「セクハラ・ストーカー行為」でっち上げ!岡本工作機械製作所は不当労働行為をやめろ!

 (株)岡本工作機械製作所は、今年6月、同社安中工場で働いていた請負会社・大黒運輸株式会社社員のA組合員に対して、岡本工作機械の女性社員Bに対するセクハラとストーカー行為の嫌疑をかけ、「出入り禁止」を指示した。表向きは、調査の上で処分せよ、というものであるが、元請け・下請けの上下関係を背景とした一方的なものである。

 A組合員は、大黒運輸社員として岡本工作機械製作所安中工場で働き出して2年半ほどになる。その前から群馬合同労組の組合員であった。2018年末に大黒運輸に対して組合通告、2019年春には岡本工作機械製作所に対しても岡本工作機械製作所分会組合員として組合通告を行った。過積載や道路交通法違反事実の指摘を行って、岡本工作機械製作所に対して団体交渉を行い、安全配慮義務の履行と偽装請負の是正を申し入れてきた。

 そうした中で、6月27日、A組合員は大黒運輸の取締役に呼び出され、そこで突然、岡本工作機械製作所から女性社員Bからセクハラ・ストーカーの報告が出ているとして、聞き取りが行われた。内容は、名前を聞いたか、家を聞いたか、食事に誘ったか、ドラッグストアC店で買い物するのを待ち伏せしたか…など。そして誤解される発言をしたならば仕方がない、大事なお客さんである岡本工作機械製作所から指示されているので、「誓約書」(今後Bさんに近づかない誓約書)を提出の上、配属先を変更してもらう、群馬県近辺には他にないので横浜まで出勤してもらいたい、というものだった。A組合員は、名前や家を聞いたり、食事に誘ったのは事実だが、セクハラやストーカーと言われるのは明らかな誤解、「誓約書」もこの場では出せない、横浜に通勤するのも転居するのも無理、群馬合同労組と相談すると回答した。

 報告を受けた群馬合同労組は、翌6月28日付で岡本工作機械製作所に対して、団体交渉の開催を要求する要求書を提出した。しかしながら岡本工作機械製作所は、7月1日付回答書で、A組合員とは雇用関係にないという理由で団体交渉を拒否。一方でB社員の「報告書」を組合に提出した。A組合員は精神的に追いつめられて自律神経失調症を発症してしまった。

組合は7月2日付でA組合員の弁明を聴取した「弁明書」とともに、「セクハラ・ストーカー」はえん罪だとして再度要求書を提出、団交拒否と岡本工作機械製作所の不当な対応を弾劾した。そもそもB社員の報告書自体が「終始笑顔で対応してしまった」「相手は私が嫌がっているとは思っていないと思う」というものであり、誤解にもとづいて「ストーカーのような行為」を受けていると岡本工作機械製作所に相談したものである。またA組合員が誤解される背景にあったのは、A組合員が労働組合の問題をも念頭に昨年からはじめた7月のバーベキュー大会への誘いだった。そもそも岡本工作機械製作所が雇用関係にないとはいえ、A組合員に対して、施設管理権と安全配慮義務にもとづいてA組合員から事情聴取をすれば解決した話である。

 しかしながら岡本工作機械製作所はかたくなに団体交渉を拒否した。

 組合は、不当労働行為で労働委員会への救済申立を行うという通告を盾にして、7月23日付で再度要求書を提出した。すると8月1日にやっと団体交渉が開催された。ここで群馬合同労組は、A組合員はセクハラもストーカー行為も行っていないとあらためて通告をすると同時に、岡本工作機械製作所の社内でのこれまでのセクハラの解決事案などを説明させ、懲戒規定を提出するように要求した。そして8月12日付で、A組合員本人がB社員の報告書に対する「弁明書」を作成して会社に提出。さらに提出された岡本工作機械製作所の社内懲戒規定では、セクハラは「譴責」にとどまることも判明する中で、8月18日付であらためて処分の撤回と謝罪、団体交渉を求めて要求書を提出した。しかし岡本工作機械製作所は再び団交拒否。

 8月28日、最後的に群馬県労働委員会への救済申立を通告するが、やはり団交拒否。

 A組合員は、この間、収入も途絶え、「セクハラ・ストーカー」の烙印を押されたまま職場に行くこともできず、体調も悪化するばかり。

 一方で岡本工作機械製作所は、8月1日の団体交渉で、この間、A組合員の証拠を元に改善を迫ってきた道路交通法違反事案と偽装請負事案について、「輸送係」の廃止を7月24日の取締役会において決定し、8月1日付で実施したと回答している。実際には偽装請負は何ら解消されていないが、岡本工作機械製作所がA組合員の告発で追いつめられて対応していたことが明らかになっている。

 この期に及んで、岡本工作機械製作所の団体交渉拒否と組合員に対する不当労働行為は許すことはできない。岡本工作機械製作所は労働組合つぶしのためならば、労働者の健康も人生も破壊して恥じないブラック企業である。A組合員も群馬合同労組も早期職場復帰を優先して考えて、公表は控えてきた。しかしもう当該も組合も限界をこえた。もう許さない。これから群馬県労働委員会を舞台に闘いが始まる。絶対に岡本工作機械製作所を許さない。必ず責任を取らせる決意だ。

岡本工作機械製作所分会、第2回団体交渉やりました!

