8月26日の中央タクシー本社(長野市若穂保科)抗議行動、長野市内デモの動画をアップ

8月26日(金)、長野県長野市にある中央タクシー本社行動と、長野市内デモにたちました。

早朝、組合事務所に集まって、宣伝カーとワゴン車を連ねて出発した群馬合同労組組合員と支援共闘会議の仲間12人で、まず朝の本社門前抗議行動に起ちました。東京から駆けつけてくれた吉崎製作所会社破産・全員解雇攻撃と闘う東京東部ユニオンの仲間と合流。群馬からのみんなは大感激!ありがとう!

朝の門前抗議行動では、多くの労働者がビラを受け取ってくれました。分会員は代わる代わるマイクを握り、普段ぶつけることのできない思いのたけを大音量でぶつけました。宇都宮司社長が出てきましたが、「敷地に入るな」と言うばかりで、うろうろして身の置き場もない。

「こんなひどい会社のことを知らせよう」と中央タクシー分会の仲間が、会社周辺の民家のポストにもビラを入れて回りました。

全員でシュプレヒコールを上げて本社を弾劾してJR長野駅にむかいます。

駅前で宣伝行動をしているところに地元長野で闘う千曲ユニオンの仲間も加わって、暑い1日をさらに熱く声をあげました。

11時30分、デモ出発準備から大注目。いよいよデモだ。宣伝カーから中央タクシーへの弾劾と、「みなさん、いっしょに闘いましょう」の声が響き渡る。

ビラをみんな受け取ってくれた。喫茶店や美容院から出てきて受け取る人も。善光寺通りで盛んに拍手をする婦人がいた。ビラを受け取りながら「私も組合活動をやっていたのよ。暑いけどがんばってね。」に目頭が熱くなる。帰りの車中で分会員が「長野の人たちはなんていい人たちだ」と言っていたがそのとおりだ。また来るぞ。短い時間の駅頭ビラまきとデモの沿道ビラで、400枚程のビラが受け取られた。この闘いの息吹の中で運輸関係の新たな分会の結成も勝ち取られた。労働者は闘いを求めている。ここに確信をもって11・6日比谷大結集を勝ち取るぞ。

本日の行動は、会社に対する勝利の追撃戦の第一歩だ。10月3日から群馬県労働委員会での証人尋問が始まる。割増賃金等請求訴訟も間もなく始まる。固定残業代で過労死するまで働かせるなんて、絶対に許さない。中央タクシーの労働者のみなさん、すべての労働者のみなさん、群馬合同労組とともに立ち上がろう。闘う労働組合をともに取り戻そう。

 

中央タクシー、宇都宮司社長を許さない!柴崎副分会長の陳述書

中央タクシー(株)宇都宮司社長が、組合つぶしのために組合員を本来の運転業務からはずす、「稼働手当」を毎月8万円減額する、賞与を減額する、払わないなどの不当労働行為をはじめて1年3ヶ月。救済命令を求めて申し立てた群馬県労働委員会で、いよいよ証人尋問が始まる。ぜひみなさん、傍聴に集まってください。

 

群馬県労働委員会
平成27年(不)第3号・平成28年(不)第1号中央タクシー株式会社不当労働行為救済申立併合事件
10月3日(月)14時 証人尋問  組合員3名(柴崎・都丸・川谷内)
10月31日(月)14時 証人尋問  会社側証人=宇都宮司社長
12月12日(月)10時 結審。2017年3月命令予定 いずれも会場は群馬県庁26階審問室

 

川谷内分会長に続いて、今回は柴崎副分会長の陳述書を紹介する。

 

 

陳述書

群馬合同労組中央タクシー分会 柴崎貴博

 

中央タクシーに平成26年11月に入社しました。7ヶ月仕事を探してやっと中央タクシーの募集を見つけ採用になりました。面接の内容は賃金はだいたい手取り23万ぐらいで仕事時間は不規則です。労働時間は長い時もあれば短い時もあると所長山本に言われました。残業代の事はいっさい触れませんでした。12月研修終え乗務始まると毎日16時間を越える配車を与えられました。休みといっても16時間~24時間くらいしか空かず1ヶ月が過ぎ2ヶ月が過ぎ疲れがピークに達していましたが、やっと見つけた仕事、家族の為に働きました。長く働いても給料増える事はなく、基本給16万、稼働手当114,600円、手取りで23万位でした。不思議に思い所長山本、運行管理者篠原に残業しても給料変わらないのですか?と聞いた事もありましたが月給制で残業代払ってると、あいまいな事を言うだけでした。同期入社した乗務員も毎月給料変わらないと言っていました。

