと闘い抜いたこと、組合員が一丸となって、O組合員の怒り、苦しみ、勇気を共有し、団結を築き上げてきたこと、仲間が労働組合と団結に希望と展望をつかんだこと。ここにこそ、群成舎の闘いの総括があります。

群成舎は従業員数240名、高崎を中心に、ゴミ収集、リサイクル、環境事業、施設管理などを手がける。O組合員は2015年11月に入社しました。前の会社で続けて2件の死亡事故、それでも抜本的な手立てを打とうとしない会社が嫌になり、年老いて病気もある親の介護もできそうだと群成舎の施設管理部門である「ライフサービス部」に就職を決めました。

ところが入社してみると、群成舎はまるで話が違うブラック企業でした。タイムカードもなくサービス残業当たり前、パワハラにいじめ…労働基準監督署や労働局に相談に行くと、「ああ、また群成舎ね…」という担当者の対応。かといって、労基署や労働局が何とかしようという、姿勢も感じられない。それでOさんは群馬合同労組に相談、加入して、闘うことを決めました。

組合は、タイムカードの設置、残業代の支払いなどを要求して、最初の要求書を2015年12月20日付で送付しました。「事情聴取等も含めて」支配・介入の不当労働行為をしないようにと警告も添えて。

要求書の提出を受けて、会社の対応は以下の通りでした。

  1. 残業代についてO組合員に請求を出させて支払う(7万円余)。
  2. 組合については無視を決め込む。
  3. 6ヶ月の試用期間でO組合員を追い出す。

その中で、12月29日に芝崎勝治代表取締役社長による、「新人面談」がO組合員に対して行われ、「お見合い期間中」「ずっとお付き合いできるのか見定めたい」などの話がなされました。

確かに、この時点で、会社の不当労働行為意思が明白であったとは言いにくい。群成舎がO組合員を片道2時間以上かかる遠隔地に不当配転したのもその後だったし、団体交渉から逃げ回ったのもその後の話。そもそも組合はそれらの明々白々たる不当労働行為をワンセットで救済申立を争ってきました。

組合は、総力で団結して闘いました。団体交渉では、ほかの組合員も涙を流しながら、O組合員と団結して、激しく闘い抜きました。それによって、6ヶ月での試用期間切れ、解雇の策動をいったんは阻止しました。しかし会社は、試用契約書は「試用契約社員」としての雇用契約書であると、詐欺同然のへりくつを使って、正社員採用をせず、2ヶ月の有期契約の更新という、でたらめな処遇をしてきました。こんなことは労働組合の名にかけてぶっとばす!と決意した矢先でした。

O組合員の親の入院という非常事態に直面しました。群成舎の徹底した不当労働行為は、O組合員に過重な負担を負わせるものでした。睡眠不足、親の介護の破綻、パワハラと嫌がらせ…ギリギリの状況で医師に睡眠導入剤を処方してもらいながら、O組合員は本当にがんばってきました。そこに親の入院がのしかかりました。契約社員だから休職規程がないとブラック企業・群成舎は、O組合員の休職を認めませんでした。許せません。しかし闘争の継続は無理と判断せざるをえませんでした。

退職を前提にすると、救済申立も維持することが難しくなりましたが、社長の面談だけは取り下げませんでした。和解なんて絶対しない!許さない!という意思の結果として今回の命令が出されたということです。

だから群馬合同労組は、今回の労働委員会の棄却決定を負けだとは思いません。労働者は、群馬合同労組は、結果的に負けであろうと、絶対に屈しないんだ、ブラック企業と新自由主義をぶっ倒すまで団結して闘い抜くんだ、そういう意思・根性・誇りを示すことができたと思います。そうです。闘いは続くのです。群成舎の労働者のみなさん、ここに、団結して、ともに闘う仲間がいます。勇気を出して、生活と命のためにともに闘いましょう!ブラック企業・群成舎をやっつけましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です