中央タクシー、組合員だけ夏期賞与ゼロ!

このエントリーをはてなブックマークに追加

許せない!

中央タクシーは8月支給の夏期賞与を群馬合同労組組合員3名に対して一円も支払わなかった。

組合員以外には、例年通りの支給をしたようだ。

昨年12月の冬期賞与では組合員に対して約9~6万円の減額で、稼働手当毎月約8万円の減額とあわせて、不当労働行為として減額分を支払えと群馬県労働委員会に救済申立中だ。10月3日に組合員3名の証人尋問、10月31日には宇都宮司社長の証人尋問、12月結審、来年3月命令書交付の審査計画だ。

 

あからさまな不当労働行為であり、組合の勝利は不動だ。

会社は追いつめられて、恥も外聞もなく、夏期賞与をゼロとする攻撃に出てきた。

ふざけるんじゃない絶対に許さない。組合は8月19日付で要求書を提出、賞与の満額支給を求めて闘いに入った。労働者の団結と闘いで、ブラック企業を打ち倒そう!

 

scan160818

 

 

要求書

 

2016年8月12日に支給されるべき賞与について、当該組合員3名に不支給であることは、不当労働行為救済申立に対する報復措置であり、断じて看過できない。よって下記の通り要求する。2016831日までに団体交渉を開催の上、文書において回答されたい。宇都宮司社長は必ず出席されたい。

 

 

 

 

1. 賞与について査定基準を明確にすること

2. 賞与満額支給を確約すること

 

 

以上

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です