門前闘争とデモで反撃(エム・エス・ジー分会投稿記事)

このエントリーをはてなブックマークに追加

エム・エス・ジー分会の仲間の投稿が週刊「前進」第2761号(7月4日付)に掲載されました。労働者の怒りをなめるんじゃない。

 

門前闘争とデモで反撃

群馬合同労働組合エム・エス・ジー分会T

私が働く群馬県太田市にあるエム・エス・ジー/村山製作所は食品用トレーの製作と販売を行っています。昨年の6月に親会社から来たA部長からのパワハラで躁鬱病になり弁護士を入れて慰謝料請求・未払い賃金請求をしたところ、さらにパワハラが酷くなり報復目的の配置転換、始末書の強要などの攻撃を受けました。団体交渉、ビラまきなどですべて阻止をしましたが、追いつめられた会社はビラまきと他の合理性のない理由で懲戒処分、減給、始末書を提出しなければ懲戒解雇通告などの追い込みをしてきました。これに対して5月26日、15人の組合の仲間で会社を包囲するデモを行いました。社長も、まさかデモまでやるとは思っていなかったと思います。労働者と組合をなめていたのでしょう。デモが終わってからの社内の反応ですが、社長に取り入っている社員が中心になって私を辞めさせる署名活動をしたみたいですが、未だに解雇されずに会社に残っています。パワハラや差別を受けている多くの社員は言葉ではいいませんが、接する態度で良くやってくれたというふうに感じます。多くの社員は会社からの報復を恐れて長年我慢をしているのです。

デモを行ったことは、会社の理不尽なことに我慢している社員に戦う勇気と希望を与える事が出来たと思います。

今後も非人道的な扱いをする社長を追い込み、社畜教育されている仲間が声をあげられる職場環境にしたいと思います。

 

文書

門前闘争とデモで反撃(エム・エス・ジー分会投稿記事)」への2件のフィードバック

  1. 大手A社の記者にも情報提供しました。
    私がA社にOKをだせば、パワハラ裁判のタイミングに合わせて新聞に載ります。

    監督署にも違法行為を告発する用意があります。
    (情報提供の相談には行きました)

    卑怯な事をすると、火がついて激しく抵抗するだけです。

    10日ぐらい前に来たメールは「あなたは、周りから恐わい(気持ち悪い)と思われている」「あなたがいるから、体調を壊す人がいる」「早く会社を休むことを強く勧めます」など、あいかわらずのパワハラメールが止まらない社長。

    他の社員の前では笑顔、裏の顔ではパワハラメール。

    社長に気に入られようとして根拠もない嘘の悪評をばらまいたり告げ口をするゴマすり社員君たち、裁判所に提出する訴状に貴方の名前と受けた暴言も一緒に証拠で提出して、裁判にご招待します。

    弁護士と相談をし、可能なら慰謝料請求でなく刑事告発をする用意があります。

    根拠もない情報提供や私の行動を社長に告げ口している人は法廷まで引っ張りだしてあげますから、裁判官と傍聴人の前で貴方の言い分を聞かせてください。

    身に覚えるのある奴、首を洗って覚悟してろ。

  2. 声をあげて会社の都合悪い事を言わせないように、必死に洗脳面談やメールがくるけど、裁判に有利になる証拠が増えるだけ。
    組織人としてとか、社会人ならとかと言われても、会社のやることが矛盾していることが多いので素直に受け入れられません。会社や指示する側からして都合よい社員にするための説得として思えません。
    少なくても法律を無視した脅し(減給、懲戒解雇警告など)をしなくなってから物を言いなさい。
    今年の36協定は、会社が頼んだ社員がサインをしたみていですが、そのような汚いやり方をしないでください。

    ブラック企業ほど都合悪い事を、おかしいと思わせないように洗脳しようとする。(意見を言えないような環境にする)

    来年の給料改定で能力給になるかどうか知らないが、もし能力給になるなら給料査定をする権利をもつ管理職のワンマンぶりが加速するだけ。
    査定する管理職の収入も部下の能力に影響するから、パワハラも増えると思う。

    大手企業みたいに管理職に査定の権限を与えると好き嫌いで給料をきめるようになり、部下のミスを報告したりする輩が増えてくる。

    上司の査定で収入が左右されるよになると会社からの命令での不利益変更も部下に強要、説得するようになる。
    社内での足の引っ張り合いが増え、立場の弱い人間が犠牲になる可能性がたかい。
    職場の雰囲気がギスギスするだけと思う。

    極端に給料の変動がでるようなシステムになると、いろいろな問題がおきる。

    一部の要領が良い取り巻きの社員のために、社員同士がわずかなインセテイブで競争をさせられるだけ。(利用されるだけ)

    もっと労働法に関心を持ち、おかしい事への意見を言えるようにしましょう。

    貴方は、誰の為に働くのですか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です