組合員に賞与を払え!長野本社に抗議・デモ!

このエントリーをはてなブックマークに追加

既報の通り、中央タクシーは、性懲りもなく、夏期賞与を組合員3名だけ支給しないという不当労働行為の上塗りを行った。許さない。

本日8月26日(金)、群馬から組合員と支援共闘会議の仲間12人で、朝の本社門前抗議行動、長野駅前ビラまき宣伝行動、そして長野駅から長野県庁までのデモに起った。吉崎製作所会社解散・全員解雇攻撃と闘う東京東部ユニオンの仲間、地元長野で闘う千曲ユニオンの仲間も加わり、暑い1日をさらに熱く声をあげた。

朝の門前抗議行動では宇都宮司社長が出てくるが、敷地に入るなと言うばかり。組合員から、追及されてまともに向き合うこともできない。社長としてのどうしようもなさはすでに群馬合同労組のブログで暴いてきたとおり。

分会の仲間の怒りは収まらない。徹底的に弾劾。周辺の民家のポストにもビラを入れて回る。

本日の行動は、会社に対する勝利の追撃戦の第一歩だ。

10月3日から群馬県労働委員会での証人尋問が始まる。

割増賃金等請求訴訟も間もなく始まる。固定残業代で過労死するまで働かせるなんて、絶対に許さない。

中央タクシーの労働者のみなさん、すべての労働者のみなさん、群馬合同労組とともに立ち上がろう。

闘う労働組合をともに取り戻そう。

 

 

P8260014

P8260025

 

P8260002

 

P8260003

 

P8260005

 

P8260006

 

P8260007

 

P8260015

 

P8260016

 

P8260021

 

P8260024

 

P8260026

 

ビラはこちら http://gungoroso.org/?p=350

20160826中央タクシー(千曲ユニオンあり)-1

 

タイヤ20160822

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です