12・27栗原工業ストライキ!

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

 

12月27日、群馬合同労組栗原工業分会・金井組合員は24時間ストライキにたち上がった。朝8時に組合員、支援共闘会議の仲間、11人が結集。会社周辺へのビラのポスティングを行い、門前でのスト突入・抗議集会を行う。

 

11月21日付で要求書を提出。①冬期一時金を1ヶ月分とすること②弁当購入者に補助している弁当代補助を弁当持参の金井組合員にも補助すること、の2点。さらに有休取得に応じて減額されていた「皆勤手当」の減額分を支払うことを団交当日に加えた。12月7日に夏に続いて第2回目の団体交渉。会社は社長と田中義信弁護士が出席。回答は冬期賞与5万円、弁当代補助は支給しない、「皆勤手当」減額分3万円は支払うというもの。納得できない、あらゆる手をつくして、要求貫徹のために闘うことを通告。そして再回答を求めた。しかし再回答はまったく前進のないものだった。組合としては、誠意のある対応であれば、妥協も視野に入れていた。経営状態がよくないこともわかっている。今後弁当持参者にも弁当代補助することで合意できれば妥協の余地はあると考えていた。しかし、会社は、こんな当然の要求にも誠意を見せなかった。

 

金井組合員の怒りは激しかった。一人親で、一時金が昨年から半分以下になったことで、ダブルワークを余儀なくされていた。社長や社長の母親から行われる嫌がらせもハラにすえかねていた。年末で厳しい状況だったが、自腹でストライキに立つ決意を固めた。

 

この決断を群馬合同労組の組合員、支援共闘会議の仲間は断固支持して、スト当日の結集となった。群馬バス分会の仲間は有休をとってかけつけた。労働者は、同じような思いをしてがんばっているのだ。たち上がる仲間がいればそこに希望と団結が生まれるのだ。泣き寝入りしてきた現実を、闘う労働組合の団結の強化と拡大で打ち破るのだ。群馬合同労組に加入して、ともに団結してたち上がれば勝利できることを示すのだ。

 

スト突入集会では、参加者がそれぞれの思い、怒りを会社にぶつけた。最初は金井組合員に車を敷地に止めるなとわめいた社長の母親も隠れてのぞいているだけ。出てきて話を聞け!という組合員の前に姿をあらわすこともできない。最後になって、同僚の年配者が出てきて、社長一族に代わって、車を敷地から出せという。組合員の抗議にあって、「あんたらはおかしい。会社からむしり取るなんて、労働組合じゃない」と言う。冗談じゃない。群馬合同労組がいつ栗原工業からむしり取ったというのか?誠意も見せず、払うものも払わないじゃないか。「おれは運輸労連の役員をやっていたんだ。会社がうまくいって社員の生活がなりたつんだ」と言う。なるほど。こういうことを言う人間が役員をやっているから労働組合が腐ったのだ。そしてこの人はしっかり自分は弁当代の補助を受けているのである。それでこういうことを言うのだ。

 

ストライキは労働者が置かれている現実をすべて暴き出す力がある。そしてさまざまな逆風を打ち返す力を労働者の中につくり出す。群馬合同労組は栗原工業分会・金井組合員ととことん団結して必ず勝利する。みなさん、ともに闘おう!

12・27栗原工業ストライキ!」への3件のフィードバック

  1. 運輸労連の元役員?
    はぁ〜〜〜

    だから何なの?

    それで、うちの組合がビビるとでもいいたいのかな?

    従業員が、生活出来ない会社など経営責任だろうが!

    元役員と言っているが、労働者の生活を守れないお粗末な、組合だったんだろうね。

    今回の話しでは、過去の栄光www 関係ないよね。

    社長一族のハラスメント。具体的には解らないが、八つ当たりで従業員を苦しめているなら、絶対に許せない!

  2. 群馬合同労組の皆さん! 栗原工業分会の組合員の皆さんへ
    断固ストライキを指示し、心からの敬意を表します。
     会社だったら何でも出来るという幻想を、団結した労働者の力・武器である闘う労働組合の真の姿を見せて思い知らせてやりましょう! 奴等は心底震え上がるでしょう。労働者と闘う労働組合をなめてかかったらどうなるかと言うことを!
    我々鈴コン分会も共に連帯し、職場で闘っていきます。労働組合が闘えば必ず勝利します。共に闘い、この道を進みましょう!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です