8月26日の中央タクシー本社(長野市若穂保科)抗議行動、長野市内デモの動画をアップ

このエントリーをはてなブックマークに追加

8月26日(金)、長野県長野市にある中央タクシー本社行動と、長野市内デモにたちました。

早朝、組合事務所に集まって、宣伝カーとワゴン車を連ねて出発した群馬合同労組組合員と支援共闘会議の仲間12人で、まず朝の本社門前抗議行動に起ちました。東京から駆けつけてくれた吉崎製作所会社破産・全員解雇攻撃と闘う東京東部ユニオンの仲間と合流。群馬からのみんなは大感激!ありがとう!

朝の門前抗議行動では、多くの労働者がビラを受け取ってくれました。分会員は代わる代わるマイクを握り、普段ぶつけることのできない思いのたけを大音量でぶつけました。宇都宮司社長が出てきましたが、「敷地に入るな」と言うばかりで、うろうろして身の置き場もない。

「こんなひどい会社のことを知らせよう」と中央タクシー分会の仲間が、会社周辺の民家のポストにもビラを入れて回りました。

全員でシュプレヒコールを上げて本社を弾劾してJR長野駅にむかいます。

駅前で宣伝行動をしているところに地元長野で闘う千曲ユニオンの仲間も加わって、暑い1日をさらに熱く声をあげました。

11時30分、デモ出発準備から大注目。いよいよデモだ。宣伝カーから中央タクシーへの弾劾と、「みなさん、いっしょに闘いましょう」の声が響き渡る。

ビラをみんな受け取ってくれた。喫茶店や美容院から出てきて受け取る人も。善光寺通りで盛んに拍手をする婦人がいた。ビラを受け取りながら「私も組合活動をやっていたのよ。暑いけどがんばってね。」に目頭が熱くなる。帰りの車中で分会員が「長野の人たちはなんていい人たちだ」と言っていたがそのとおりだ。また来るぞ。短い時間の駅頭ビラまきとデモの沿道ビラで、400枚程のビラが受け取られた。この闘いの息吹の中で運輸関係の新たな分会の結成も勝ち取られた。労働者は闘いを求めている。ここに確信をもって11・6日比谷大結集を勝ち取るぞ。

本日の行動は、会社に対する勝利の追撃戦の第一歩だ。10月3日から群馬県労働委員会での証人尋問が始まる。割増賃金等請求訴訟も間もなく始まる。固定残業代で過労死するまで働かせるなんて、絶対に許さない。中央タクシーの労働者のみなさん、すべての労働者のみなさん、群馬合同労組とともに立ち上がろう。闘う労働組合をともに取り戻そう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です