群馬バスの群馬合同労組つぶしを労働委員会で粉砕

このエントリーをはてなブックマークに追加

(写真:11・5全国労働者総決起集会で群馬バス分会先頭に、全日建関西地区生コン支部や全日建近畿地区トラック支部と交流・連帯)

すでに12月8日にブログで報告した通り、11月30日に、群馬合同労組は、群馬バスを相手に不当労働行為の救済を申し立てた県労働委員会で、全面的な準備書面と証拠を提出した。なかなか大変な作業で他の仕事に支障が出てしまったが、これから大攻勢に出たい。

群馬バスの群馬合同労組分会つぶしの攻撃は、いまや完全にデッドロックに行きついた。ユニオンショップ協定を結ぶ群馬バス労働組合の委員長が、O組合員に対して、またうちに戻ってきてくれ、これは内緒にしてくれ、などとすり寄ってきているありさまだ。

群馬合同労組がこの間の闘いを通じてつかんだ重要な教訓は、会社の労働者支配は完全に群馬バス労働組合との癒着によって成り立っているということだ。だから会社が分会に攻撃しているときは、そのお先棒をかついで、組合員を攻撃する。会社の攻撃が行き詰まると今度は率先して懐柔する。群馬バス労働組合の組合員は、毎月2,000円~4,000円前後の組合費を払い続けている。その群馬バス労働組合は年間50万~70万円のオルグ費を計上しているという。「オルグ費」?みなさん、わかりますか?「オルグ」というのは「組織化」「説得活動」という感じのことば。普通は組合事務所に来てもらって、お茶を出して、話をすることだ。これになぜ50万とか70万のお金がかかるのか?そもそも何を「オルグ」するのか?言うまでもなく、群馬バス労働組合は会社とユニオンショップを結んでいるので、新入社員は「オルグ」などせずに自動的に組合員にされ、組合費が給与から控除されて組合に支払われる仕組みだ。「三役オルグ」?なおさらお金はかからない。普通は。みなさん、黙ってますか?こんなことに?

群馬バス労働組合や交通ユニオンの役員・組合員は、「爆サイ」というインターネットの匿名の書き込みサイトで、群馬合同労組の組合員を陰湿に攻撃してきた。今回の準備書面ではこれも証拠として提出した。

 

「NAZENとか言う原発反対運動の人とつるんでるんですねあの組合。インターネットで調べたら更にヤバい所と繋がりました!」(#25 2017/02/19 21:49)、

「もう泥沼から出られないでしょう!彼らを群労に紹介した人が、なぜ第3組合に加入しないのか⁉それはその恐ろしさを知ってるからでしょう!」(#28 2017/02/19 22:55)

「赤いトラクター歌ってる人に似た人みたいですよ!この間、ブログに赤いジャンパー着てガッツポーズしてましたから。よっぽど赤が好きなんですね!」(#42 2017/02/20 12:37)

「どおりで 朝からみなさん おはようございます。じゃなくて『おめでとうございます‼』って言ってたわけだ(笑)」(#164 2017/03/10 07:44)(※申立人・M分会長がアルコール検知器に引っかかった当日の投稿)

「噂どうりの過激派ですね!」(#247 2017/03/18 20:59)

「先日、前分会長を見掛けましたが、顔がイキイキしてました?やっと自分に合った職場が見つかったのかな⁉やっぱり、人には、向き不向き、合う合わないがあるから彼は賢いな❕それに比べると他の人たちは、—!皆さんも、くだらない事してないで、家族の為にも早く新しい人生探して下さい❕[匿名さん]」(#604 2017/06/09 09:06)

 

労働委員会で、会社の不当労働行為を全面的に打ち砕く闘いは、とても重要だ。O組合員だけ、勝手に組合が要求したとでっち上げて、週休2日にして、法定外の休日出勤をやらせない攻撃があった。何度抗議しても、らちがあかなかったが、団体交渉と労働委員会への申し立てで完全に粉砕した。労働者は、兵糧攻めすれば黙るという資本のおごりを、群馬合同労組は現実の闘いでへし折ってやる。

第3回団体交渉で、群馬バスは、全く不十分な回答しか行わず、団体交渉も時間がないと逃げた。組合は、必要な点について、9月28日付で再度要求書で回答を求めたが、回答期限前日の10月12日になって、ファクスで、労働委員会の対応に追われている、「同社としては後ほど回答を行う所存でありますので、もう少々お待ちいただきたく存じます」との連絡を送ったきり、それきり2ヶ月何の音沙汰もない。こんなふざけた回答がまかり通ると思っているのだから、許しがたい。どんなしっかりした労働委員会の準備書面が出るのかと期待したが、何とも気合いも中身もない準備書面に拍子抜けしたが、労働委員会が終わるまで回答しなくていいとでも思っているのだろうか?昨日、代理人に抗議したが、代理人もこれでは失格だろう。

12月18日は、県労働委員会で第4回委員調査が開かれる。どんな面下げて出てくるのか、楽しみだ。群馬バスの従業員のみなさん、すべての労働者のみなさん。群馬合同労組は一人でも加入できる闘う労働組合。組合に入っていっしょに闘いましょう。

12月17日(日)は日比谷野音の労働者集会へ!

 

『働き方改革』関連法案反対!共謀罪粉砕!12・17労働者集会

呼びかけ:合同・一般労働組合全国協議会ほか

会場:日比谷野外音楽堂  日時:2017年12月17日(日)13:30開始

デモ:15:15出発 日比谷公園~西幸門~東電前~数寄屋橋交差点~東京駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です