 2019年5月17日(金)、ホテルメトロポリタン高崎にて、岡本工作機械製作所との第2回団体交渉が開かれました。これに先立ち、Hさんを分会長として、分会を結成したことを通告、事務的な詰めも分会長と会社の間で行ってきました。

 今回、岡本工作機械製作所の配送部門を請け負っているD運輸の社員で、安中工場での配送業務を担っているO組合員がはじめて団交に参加、要求書にも「貴社の責任において、D運輸株式会社社員に対して、過積載、道路交通法に違反する業務を行わせないこと。出荷時間が守られず、現場が混乱する状況があり、業務の安全衛生上問題があるので改善策を検討されたい。」との項目を加えました。実はO組合員は以前勤めていた会社がとんでもないブラック企業で、その時に群馬合同労組に加入して闘った組合員です。昨年末、岡本工作機械製作所の請負労働者に対する理不尽な扱いに怒り、抗議をしたことがありました。これを岡本工作機械製作所の担当者がD運輸にクレームをつけ、O組合員が処分をされそうになりました。この時に群馬合同労組が、D運輸に組合加入通告を行い、処分をさせなかった経緯があります。

 今回の団体交渉で、岡本工作機械製作所は、担当部門の責任者を団交に出席させたうえで、「D運輸株式会社社員については、当社が貴組合と協議すべき性質のものではありません。なお、当然のことですが、弊社がD運輸株式会社に対して道路交通法違反に該当するような対応を求めることはしておりませんし、今後もすることはありません。」との回答を行いました。

 これに対して組合は、誰にどのような調査を行ったのかを確認し、O組合員が撮影した証拠写真を提出、さまざまな問題点を具体的に会社に示しました。

 会社はぐうの音も出ずに「あってはならないこと」「今後ないように指導します」と回答しました。

 H組合員の研修期間(10日余り)がまたがった1〜2月の営業手当が支給されなかった問題について。会社はあらためて支給しない、規定通りであり、説明もしたはずであると繰り返しました。見解の相違であると。Hさんとしては、絶対に認められないという立場を表明しました。今後の対応を組合は協議します。

 就業規則の変更について。変更箇所はいずれも残業手当に関わる部分でした。組合としては今後も残業代がしっかりと支払われる職場をつくるためにがんばります。

 団体交渉の人数の問題については、お互いに柔軟に対応していくことで合意しました。

 政府は3月の景気判断を「悪化」に引き下げました。インチキ経済政策をデータの偽装で上塗りしてきたアベノミクスはもはや破綻。労働者は自らの生活と仕事を守るために団結して闘う以外にありません。岡本工作機械製作所の労働者のみなさん、下請け会社のみなさん、群馬合同労働組合岡本工作機械製作所分会に結集して、ともに闘いましょう。

岡本工作機械製作所との第1回団体交渉ひらかれる!

 3月20日(水)19時より、メトロポリタン高崎6階にて、岡本工作機械製作所との第1回団体交渉が開かれた。既報の通り(http://gungoroso.org/?p=1604)、「就業規則、給与規定、36協定の写しの交付」「未払いだった時間外手当の支給」の要求については文書で受け入れの回答があり、この日の団交の議題は、営業手当と労働時間の管理方法の問題だった。

 出席人数の問題について事前のやり取りがあり、これは今後のルールとしてはまだ合意ができていない。原則的には団体交渉の出席者を誰にするか(何人にするかも含む)、会社が労働組合に制限を加えるのは団結権への介入であり不当であるという立場を組合は会社に説明した。今回に限り、双方5名以内という確認を行い、この日の団交にのぞんだ。

 会社からは、国内営業部長、管理本部総務部部長、総務課次長、総務係、東京から来た代理人弁護士の5名が出席。

 組合からは、当該のH、清水委員長、川谷内書記長、O執行委員の4名が出席。あと一人、同じ岡本工作機械製作所安中工場で働く請負の労働者が出席する予定であったが、仕事が残業で団交に間に合わなかった。間に合わない旨の電話が清水委員長にかかり、委員長がその場で会社に対して、事情を説明、あわせて岡本工作機械製作所の工場で働く労働者が組合員であること、次回は団体交渉に出席の意向であることを伝えた。

 議題に関しては、会社は譲歩する回答を用意していたが、とても納得できるものではなかった。クリアに、明快な回答を再度求めた。会社は持ち帰って再度回答すると約束した。

 当該の怒りが、第1回の団交の流れを決めた。それは、あいまいな形での妥協はしないという強い決意の表明だった。新しい群馬合同労働組合岡本工作機械製作所分会の鮮烈なデビューだ。

岡本工作機械製作所とのやり取り

 岡本工作機械製作所から迅速にファクスで連絡が来た(原本は追って郵送とのこと)。団体交渉の開催について、本来は3月8日が期限の指定だったが、3月15日までの回答猶予を要請するものだった。

 まぁ、了解の返答をした。ただし、遅くとも、3月中・年度内に団体交渉を開催するように、あらためて申し入れた。一日だって、裏切られた状態を放置してもらっては困る。当然のことだ。岡本工作機械製作所の労働者の、強い関心が伝わってくる、と、当該組合員の弁。

  群馬県とは利根川の向かいにある埼玉県本庄市のD社の20代の労働者が昨日加入して、本日予備交渉となった。彼も切羽詰まって群馬合同労組に相談してきた。やはり切羽詰まらないと、なかなか相談できないのかな、と思う。切羽詰まってから、追いつめられてから、相談するよりは、隣に仲間がいるよ、そんな感覚で群馬合同労組に相談、加入してもらいたい。