6月川谷内さんが乗務を降りて事務所にいました。楠副所長に川谷内さん事務職になったのですか?と聞くと体調が悪いからしばらく内勤になったんだよと言っていました。川谷内さんは元気がなく顔つきもおかしく、思い詰めている感じがしましたが体調が悪いのだから当たりまえかと思いました。それから2~3日過ぎた頃に所長山本と乗務員で川谷内さんの話をしていて内容は川谷内には裏切られたよ!新潟から面倒をみてやっていたのになと言っていました。不思議に思い所長山本に川谷内さんは体調悪いのではないのですか?と聞くと山本は違うよ。労働組合に入って会社と闘うつもりなんだよ!だから社長宇都宮の指示で乗務外されたんだよと言っていました。

自分は依然勤めていた会社の労働組合を思い出しました。組合費を使い込みする委員長、会社の言いなりの委員長、やくにたたない労働組合を思い出し川谷内さんに話をしました。労働組合なんか入っても会社に解雇されるだけで勝ち目ないよ、労働組合なんか信用したらダメだよと言いました。川谷内さんは、会社は残業代払わず違法に長時間労働させています。運行管理者篠原からの嫌がらせの配車で1年の間に5人も辞めました。会社の違法と運行管理者篠原のやりたい放題には我慢なりませんと言ってきました。動労千葉30年の闘い、群馬合同労組の事を川谷内さんから聞きました。ブラック企業に苦しめられている人達の為に徹底的に闘う労働組合だと教えられました。会社を倒すまで妥協しない。そんなヒーローの様な労働組合があるのかと心を打たれ即決で7月に群馬合同労組に加入しました。

同月7月に同期入社の都丸さんも加入しました。運行管理者篠原から柴崎、都丸二人は毎月300時間を越える嫌がらせの配車受けていて精神的にも肉体的にも苦しめられていたからです。

8月12日第2回団体交渉があり、群馬合同労組組合員は川谷内、柴崎、都丸を入れて10人出席、会社側は社長宇都宮入れて3人出席でした。内容は時間管理、労働時間、36協定の話を議題にしましたが社長宇都宮は、いっさい議題の事には答えないで話をごまかし時間になり逃げ出しました。

川谷内、柴崎で話し合い19時に会社に行きました。理由は違法な残業をさせない為です。会社には楠副所長、運行管理者篠原が居て36協定は無効だ、会社が残業を命じる事は出来ない、違法はやめろと言い翌日からの配車を変更しろと申し出ました。楠副所長は言われるままに変更しました。

自分は残業をするのには36協定を結ばなければ残業させる事出来ないと知りませんでしたが労働組合に入り会社は36協定を結んでいない事を川谷内さんに教えてもらい知りました。36協定結ばずに過労死レベルを遥かに超える残業をさせてきた会社は悪質で、残業代も払わず働かせ放題、時間管理しないで労働者の命をなんとも思わないで奴隷扱いするブラック企業は許せません。

その後所長山本は乗務員全員から36協定結ぶから名前を書かせて36協定を結びました。川谷内、柴崎、都丸組合員は名前を書きませんでした。

9月9日所長山本から労働契約書に名前を書けと言われました。内容は稼働手当114600円から35000円に変更するとの事でした。山本は残業しないのだからサインしろと強制してきました。自分は山本に残業しないとは言ってない!36協定結んでないから残業させる事出来ないだろと言ったのです。36協定結べば残業しますと言いましたがいっさい聞き入れられず、会社の指示に従えないのか?と部屋に閉じ込めて運行管理者篠原と二人でパワハラ、恫喝をしてきましたが自分は労働契約書にサインはしませんでした。

翌日10日給料日労働契約書サインしていないのに稼働手当35000円にされ、79600円引かれていました。所長山本に労働契約違反だと争議しても会社が決めた事だと聞き入れられず今現在まで約8万円カットされる生活破壊が続いています。山本は柴崎、都丸組合員は残業しないと言ったから組合員だけ給料減額されるのは当たり前だと言っていました。それからの社長宇都宮からの電話での脅し、恫喝、パワハラ、所長山本、運行管理者篠原からの差別的配車、脅し、恫喝、パワハラはすさまじいものでした。

生活破壊すれば家族がいるから生活出来なくなり会社を辞めるだろう!労働者に対し一番弱い所を攻撃してきた社長宇都宮。9月群馬合同労組から生活できる様、毎月8万円の借り入れをさせてくれました。会社から生活破壊されてもうじき1年になります。会社が違法をやめない限り闘い続けます。社長宇都宮絶対に許しません。

P8260015